L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

幻想芸術展 Fantastic Art Show 2016

幻想芸術展2016-b
JUGEMテーマ:アート・デザイン
幻想芸術展2016-a

FANTASTIC ART SHOW 2016 
Exposition de l’art fantastique

2016年4月24(日)-4月30(土)
Le 24.4.dim. ~30.4.sam.2016
平日12hー19h(最終日 17h)
4月24(日)Le24 dim.15h−19h
4月30(土)Le30 sam.12h-17h

会場:東京交通会館2Fギャラリー
Galerie2F Tokyo Kotsukaikan
東京都千代田区有楽町2-10-1
2-10-1,Yurakucho,Chiyoda-ku,Tokyo1000006JAPON
tel.03-3212-2931(代表)
http://www.kotsukaikan.co.jp
http://www.kotsukaikan.co.jp/gallery_area/1129/


※I.F.A.A Spécial Guest(招聘1名・招待1名出品者計7名)

ブルノ・アルトメイエ Bruno Altmayer(ペール代表)

※PAIR(プロアルテ・イマジニス/略称ペール)メンバー

カトリーヌ・アレクサンドル(フランスFrance)
Catherine Alexandre
アンドレ・バルス (フランスFrance)
Andrée Bars
クロード・ベルナール(フランスFrance)
Claude Bernhart(ペール副代表)
ダニー・メランジェ (フランスFrance)
Dany Mellinger
ウルリッヒ・セキンガー(ドイツAllemagne)
Ulrich J. Sekinger(ペール前代表)
ティエリー・ヴァン・キッケンボルヌ(フランス France)
Thierry Van Quikenborne

※Gradiva.inc Spécial Guest(招聘1名・招待1名出品者計8名)

ドミニク・デゾルジュ(フランス France)
Dominique Desorges(グラディヴァ・インク欧州代表)

※Gradiva.inc(パリ幻想芸術グループ)メンバー

アイヴィ・アーノルド(アメリカAmérique)Ivy Arnold
ミシェル・バソ(フランスFrance)Michel Bassot
ヨ・コクラン(フランスFrance)Yo Coquelin
マド・ジャロヴァ(ブルガリアBulgarie)Mad Jarova
クリスティアン・ルペール(フランスFrance)Christian Lepère 
エクトル・トロ(コロンビアColombie)Hector Toro
ミカエル・トマゾ(フランスFrance)Michaël Tomazo
シルヴィ・ヴァシェ=ギィ(フランスFrance)Sylvie Vaché-Guy

※I.F.A.A国内招待

木村 龍  Ryu Kimura
有賀真澄 Msumi Ariga
レオ澤鬼 Leo Sawaki

※賛助出品

エルンスト・フックス(オーストリーAutriche)Ernst Fuchs
アリク・ブラウアー(オーストリーAutriche)Arik Brauer
ヴォルフガング・フッター(オーストリーAutriche)Wolfgang Hutter
ルイジ・ラスペランザ (オーストリーAutriche)Luigi La Speranza
宮川光(カナダCanada) Hikaru Hirata-Miyakawa 

※国際幻想芸術協会( I.F.A.A/略称アイファ)メンバー

浅野信二 Shinji Asano
五十嵐加代子 Kayoko Igarashi
アンドリュウ・ジョーンズ Andrew Jones
岸塚正憲 Masanori Kishizuka
北和晃 Kazuaki Kita
小玉絵里沙 Erisa Kodama
櫛田康子 Yasuoko Kushida          
木村紗由香 Sayuka Kimura
古賀郁 Kaoru Koga
松丸エミ Emi Mtsumaru
トオル ノガワ Toru Nogawa
大森伸樹 Nobuki Omori
大竹茂夫 Shigeo Otake
坂上アキ子 Akiko Sakagami
櫻井智子 Tomoko Sakurai
高良麗美 Remi Takara          
田中章滋 Shoji Tanaka
徳富喜翔 Kisho Tokutomi
渡邊光也 Mitsuya Watanabe
山中義明 Yoshiaki Yamanaka
ポオエヤヨ Poe et yayo 

photo by gradiva.inc - -

IFAA Fantastic Art Show -TOKYO- 2015 3 ~ 9,May



IFAA Fantastic Art Show 2015 3 ~ 9,May

IFAA定例展のお知らせです。

「幻想芸術展-TOKYO-2015」

東京交通会館にて5/3(日)-9(土)11:00~19:00 
*初日3日は15時オープン,最終日9日は17時クローズとなります。

あと諸般の事情により、今年はパーティーが中日の6日となっていますのでお気をつけ下さい。

photo by gradiva.inc - -

「幻想芸術展−東京−2014」

 fas2014-a
fas2014-b

JUGEMテーマ:アート・デザイン
「幻想芸術展 −東京− 2014」

FANTASTIC ART SHOW -TOKYO-

会場:東京交通会館2Fギャラリー

TOKYO KOTSUKAIKAN

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 

TEL: 03-3212-2931(代)

会期:2014年5月4日(日)〜5月10日(土)

4.May 〜10.May

11:00〜19:00(最終日17:00まで)

*5月4日(日)プレオープン15:00から19:00まで
*5月10日(土)11:00〜17:00


主催:

国際幻想芸術協会

International Fantastic Art Association

http://ifaa.cc/

info@ifaa.cc
photo by gradiva.inc - -

FANTASTIC ART SHOW -TOKYO- 2013

 幻想芸術展 −東京− 2013」
FANTASTIC ART SHOW -TOKYO- 2013
a-ifaa-2013

会場:
東京交通会館2Fギャラリー
TOKYO KOTSUKAIKAN 

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 
TEL: 03-3212-2931(代)

会期:
2013年3月31日(日)〜4月6日(土)
 31.March 〜6.April

11:00〜19:00(最終日17:00まで)
*3月31日(日)プレオープン15:00から19:00まで
JUGEMテーマ:アート・デザイン
b-ifaa-2013

   主催:
国際幻想芸術協会

International Fantastic Art Association

http://ifaa.cc/  
info@ifaa.cc 


2013年度IFAA会員全員による、定例展です。

photo by gradiva.inc - -

幻想芸術展2012-京都・東京/Fantastic Art Show 2012 KYOTO・TOKYO

ifaa2012a

 FANTASTIC ART SHOW KYOTO 2012

幻想芸術展-京都-

会期2012年4月24日(火)〜4月29日(日)
12:00〜19:00(最終日18:00迄)

会場:同時代ギャラリー
〒604-8082京都市中京区三条御幸町南東角1928ビル1F
TEL/FAX 075-256-6155
Sanjo Gokomachi 1928 bldg. Nakagyo-ku Kyoto
http://www.dohjidai.com/
 
4/24(火)レセプションパーティー
展覧会会場にて 17:00より  
__________________

FANTASTIC ART SHOW TOKYO 2012

幻想芸術展-東京-

会期:2012年4月30日(月)〜5月5日(土)
11:00〜19:00(最終日17:00迄)

会場:Salon de G
〒104-0061東京都中央区銀座6-4-6 646ビル9階 
TEL 03-3571-5837 / FAX03-3571-5834 
6-4-6 646 bldg 9F. Ginza,Chuo-ku,Tokyo
http://www.salon-g.com/access/access.html

4/30(月)レセプションパーティー
別会場 19:30より
__________________

<ゲスト> 
ドミニク・デソルジュ Dominique Desorges 
ユーグ・ジレ Hugues Gillet 

<参加者> 
相川祥吾 Shogo Aikawa 
浅野勝美 Katsumi Asano 
浅野信二 Shinji Asano 
阿部哲男 Tetsuo Abe 
アンドリュー・ジョーンズ Andrew Jones 
井関周 Shu Iseki 
稲垣恭子 Kyoko Inagaki 
伊豫田晃一 Koichi Iyoda 
江崎五恵 Itsue Ezaki 
江原由香里 Yukari Ehara 
及川晶子 Akiko Oikawa 
大竹茂夫 Shigeo Otake 
大森伸樹 Nobuki Omori 
岡崎真澄 Masumi Okazaki 
加藤大介 Daisuke Katoh 
岸塚正憲 Masanori Kishizuka 
北 和晃 Kazuaki Kita 
木村紗由香 Sayuka Kimura 
櫛田康子 Yasuko Kushida 
黒田麓 Roku Kuroda 
桑原聖美 Satomi Kuwahara 
呉宜純 Cre Izu 
古賀郁 Kaoru Koga 
近藤宗臣 Sawsin Kondo 
坂上アキ子 Akiko Sakagami 
佐々木六介 Roku Sasaki 
菅原天齎 Tensei Sugahara 
鈴木陽風 Yofu Suzuki 
セガワ智コ Tomoko Segawa 
高田美苗 Minae Takada 
高松ヨク Yoku Takamatsu 
高良麗未 Remi Takara 
たつき川樹 Itsuki Tatsukikawa 
田中章滋 Shoji Tanaka 
田中照三 Teruzo Tanaka 
田谷京子 Kyoko Taya 
中川知洋 Tomohiro Nakagawa 
中嶋清八 Seihachi Nakashima 
根橋洋一 Yoichi Nebashi 
トオル ノガワ Toru Nogawa 
白翠皇夜 Kouya Hakusui 
馬場京子 Kyoko Baba 
堀口ケイ Kei Horiguchi 
麻子 Mako 
三柳智子 Tomoko Miyanagi 
百瀬靖子 Yasuko Momose 
桃田有加里 Yukari Momoda 
安本亜佐美 Asami Yasumoto 
山地博子 Hiroko Yamaji 
山中義明 Yoshiaki Yamanaka 
山村まゆ子 Mayuko Yamamura 
レオ澤鬼 Leo Sawaki
ifaa2012b
JUGEMテーマ:アート・デザイン
photo by gradiva.inc - -

AOI 61 internationale Künstler aus 22 Ländern

vienna
SOCIETY FOR ART OF IMAGINATION
61 internationale Künstler aus 22 Ländern
cover
Eröffnung in Anwesenheit vieler Künstlern
Samstag, 14.April 2012
um 11:00 Uhr

Internationale Konferenz:
Die Zukunft der phantastischen & visionären Kunst
um 14:00 Uhr

phantastenm
 会場は上記バナーをクリック。会期は明日より。

Artists:
Isaac Abrams,Benny Anderson, Jane Andrews, Bienvenido Banez,
Jon Beinart, Camilla Brodersen, Claus Brusen, Gary Burczak,
Vincent Castiglia, Annabella Claudia, Jorge Nazabal, 
Michel De Saint Ouen, Val Dyshlov, Kate Eggleston-Wirtz, 
Eike Erzmoneit, Sue Freeman, Michael Fuchs, France Garrido,
Jurgen Geier, H.R. Geiger, Can Gokil, Alex Grey, Elisa Halvegard, 
Daniel Hannequand, Diana Hesketh, Martina Hoffmann, Peter Hutter,
Slavko Krunic, Nick Krushner, David Lawton, Laurie Lipton,
Pious Lumumba, Jack Lipowczan, Brigid Marlin, Jan Malechek,
K.D. Matheson, Cathy Mccartney, Janelle Mckain, Lilia Mazurkevitch,
Michael Parkes, Graszka Paulska, Vlaimir Perov-Gladky, Marnie Pitts, 
Anna Plavinskaya, Leo Plaw, James Porto, Jean Pronovost, Otto Rapp,
Jack Ray, Bruce Rimmel, Stephen Snell, De Es Schwertberger,
Olga Spiegel, Adela Stefanov, Amy Swartele, Shoji Tanaka, Miguel Tio,
Marcus Usherwood, Robert Venosa, David Whitfield, Rene Zwaga

Society for Art of Imagination Exhibition
Duration: April 14 – April 28, 2012

Phantasten Museum Vienna
Palais Palffy
Josefsplatz 6
1010 Vienna
Austria

『22カ国からのAOI 61人の国際アーティスト展』

オープニング:

2012年 4月14日(土)AM11時より

国際会議:

「幻想と幻想的なアートの未来」

 PM14時より

 『ウィーン幻想美術館/Phantasten museum Wien』でのSOCIETY
 FOR ART OF IMAGINATION/略称AOIに混じっての展示である。日本人
は私のみの参加になっているが、それには仔細がある。二年前、ロンドン
はギャラリー・ポールモールでのAOI定例展の際、アイスランドの火山噴
火の影響でベルリンで足止めを喰らい、最終日に滑り込みで間に合ったも
のの作品をAOI代表のブリジッド・マーリンに預けたままで当日の内に帰
国せねばならなかった経緯による。再度ロンドを訪ねた際に回収する約束
であるが、パリに足は向いてもロンドンに寄る旅程が作れずにいるのだ。
AOIには都合3点の絵を預けているが、2点はミュンヘンの山の中、今度は
ウィーンにまで持っていかれてしまって、実は困っている。孰れも美術館
なので、人目に触れているだけ有り難くもあるが。

 以下の写真はロンドンのギャラリー・ポールモールで私の絵の傍で控え
るブリジッド・マーリンの図。ブリジッドはエルンスト・フックスの高弟
であり、『ウィーン幻想美術館』の成立をサポする役割を担っただけに、
今期の展示はAOIの威信をかけて錚々たるメンバーを招集といった態。私
はAOIのメンバーではないのだが。
b.m
 と申すのも、『ウィーン幻想美術館』からIFAA単独での展覧会の促しが
あるからで、これを実現するためにはウィーンに迄足を運ばねばならない。
今回、招待状にもある通りAOIによるウィーンでの国際会議に参加するよう
盛んに誘われているが、そんな所に行けば飛んで火にいる夏の虫、姉妹関係
どころか完全にAOIの衛星団体にされかねないので、剣呑極まりない。エル
ンスト・フックスとは別件で今年秋に展覧会で御一緒出来ることになってい
るので、別段土下座外交の必要はないのである。

 増してウィーン幻想派となると、国内であの人、この人、過去のウィーン
留学組で五人組師匠に認知すらされていない傍流連が幅を利かせていて、日
本の幻想芸術が国際的に埋没してしまった原因が彼等とその取扱い画廊の功
罪であると正直言いたいのだ。それに私は先生生徒だの、実力を伴わぬ妙な
ヒエラルキーが大嫌いな人間なのである。もとより名声如何で作品の見栄え
が変るものでもなし、作品の良し悪しは見る者が決めること。されどいい作
品が沢山集まることに如くはなし。そして日本は世界に稀に見る高水準な幻
想絵画の担い手が一国のみでAOIを凌ぐ程存在するのである。故にそれが海
外の何処であっても、IFAA単独での展示は意義深いものである。早晩『ウィ
ーン幻想美術館』でのIFAA展は実現するであろう。
photo by gradiva.inc - -

幻想芸術 日仏幻想レアリズム 展

 L'ART GENSO Exposition collective Franco-Japonaise Réalisme fantastique:

幻想芸術 日仏幻想レアリズム


art genso x


Sibylle Ruppert:シビル・リュペール

Hans Rudolf Giger:ハンス・ルドルフ・ギーガー

Claude Verlinde:クロード・ベルランド

Marc Halingre:マルク・アラングル

Jean-Jacque Lamenthe:ジャンジャック・ラモント

Bruno Bratier:ブリュノ・バラティエ

Yoshifumi Hayashi:林良文

Shoji Tanaka:田中章滋

Hugues Gillet:ユーグ・ジレ


y


Centre culturel des Finances

Présente:フランス財務省文化センター主催


Du 28 février au 6 mars 

228日〜3月6日

Vernissage: le Jeudi 1 mars de 18 H à 21 H

レセプションパーティー:3月1日(木)PM6時〜9時

Horaires d'ouverture:開館日:

Lundi, jeudi et 

vendredide 17H45 à 20H:月、木、金PM5時20分〜8時

Mardi,Mercredi de 17H à 20H:火、水PM5時〜8時

Fermé samedi et dimanche:土、日、休館


Centre culturel des Finances:フランス財務省文化センター

143 rue de Bercy 75012 Paris

 Tél: 01 53 18 20 85


art gensoz


Exposition organiser:展覧会組織

Hugues Gillet:ユーグ・ジレ

Collaboration:協力

Bijan Aalam:ビジャン・アーラム

Shoji Tanaka:田中章滋

photo by gradiva.inc - -

IFAAミニアチュール展

JUGEMテーマ:アート・デザイン 」

ギャラリー ベルンアート
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-2-4(美術ビル2F)
TEL / FAX 06 - 6361 - 5507 

http://web.mac.com/gallery_bernart   
bernart@kf6.so-net.ne.jp

2012年2月16日(木) 〜 2月25日(土)
12:00〜19:00 日曜休廊

18日(土)17:00よりオープニングパーティ

Shogo AIKAWA
Shinji ASANO
Tetsuo ABE
Shu ISEKI
KoichiIYODA
Itsue EZAKI
Yukari EHARA
Shigeo OTAKE
Nobuki OMORI
Daisuke KATO
Sayuka KIMURA
Satomi KUWAHARA
Yasuko KUSHIDA
Kaoru KOGA
Sawsin KONDO
Roku SASAKI
Andrew JONES
Tensei SUGAWARA
Yofu SUZUKI
MARIE-STEPHANE
Yoku TAKAMATSU
Itsuki TATSUKIKAWA
Shoji TANAKA
Teruzo TANAKA
Kyoko TAYA
Tomohiro NAKAGAWA
Yoichi NEBASHI
Toru NOGAWA
Kouya HAKUSUI
Kyoko BABA
MAKO
Tomoko MIYANAGI
Yasuko MOMOSE
Yukari MOMOTA
Asami YASUMOTO
Hiroko YAMAJI
Yoshiaki YAMANAKA
Mayuko YAMAMURA
Leo SAWAKI
photo by gradiva.inc - -

Exposition L'ART GENSO International

genso1
genso2

「L'art GENSOとは」 

 嘗て日本はマルコ・ポーロによって”Cipangu”と呼ばれ黄金の国とされていた。 
確かに世界で流通する黄金の多くは日本から出たものだ。日本には八百万の神という古代ギリシャの神々にも似た沢山の神がいる。神が沢山いるということは、そうでないものも夥しく存在し、それらを魑魅魍魎や鬼、妖怪と呼び、恐れると共に親しんできた。故に日本には幽霊話や怪異譚、幻想物語が枚挙に暇なく、幻想芸術家が甚だ多いのである。 
 西欧では、合理主義の行き詰まりから無意識の探求やオカルトへの関心といった内面に向う一群の人々がいた。それらを表現する手段を「幻想芸術(ファンタスティックアート)」や「幻視芸術(ヴィジョナリーアート)」と言う。しかし根にあるものは同じものである。 
 日本から黄金は無くなったが「幻想」は無尽蔵にある。そこで L‘art "GENSO"という日本語で、それらを総称することとした。願わくば「金」の言葉として世界に広まらんことを。  

田中章滋/Shoji Tanaka 識 

L'art "GENSO" 

Le Japon a été appelé "Cipangu" par Marco Polo , il était considéré comme un " pays d'or" . 
Il est certain qu'une partie de l'or japonais circule dans le monde. 
Au Japon on croit que tout ce qu'il y a dans l'univers est régi par les dieux comme dans la mythologie grecque. Le Japon a une longue tradition de l'imaginaire aussi bien dans la littérature , le théâtre et les arts plastiques. 

En Europe , la pensée rationaliste étant dans l'impasse, certains artistes se dirigent vers l'imaginaire et les mondes intérieurs comme à la recherche d'un inconscient collectif. 
Cette forme d'expression est appelée "'art fantastique" ou "'art visionnaire". 

Mais tous deux ont les même racine. 
L'or n'est plus au Japon , mais la fantaisie et l'imaginaire y demeurent inépuisables . 
Nous avons décidé de les appeler génétiquement en un mot japonais "GENSO". 

Que ce mot s'étende au monde entier comme "l'or". 
--------------------------------------------
Exposition L‘ART GENSO International 
-Fantastic & Visionary art- 

国際幻想芸術展 
-幻想と幻視芸術- 

Claude VERLINDE/クロード・ベルランド 
HR GIGER/HR・ギーガー 
Sybille RUPPERT/シビル・リュペール 
Gérard DI-MACCIO/ジェラール・ディマシオ 
Marc HALINGRE/マルク・アラングル 
JJ LAMENTHE/JJ・ラモント 
Wojtek SIUDMAK/ヴォジテク・シュドマク 
Bruno BARATIER/ブリュノ・バラティエ 
Monica FAGAN/モニカ・ファガン 
Eli TIUNINE/エリ・テュニンヌ 
Dominique DESORGES/ドミニク・デソルジュ 
JM LAROCHE/JM・ラロッシュ 
Hugues GILLET/ユーグ・ジレ 
Leo SAWAKI/レオ澤鬼 
Shu ISEKI/井関周 
Shoji TANAKA/田中章滋 
Nobuki OMORI/大森伸樹 
Shinji ASANO/浅野信二 
Kaoru KOGA/古賀郁
Seihachi NAKASHIMA/中嶋清八 
Toru NOGAWA/トオル・ノガワ 
Koichi IYODA/伊豫田晃一 

Du 29 Nov. au 3 Déc.2011 
mardi-vendredi 10h-20h 
samedi 10h-16h 

2011年11月29日〜12月3日 
火曜〜金曜10時ー20時 
土曜10時ー16時 

Vernissage : 
lundi 28 novembre 2011 
de 17h30 à 20h 
レセプションパーティー:2011年11月28日(月曜 )
17時30分〜20時 

Espace culturel Bertin Poirée 
8-12 rue Bertin Poirée 75001 Paris FRANCE 
Tél : 01 44 76 06 06 / Fax : 01 44 76 06 13 

Collaboration:Bijan Aalam,Dominique Desorges/
協力:ビジャン・アーラム 、ドミニク・デソルジュ
Manifefestation organisée:Hugues Gillet et Shoji Tanaka/
オーガナイザー:ユーグ・ジレ、ショウジ・タナカ 
Commissaire:Shoji Tanaka+Gradiva.inc /
提供:(代表者)田中章滋+グラディヴァ・インク

genso3
photo by gradiva.inc - -

幻獣展 /Exhibition Fantastic Beast

 

幻獣展 /Exhibition Fantastic Beast


fbc
fbb
 

幻獣展 / Exhibition Fantastic Beast 2011

レオ澤鬼 /Leo Sawaki
村田らむ /Ram Murata
佳嶋 /Kashima
田中章滋 /Shoji Tanaka
黒木こずゑ /Kozue Kuroki 
高田美苗 /Minae Takada
桑原聖美 /Satomi Kuwahara
浅野勝美 /Katsumi Asano
Toru Nogawa / Toru Nogawa

2011年9月19日(月)〜9月24日(土)
am.11:00〜pm.7:00(最終日pm.5:00)
/19(mon). September 〜 24(sat). September.2011
am 11:00 〜pm 7:00 (Finale day only 〜pm5:00)

 西欧中世以来、宮廷では珍奇な動物、畸形者、不思議な品々が世界中から蒐集された。それが博物学の母体となり、方や動物園や植物園へと発展し、それぞれの学となった。..という欲望は、今やUMA(未確認動物)の探求となり、空想動物学と踵を接している。「人は見た事がないものは想像出来ない」というが、『幻獣』は、見てはならぬものや、エロスや神話のアイテムとして、永遠に想像の自由を保証し続けるだろう。何故なら、虚々実々を愛する人間自身が、『幻獣』そのものであるかも知れないのだから。
 『幻獣』を愛する9人のアンソリット(奇想)を何卒ご高覧下さい。

"As for the thing that has not been seen, we can't imagine . "

They are saying. 
'Fantastic Beast' will keep guaranteeing the freedom of the imagination through all eternity as the item of the one, Eros, and the myth that should not be seen.
Because someone who loves fantasy might be 'Fantastic Beast'.
Please hope to see there, 
'Ansoritto'Fantastic image by 9 artists that loves 'Fantastic Beast'.

スパン・アート・ギャラリー / Span Art Gallery
〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F
/ Seiou bl.1F , 2-2-18 , Ginza , Cyuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan
TEL 03-5524-3060 FAX 03-5524-3103
http://www.span-art.co.jp/
info@span-art.co.jp
photo by gradiva.inc - -

Exposition Serie de realite screte "Théatre Mnemosyne"

UGEMテーマ:アート・デザイン


 
“Theatre Mnemosyne”Mnemosyne Theatre


セリ秘密の現実展 ムネモシュネ劇場

2011711日(月)〜16日(土)


Open11001900(最終日1700迄)


私たちの生は一人一人に与えられた劇場である。たとえば絵画は、

記憶の回廊を往来する自我が、そこで派生した光景を止み難く

上演し続けようとする欲望の舞台装置であるかも知れない。

それを幻想と言い、内観のリアリズムと呼ぼうとも、それをまた

別の視座で解釈し再演しようと欲するのも観客の自由である。

そもそも劇場の語源こそは<観客席>であったことを記念しよう。

ようこそ12の扉を持つ、惑乱の【ムネモシュネ劇場】へ。


註:【ムネモシュネ】古代ギリシア神話。記憶をつかさどる女神。

ウラノスを父、ガイアを母とするティタン神族の一人。

天空神ゼウスとの間に9人のミューズたちを産む。



Artist

Shinji ASANO

Kyoko BABA

Shu ISEKI

Koichi IYODA

Satomi KUWAHARA

Yoichi NEBASHI

Toru NOGAWA

Akiko OIKAWA

Nobuki OMORI

Yoku TAKAMATSU

Shoji TANAKA

Asami YASUMOTO







span art gallery/スパン アート ギャラリー

東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F

TEL/03-5524-3060

FAX/03-5524-3103

http://www.span-art.co.jp/inde x.html


From July 11, 2011 to the 16th. 


span art gallery in Tokyo in Japan. 

TEL/03-5524-3060

FAX/03-5524-3103

http://www.span-art.co.jp/inde x.html

photo by gradiva.inc - -

Fanatstic Art Show-Tkyo-2011

 Fantactic Art Show-Tokyo-2011



On the 10th of July will begin the Fantastic Art Show Tokyo 2011 done by the IFAA (International Fantastic Art Association)

And this time I'll be part of it.So, please come to see my work. I'll also be present at the opening party and one or 2 days during the week.

 

It's from the 11th July to the 16th in Yurakucho.   


dm


Shogo Aikawa

Katsumi Asano

Shinji Asano

Shu Iseki

Kyoko Inagaki

Koichi Iyoda

Itsue Ezaki

Yukari Ebara

Akiko Oikawa

Shigeo Otake

Nobuki Omori

Kazuaki Kita

Sayuka Kimura

Tomomi Kimura

Yasuko Kushida

Izu Kure

Satomi Kuwahara

Kei Laurea

Kaoru Koga

Sawsin Kondo

Akiko Sakagami

Roku Sasaki

Eri Sahara

Andrew Jones

Tensei Sugawara

Yofu Suzuki

Yoku Takamatsu

Itsuki Tatsukikawa

Shoji Tanaka

Teruzo Tanaka

Kyoko Taya

Tomohiro Nakagawa

Seihachi Nkajima

Yoichi Nebashi

Toru Nogawa

Kouya Hakusui

Kyoko Baba

MAKO

Marie-Stephane

Tomoko Miyanagi

Yasuko Momose

Yukari Momota

Taeko Mori

Asami Yasumoto

Hiroko Yamaji

Yoshiaki Yamanaka

Mayuko Yamamura

Yokota Miharu

Leo Sawaki

Sayaka Wakabayashi


Guest Artist:

Hugues Gillet

Luigi La Speranza


 

See all the informations below:

 

IFAA Fantastic Art Show Tokyo 2011

「幻想芸術展 -東京- 2011

 

 from monday 11th July to saturday 16th

hours: from 11am to 6.30pm

10th july from 4pm to 6.30pm: preopening party

 

Adress:

 

Tokyo koutsukaikan 2F galery

Tokyo-to Chioda-ku Yurakucho 2-10-1

TEL:03-3215-7962

http://www.kotsukaikan.co.jp/

 

Reception Party:

 3000yen per person

Art & Aquarium Dining AO-NO-DOKUTSU

Tokyo Ginza 3-2-15 8F

http://r.gnavi.co.jp/e551501/

 

And to know all about IFAA:

 

HP:       http://ifaa.cc/

News:   http://ifaakaiinn.blogspot.com/

Blog:     http://blog.shojitanaka.com/

photo by gradiva.inc - -

Exposition "A door between two worlds" une porte entre deux mondes

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Exposition "A door between two worlds" une porte entre deux mondes... du 1er au 11 février 2011 exposition collective franco-japonaise d'art fantastique et visionnaire

 ouverture du mardi au vendredi de 10h à 20h, samedi de 10h à 18h30 Onze jours 

d'exposition marqués par trois événements : - jeudi 3 février, 19h : Vernissage, chanson japonaise... - mardi 8 février, 19h : Conférence "a door between two world"... - vendredi 11 février, 19h : Lectures "Printemps et Ashura"
Organisation : Hugues Gillet et Shoji Tanaka Commissaire de l'exposition : Pierre Eugène Mathien


 z 

62 av. de la Grande Armée
Paris
75017

L'artiste est libre de détruire et de recréer le monde, ainsi nous affirmons la compréhension de l'ensemble du monde et offrons la réalité de nous-mêmes , puis l'essor et l'expression de l'imagination nous libèrent. L'artiste doit affronter avec profondeur sa propre complexité ces tensions et sa nature pour traduire dans sa vision la fatalité de l'existence de l'ensemble de l'humanité. Si nous somme chargés d'une mission, c'est celle de révéler l'existence de la beauté, il n'y a ni bien ni mal dans celle-ci.(par Shoji Tanaka) 

 Les participants à l'exposition

Artistes français :

Bruno Baratier sculpteur
Hugues Gillet
Michel Henricot

Artistes japonais : 

Shinji Asano
Shu Iseki
Satomi Kuwahara
Toru Nogawa
Nobuki Omori
Shoji Tanaka
Asami Yasumoto

Lors de la soirée du vernissage, le 3 février,
 un concert sera donné par la chanteuse Madoka,
 accompagnée au piano par Naoko Shibuya,
 à l'accordéon par Naoki Ebisawa
 et à la basse par Riu.
 Costumes réalisés par Tetsuya Mizutanji (Cotton Time). 

Conférence : "A door between two worlds" mardi 8 février 2011,
 à 19 heures une réflexion sur l'art fantastique et visionnaire contemporain menée par les artistes Bruno Baratier, Hugues Gillet, Toru Nogawa & Shoji Tanaka 

Lectures : "Printemps et Ashura de Kenji Miyazawa"

 extraits de "Printemps et Ashura" de Kenji Miyazawa & d'oeuvres poétiques écrites par Francis Coffinet vendredi 11 février 2011 à 19 heures textes lus par Francis Coffinet, acteur et poète traduction simultanée en japonais par Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

IFAA/OBLIQUE

JUGEMテーマ:アート・デザイン

dm1

ー出品者ー

【前期】

稲垣恭子/Kyoko Inagaki
井関 周/Shu Iseki
大竹茂夫/Shigeo Otake
大手京子/Kyoko Ote
加藤大介/Daisuke Kato
木村紗由香/Sayuka Kimura
桑原聖美/Satomi Kuwahara
近藤宗臣/Sawsin Kondo
坂上アキ子/Akiko Sakagami
佐々木六介/Roku Sasaki
セガワ智コ/Tomoko Segawa
たつき川樹/Itsuki Tatsukikawa
高松ヨク/Yoku Takamatsu
田中照三/Teruzo Tanaka
中川知洋/Tomohiro Nakagawa
萩原ヤスオ/Yasuo Hagiwara
馬場京子/Kyoko Baba
前澤ヨシコ/Yoshiko Maezawa
三柳智子/Tomoko Miyanagi
渕岡康子/Yasuko Fuchioka
レオ澤鬼/Leo Sawaki
森 妙子/Taeko Mori
桃田有加里/Yukari Momota
安本亜佐美/Asami Yasumoto
山地博子/Hiroko Yamaji
若林さやか/Sayaka Wakabayashi

【後期】

相原みゆき/Miyuki Aihara
浅野勝美/Katsumi Asano
浅野信二/Shinji Asano
伊豫田晃一/Koichi Iyoda
江崎五恵/Itsue Ezaki
及川晶子/Akiko Oikawa
大森伸樹/Nobuki Omori
佳嶋/KaShiMa
北 和晃/Kazuaki Kita
木村友美/Tomomi Kimura
呉宜純/Izu Cre
古賀 郁/Kaoru Koga
佐藤恭子/Kyoko Sato
アンドリュー・ジョーンズ/Andrew Jones
平 千賀子/Chikako Taira
高田美苗/Minae Takada
田中章滋/Shoji Tanaka
中嶋清八/Seihachi Nakashima
長島 充/Mitsuru Nagashima
Toru Nogawa
白翠皇夜/Kouya Hakusui
林 千絵/Chie Hayashi
宮川 光/Hikaru Miyakawa
百瀬靖子/Yasuko Momose
山村まゆ子/Mayuko Yamamura

dm2


photo by gradiva.inc - -

Schola Apeles

apeles2

Exhibition.

"Schola Apeles"


16. August 〜 22. August. 2010
11:00〜19:00 ( final day 〜16:00)

Getukousou ,studio 2
1F,8-7-18 Ginza Chuo-ku Tokyo 104-0061 Japan
TEL 03-3572-5605


Shinji Asano, Shu Iseki,
Kazuaki Kita, Kaoru Koga ,
Satomi Kuwahara,Toru Nogawa,
Nobuki Omori , Shoji Tanaka,
Hiroko Yamaji, Asami Yasumoto

apeles


----------------------------------------------------------------------------------------------------

「Schola Apeles・アペレス学派」展


会期:2010年8月16日(月)〜22日(日)
11:00〜19:00 (最終日16:00迄)

会場:月光荘 画室2
〒104-0061東京都中央区銀座8-7-18 1F
TEL 03-3572-5605 FAX 03-3572-5700

浅野信二・井関 周・北 和晃・古賀 郁・桑原聖美
Toru Nogawa・大森伸樹・田中章滋・山地博子・安本亜佐美



 画家の始祖とされる古代ギリシャの画家アペレス。今日に至るもその真作は一点も発見されていない。この展覧会は、アペレスが描いたであろうヴィーナスを今日に甦らせようとする試み。テンペラ、油彩、日本画、その他の技法を駆使し、今日における古典的主題を目指す画家十人十様のヴィーナス再生の饗宴を御高覧下さい。


photo by gradiva.inc - -

ユーグ・ジレ/Hugues Gillet テイラー財団展

 4月末にヨーロッパ周遊から帰国して以来、IFAA展と折り重なるように以後、内外4カ所もの展覧会に関っていたため、こちらが全くお留守になってしまった。パリやベルリンで為した幻想芸術の盟友達のアトリエ訪問記も、時宜を失して未だ報告していない。この8月にも重要なモメントとなるグループ展が控えて居り、私事ばかりにかまけている昨今である。私自身一介の幻想画家なので、個人活動もまた洛陽の幻想芸術顕揚の一助となればと願うばかりだ。

 そんな最中、パリ幻想画壇の盟友であるユーグ・ジレ/Hugues Gilletからパリ9区はロマンティック人生美術館(Musée de la Vie romantique)の最寄りにあるテイラー財団での展示会の案内が届いた。
 彼のアトリエ訪問記に魁けてご案内して置く。

cimg369


Fondation Taylor exhibithion  : 
" HG  Fantastique art Show is coming soon..."

cimg139
 
 FONDATION TAYLOR
Association des Artistes peintres,
sculpteurs, architectes, graveurs et dessinateurs
1 RUE LA BRUYERE
75009 PARIS
 
Jeudi 24 juin de 17 à 21 h
EXPOSITION DU 24 JUIN AU 17 JUILLET, de 14 h à 20 h tous les jours sauf dimanche, lundi et jours fériés
 
hugues exp

http://www.fondationtaylor.com/
http://hugues-gillet.over-blog.com/
http://castledream.free.fr/expo/gillet.html

Par Shoji Tanaka (記事:田中章滋)
photo by gradiva.inc - -

エルンスト・フックス誕生会

fuchs
fuchs2
(エリザベート・アルンハート撮影)

  以下はErnst Fuchs(エルンスト・フックス)の公式HP及びヴィジョナリーレビューのアナウンスである。

【エルンスト・フックス公式HPより】

 -エルンスト・フックス教授、彼の80歳の誕生日を祝う-

 2010年2月13日、エルンスト・フックス教授は、彼の80回目の誕生日を迎えた。彼の同時代人の下では、彼のような個性は極めて珍しい。彼の作品は多様な形式を競い合う。エルンスト・フックス芸術はウィーン分離派に倣い、生地からデザインされた帽子と長い髯は、彼のトレードマークとなっている。

 2010年3月20日19時より公式の祝賀を開始。
ウィーンの芸術家を展示するパルフィ宮殿で主要作品を展示するエルンスト・フックスに、ウィーン市は金賞を授与する。

 祝賀はカリンティアで開催される。そこで、2010年に聖エギィド教会の「黙示録礼拝堂」の彼の多年に渡る仕事が完成予定である。

 エルンスト・フックスは、彼の80回目の誕生日を友人達と共にモナコの自宅で祝った。

--------------------------------------------------
【ヴィジョナリーレビュー】

「エルンスト・フックス」

 2010年2月15日月曜日エルンスト・フックスの80回目の誕生日の報。

-エルンスト・フックスの80回目の誕生会-

 2月13日に、エルンスト・フックスは、彼の80回目の誕生日を祝った。 「皆は私への握手と贈り物のために集います。」 彼等は、あなたの何人の子供、孫、曾孫ですか? 笑いながら、「私は、数えるのを止めました。」(訳者付記:フックス一族が彼を頭とし一代にして甚だ多く存在することは有名である)と、フックスは言った。 私には3月に、誕生日を迎える小さな男の子(子息)が、クラーゲンフルトとウィーンにいます。そこで、男の子達は何百人もの私の支持者に会うでしょう。

 3月、彼の人生の主要な展示会と写真によるドキュメント、絵、19の建築プランによって、ウィーン市から金賞が与えらる祝賀会が催される。 フックスのマネージャー、コルネリア・メンドルフ-プイイは、「極彩色な展示会」として、500人以上のゲストを予想している。 幻想リアリズムの国際的なスターを見、次いで翌日彼を祝い、一連の講演会に参集頂きたい。 フックスの仕事の一層の「パノラマ展示」はドームギャラリー・ウィーナー・ノイシュタットで3月2日から開催される。

-エルンスト・フックスが描くこと-

 ウィーンで祝賀が始まる前に、フックスは、クラーゲンフルトに滞在する。そこで今年、聖エギッド教会の「黙示録礼拝堂」(訳者付記:フックスのライフワーク)が公開されるだろう。
 「長い間、私がどうそれに取り組んでいるかということですか?」と、フックスは言う。 「現在、それは22年目です。」、 彼の全作品における、教会の重要性、 「非常に簡単です。それは私の傑作だということです」。 フックスは、「私は私の人生が終わるように、私がそれらの両方のためにそれを完成するだろう、という考えに自分をゆだねました」、「そこに描かれた礼拝堂壁画はとてつもない<最後の晩餐>です。むしろ新しい生が始まるでしょう。」、「そこに死はありません」。

 彼の今後の活動のために、それは以下のことを意味する。 「いつも終わりは完全に何か新しいものの始まりです」、「私は、未来が音楽にあるように感じています」。  
 彼の最も大きい願望、長年暖めてきた計画の一つである「聖杯物語」がオペラ化し上演されることになっている、「私の芸術のすべては音楽から齎されます」。 彼がそこで見るヴィジョンは時事問題を扱い、ユダヤとイスラム教との対立をも表現している。 そして、「デリケートな問題を扱うのに、209メートルもの壁面を要しました。 オバマの政策同様にこの問題を記述するなら、 分け隔てではなく、和解をこそ望みます。」、 「他のとても多くのアイデアはまだオペラの引き出しの中に鎮座しています。」 フックスは、それがエルサレムで実現されるのを願うが、「しかし、それはたぶん夢のままで残るでしょう」とも語った。
         
            記事翻訳:Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

Fantastic Visions - Kultschule, Berlin 2010

fantasticvision

 IFAAの盟友レオ・プロウ/Leo Plawがベルリンで『ファンタスティック・ヴィジョン』という新グループを立ち上げたので紹介する。メンバーは他にミーヒャ・コロリー・クレブス/Micha Colory Krebsとデニス・コンスタンチン/Dennis Konstantinである。以下にFantastic Visions ProjectのURLを示す。

http://fantasticvisions.net/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Fantastic Visions - Kultschule, Berlin 2010

2010 starts with the first group exhibition project for Fantastic Visions. I will be exhibiting my artwork with my good friends Dennis Konstantin and Micha Colory Krebs at the Lichtenberger Kultschule in Berlin. We will be exhibiting a selection of our paintings.

Having looked at the Fantastic Visionary exhibition projects taking place in other corners of the world and the dearth of opportunities locally, it was often discussed how something could also be done in Berlin. Finally this was acted upon, and now the momentum exists to continue this with further exhibitions in 2010 and beyond.

Recognizing a synergy in our works and our relative close proximities, it makes for an easy step for us to come together and mount this group show. The exhibition is working under the title of the Fantastic Visions project that I recently launched.

On display will also be the first Fantastic Visions printed publication that I designed and edited, a catalogue of artwork from Dennis, Micha and myself.

We will also be offering canvas prints of any of the artwork in the exhibition.

You’re invited, so hope to see you there.

Fantastic Visions

Dennis Konstantin, Micha Colory Krebs, Leo Plaw

Lichtenberger Kulturverein e.V.
in der KULTschule
Sewanstraße 43
10319 Berlin
Berlin
Germany

20th January 2010 – 19th February 2010

Opening: 20th January 2010 19:00 – 21:00

OPEN HOURS: Montag bis Donnerstag 08.00 bis 18.00 Uhr, Freitag 08.00 bis 19.00 Uhr
photo by gradiva.inc - -

クロード・ベルランド/Claude Verlinde 訪問記(4)

 政治話で大いに盛り上がっている所に再度来客があった。その間、私達は口を挟む余地もなく、妻の同時通訳に只管耳を傾けつつ、私はと言えばアトリエの観察に余念がない状態だった。Kさんが昨日ギャラリーミッシェル・ブーレで購入していたベルランド画集を持参していたので、サインをお願いしますと申し出た最中、来客は出迎えるまでもないベルランドの御子息で、長身な彼は小部屋の入り口に、既にひょいと立っていた。

 再度皆紹介の挨拶となったが、ムッシュー・ベルランドが二人になってしまった。失礼ながらと、名の方をと問うとちょっと聴き取りにくい返事。ベルランド先生、画集にサインをし終えて丁度サイン用のペンをKさんから借りていたものだから、彼女の名刺の裏に御子息の名をジルと態々書いて見せ、更にペンを握るや何か書きたくてしようがないかの様子。Kさんがすかさずお礼の品だといって、とても恐縮しながら京都土産のお香を差し出した。さすがにファンというだけのことはある。気が利かず新版IFAA画集以外、手土産など何も持参しなかった私は、すっかり便乗した思い。するとベルランド先生は、お返しがしたいと言って小部屋を出たまま、暫くアトリエの何処かに消えてしまった。

ver

 その間私達は、ちょっと内気な感じのジル氏を囲んで話を始めた。ユーグが紹介がてらベルランド先生の額縁は、全てジル氏が父上の為に作っているのだと説明した。ジル氏の本業は建築家。設計図だけでなく、手先も器用なのは御父君の薫陶の賜物か。額縁と言ってもそれは、曲線を多用した未来的といっていいデザインで、しかも地塗りそのものと一体化したものである。古フランドル絵画にも額縁と絵画が一体化したものが多い。否、元々当時の絵の地塗りと額縁は基底材から同時に製作されていたものなのだ。ベルランドのそれはフランドル人の温故知新、15世紀の伝統を今に復活させたものである。

c.v.s.k.h.g.s.t

 余談だが、幻想絵画におけるリアリズムとは、即ち西欧中世及びルネサンス以降の絵画伝統に最も忠実な正統的技巧のことを指す。新しさは常に中古となる運命だが、幻想絵画は普遍、古典とのみ手を結び、不断に時間の乗り越えを行う芸術の謂いだと言えば、これほど分かり易いものはない。即ち「反流行」ということだ。新精神と実験の世紀は既に終わっている。なのに主体を欠いたお祭りだけがいまだ打ち続く。「デザインフェスタ」や「藝祭」に感化されている若い娘に「私は現代美術です」と言われて耳を疑ったことがある。見ればその娘の絵は、日本画にコラージュを施したものだった。「佳き伝統に与しながら、そんなことを言ってると直ぐに滅びてしまうよ」と返したが、彼女は私が何を言っているのかと目を白黒させていたものだ。

c.v.s.k.h.s.t
<何故だかユーグは目を瞑り、Kさんは恋する乙女のような眼差し>

 ベルランド先生が自作品のポスターと画集を手に戻ってきた。ポスターをKさんに、私には画集をという有り難過ぎる記念品である。早速ポスターにサインを始める。通常なら絵面にサインする所が、版画にするように右下隅に書いていて、これでは作品になってしまう。Kさんの感激振りは綺羅綺羅した目に明らかだった。私に供された画集は、日本でベルランド展を開催した際に出されたカタログのフランス語版ハードカバーだった。「私はこれと同じ日本語のものを持っています。私も行きましたが、日本では今や伝説的な展覧会とされています」と告げると、ちょっと遠くを見るような目線で、これは展覧会の為に作品を貸し出してくれた世界中のコレクターに向けて印刷されたものだ、とのお答え。烏滸がましく私もサインをお願いすると、ペンを持つ彼の手は勝手に動き出し、何処にでもサイン、否、デッサンを描き始めてしまいそうな勢いだった。ああ、職人の手そのものだ。この手こそが彼を日々創作に突き動かしているのだな、と神妙な気持ちが私の中にも沸き上った。

 一緒に記念写真をお願いしてもいいですか? おずおずとそう申し出るとまたぞろエスプリの利いたお言葉、「私はいつ灰になってしまうか分からない。君達のチャンスだ。いくらでも撮りたまえ」。

Invitasion
<1982年パリ、「フェスティバル・ド・マレー」のポスターで採用された水彩作品>

 ずっと緊張していた我々は、この頃になるといくらか打解けてきていた。ベルランド先生、もしかしたら人見知り? 彼の厳めしい表情は少しも変わらぬのだが、はっきり言って乗り乗りなのであった。お仕事の邪魔をしてはいけないので、お名残惜しくはありますが、そろそろお暇を、と我々は入り口に向った。さようならの挨拶で見返った時、中二階に続く階段の踊り場に巷間よく知られた「フェスティバル・ド・マレー82年」の大きなポスターが目についた。「ああ、フェスティバル・ド・マレー!」と思わず私の口から声が漏れた。「そう、私はこのフェスティバル・ド・マレーのポスターで初めてパリで公認を受けたのだ」。またもや戸口で暫しの立ち話。1982年というと彼は55歳だったということになる。壮年をとうに越える歳で漸く世間の評価がその天才に追いつくとは!そう深い感銘を覚え乍ら、私などまだまだ雛だ、芸術家である前に先ず一流の職人たらねばならぬ、と何故か胸が熱くなった。

 皆何故か興奮しながら辞去した為、帰りのバスチーユ広場まではあっという間だった。

 私たちクレープが食べたい!と女性陣。あ、煙草を吸うのを忘れてた、とユーグと私。それから広場のカフェテラスで、各々の思いのまま、ゆっくりと紫煙を燻らせたのであった。


               田中章滋 識/by Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

クロード・ベルランド/Claude Verlinde 訪問記(3)

 世界の幻想芸術界では、ウィーン幻想派というグループ総称を廃し、今日日エルンスト・フックス/Ernst FuchsとH.R.ギーガー/HR Gigerの令名のみ高らかとなっている昨今である。が、実は幻想芸術界の真の最長老はクロード・ベルランドであると言って差し支えない。個人主義に偏し、党派を好まぬパリを拠点とし、しかも職人気質のベルギー人であるベルランドは世に容れられぬ時代が長く続いた。  

 ウィーン幻想派を世界に先駆けて逸早く評価したのも日本であれば、クロード・ベルランドに就いてさえ、そうだと言える。余談だが、60年代パリに打って出たエルンスト・フックスですら、ユダヤコミュニティーを使ってもサルバドール・ダリ/Salvador Daliをホテル・ムーリスに訪った以外捗々しい成果を得られず撤退したパリである。フックスもギーガーもダリの後追いだが、フランス学士院の席を虎視眈々と狙いつつ、今だ切歯扼腕のプロフェッサー・フックスなのだ。今のアカデミーフランセーズは、パリ美術大学閥がお手々繋いで支配している。華の都パリはコスモポリタンの都であるように見えて、実は外国人に厳しい(それほどEUに腹這っている歴史的背景は根が深いともいえる)。
 まして幻想芸術は、シュルレアリスム発祥の地でさえ冷遇され続けるアンドレ・ブルトンその人とその運動がそうであるように、今だ鬼子扱いなのである。最もそれはパリだけに限らぬが。

ef
(参考:エルンスト・フックス作品画像)

 年功序列という訳ではないが、御歳82歳のクロード・ベルランドが最長老として遇されるのは、デンマークやオランダ、ドイツで発行されている現代幻想芸術画集の筆頭に頁を占めていることが証左。そのことを踏まえた上で、訪問記を継ごう。

imagin

 「大仕事が入ってて、座る場所もないんだ」そう言い乍ら立ち話も何だからと、アトリエに招じ入れられた我らの前に、梯子のような中二階への階段が迫る。階段に添った壁に2枚の大きな芸用解剖図が貼られている。何処か理科教室のような印象で、左手の吹き抜けらしき部屋の巨大なイーゼルに、テーマ部分のみ出来上がっている300号のパネルが掛かっていた。「大作ですね」、そう私が感嘆の声を洩らすと、「こんなものはほんの一部だよ」といって驚くには当たらないといったジェスチャ。訊けば縦6m、総延長15mの超大作の受注が来ていて、日々この大仕事に励んでいるのだという。

 右手の、本来ならば書斎件リビングとなっている小部屋の中に迄、地塗りしたパネルが、所狭しと5,6枚戸板のように重ねて立てかけられていた。傍らの窓に面したデスクには、私達細密画家に親しい絵筆や、BLOCKX社製の少量の絵具が、ガラスのパレットに捻り出されていて、大作とは正反対のミニアチュールも描いている形跡があった。そこは小部屋といっても天井が高く、東向きの全面曇りガラスの窓の為、矢張り理科教室か実験室の印象がした。そのモダンな印象にも拘わらず調度はクラッシックであり、戸口の上には複数の蝙蝠の剥製や博物図、骨格見本、北側の飾り戸棚の上には、18世紀のものと思しい操り人形二体が天井から吊られ、奇妙にカーニバレスクな雰囲気を醸し出していた。
 標本と思いきや、モチーフと思しき鶏の骨格標本に人間の骨格模型が跨がっている。ベルランドお手製の首の人形オブジェは、実物の顕微鏡を覗きこんでいる。骨董やフェイクの創作物が渾然として、資料書籍、額装されたデッサン、旧作か新作かも見分けられぬ小品が整然と壁を埋め、そこはクロード・ベルランドの絵の世界が3Dになったかのようである。大作関連で狭小になっておらねば、ブンダーカンマー(驚異の部屋)そのものの佇まいであったろう。イマージュの全てが発生する現場は、是非斯くありたいものだ。なんとも羨ましい。荒れ果てた私のアトリエもそうせねばならぬ。激しくそう私に迫る思いが生じた。

cb2

 ユーグが土産話に本年5月のIFAA展の際の日本旅行の写真や、文化庁からやっと来た手紙などを示し乍ら、立ち話を続ける内、来客のベルが鳴った。年配の助手氏である。互いに皆挨拶を交わし、ユーグのフランス文化庁の手紙の件で三人延々と政治の話へ。ああ、始まってしまったな、パリジャンが三人寄ると必ずといっていいほど政治批判で盛り上がる。

 「政権が変る度、毎回文化庁に手紙を書かねばならん。私もサルコ(サルコジ批判では皆この渾名を使う)にまで手紙を書いたよ。木っ端役人から上に上がっていくまで、何れだけ手紙を書かされるか分からん。」とベルランド。「えっ、先生でも?僕も全く梨の礫だったんですけど、何ヶ月も繰り返し書いて、やっと初めて返事が来たんです」と喜色満面に語るユーグ。「君は頑張っているな、期待してるぞ」と先生。「サルコは商売にばかり熱心で、ちょっとも文化になんかに関心がないんだ」と助手氏。「政権に関わりなく何時も同じ抽象の連中ばかりが優遇されて、奴らは文化マフィアみたいなもんだ。スーラージュなんて×××。あんなカーテン屋の絵が×××。」とベルランド先生怪気炎。危うくて全て披露できない。

cf

 時あたかもポンピドーセンターでピエール・スーラージュ/Pierre Soulagesの大回顧展が鳴り物入りで開催されて居り、90歳で先輩格のスーラージュながら、舞台美術上がりと揶揄を込めての批評と思しい。悪口でもエスプリが利いている。因みにピエール・スーラージュは田舎出だが生粋のフランス人。国籍差別が滲み出る。確かにボーブール(ポンピドーセンター)は何時行っても卑近な流行の新しい墓標が並ぶ、何やら物悲しい場所ではあるが。
 彼等の話を要約すると、パリ郊外、休眠中のシャトー・フェリエール/Le Château de Ferrièresの「幻想美術館」をレジデンスとして解放し、国際展を行えるだけの文化助成をして欲しい。たったそれだけの、ささやかな願いのために皆でユーグを後押ししているという図。今のシャトーフェリエールは、管理役人が別荘代わり住んでしまって、ほとんど本来の機能を果たしていない、ユーグが搬入に行ったら連絡していたにも関らず、留守で仕方なく出直したとか、門外漢の私が聞いているだに嘆かわしい事態なのであった。そういう管理人のほとんどが、わざわざ待っていたのにお前が来なかったとか出任せを言って誤摩化すのが常。まして役人では慇懃無礼な姿がまるで目の前に見えるかのようだ。フランスってそんな国なんだよな! 過去に私が見舞われた迷惑事を思い出し、内心妙に同情していた。

 因みにシャトー・フェリエールhttp://www.chateauferrieres.com/はロッシルド(ロスチャイルド)家/Fondation Marie-Hélène et Guy de Rothschildの所有だが、節税対策でその一部、即ち「幻想美術館」/ "Musée de l'imaginaire"をメセナとして国に供し、本来であれば幻想芸術家に発表の機会を与え、広く世に紹介し育成する機関としての役割を果たさねばならぬ筈なのである。


(4)に続く

付記:

 最近入院し、健康不安説なども流れたプロフェッサー・フックスであるが、事なきを得たようである。大作をいうならばエルンスト・フックスも500号クラスの新作や目下大壁画を製作中である。その、老いに負けぬ体力勝負の仕事への邁進振りは、絵描きの鑑以外の何ものでもない。フックスに教えを乞うた世界中の無数のミッシュテクニック(テンペラ・油彩混合技法)の弟子たちが大変心配していた模様である。ミッシュテクニックによる幻想芸術世界学校構想、更にはAOIの成立、インターネットによる幻想芸術世界リンクの大きな礎を作った氏の功績は、矢張り掛替えがない。大事にしてもらいたいものである。


               田中章滋 識/by Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

クロード・ベルランド/Claude Verlinde 訪問記(2)

anja

 アニャ・ブリンクマン/Anja Brinkmann画像

leo

 レオ・プロウ/Leo Plaw画像

shoji

 序でに私の画像

boulet

 それから前日訪れたギャラリーミッシェル・ブーレの外観を示して置く。

 その日は、グラン・ダルメにある自動車会社プジョー運営のアトリエZの冠企画でIFAAとミュゼ・ド・リマジネール(ユーグが籍を置くフランス幻想芸術メセナ)の合同展をとの話しを詰める予定だったが、会合がどうしても設定できず、急遽、予定変更となり気を利かしたユーグがベルランドにアポイントメントを取ってくれていたのだった。

 午前中は別行動だったKさん、ヴォージュ広場(Place des Vosges)の南側のカフェでと私夫婦とユーグが待ち合わせたにも拘わらず、ちょっと遅れて私と妻が来てみれば皆の姿が何処にもない。真ん中の庭園を囲んで略正方形の外周が廻廊となっているヴォージュ広場には、少なくとも4軒のビストロカフェがある。しかし庭園の菩提樹並木が目隠しして対角の廻廊が見通せないのだ。きっと店を間違えているに違いない。一軒一軒他の店に寄ってみるが矢張り居ない。そうこうする内、Kさんから携帯にコールがあった。「あのぅ、どのお店なんでしょお?もうヴォージュ広場に来てるんだけど」、「えっ?一番南側の店だよ。ヴィクトル・ユーゴーの館の側」と私。「わたし東西南北がよくわからなくって」とKさん。

vosges

 全員同じ方向に堂々巡りしていたことが分かったのは、ユーグと合流出来てからである。べルランドとのアポイントメントは3時。カフェに落ちついた時点で早2時半を回っていた。昼食がまだだった私は、そこでそそくさとサンドイッチを食べ、食後の一服も我慢。カフェを飲むのもそこそこに、皆押っ取り刀で店を出た。

 ベルランドのアトリエは骨董市が立つプラス・デ・アリーグルの最寄り。メトロを使わぬならバスチーユ広場を突っ切らねばならぬ筈。然るに焦ったユーグはリヴォリ通りを真逆のサン・ポールの方にずんずん進んでいってしまう。「おいおい、バスチーユは後ろだろ?」と追いかけながらユーグに告げると、「おかしいなぁ、こっちだとばかり、僕は東西南北がわからなくって」とどこかで聞いたような返答。「それでも君はパリジャンかよ?」

 皆一斉に方向転換、放射状に路が分かれるバスチーユ広場を渡り、目当ての通りを確認した我らは息が切れる程の早歩き。殊に時間に神経質なユーグは後ろも振り返らずにどんどん先に行ってしまう。ええっ、まだ歩くの? 遠すぎだよと思い始めて、ああここだと着いてみれば、目の前にメトロの駅が見える。略二駅分を歩くならメトロを使って欲しかった。

「ところでユーグ、ベルランドは煙草を吸うのかい? 君が訪問した時、彼はどうしていただろう」私がそう聞くと「話が合って途中からウイスキーが出てきたけど、以前彼がパイプを手にしてる写真を見た事がある。その時は煙草を我慢してたもんだから、アトリエを出るや否や直ぐに吸いました」との返事。辺りは昔から家具職人などが多く店を構えた地区。今は新オペラ座が出来た関係で職人街や絵描き達のアトリエはナシオン周辺に移ってしまったが、大きな空間を確保するアトリエに好適な建物は今だ多い。住居と別のこの集合アトリエにベルランドは毎日通っているのだそうな。門扉を入るとよくある殺風景な石畳の中庭となっていた。待ち合わせの時間にまだ5分ある。ここで先に煙草を吸って置こうよ、とユーグと私の絵描き二人、まるで不良学生のよう。

verlinde

 きっちり時間通りに、略一階の半分を占めるアトリエの曇りガラスのドアの呼び鈴を鳴らすと、どう見ても60代にしか見えぬ厳めしい長身の老人が、不機嫌そうに応じて我らの前に立ちはだかった。戸口でユーグが挨拶をし、私達を紹介したものの、ベルランドの方は中に招じ入れるでもなく立ち話。噂通り気難しいのだろうか…でも私の第一印象、誰かに似てる…誰かに似てる…あっ、アンジェリーナ・ジョリーの父親…ジョン・ボイドだ!

c.b

(3)に続く

               田中章滋 識/by Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

クロード・ベルランド/Claude Verlinde 訪問記(1)

 暫くここへの記事が途絶えてしまった。インターネットの虚構の世界から聊かでも距離を置かねば、現実に働きかけることが不能となる。毒を喰らわば皿までといった態で今だWebに身を置いているが、ざっと幻想芸術世界を見渡しても製作よりも自己顕示に夢中な輩に、真に優れた仕事をする者は少ない。それでもネット上の最低限の露出は必要十分条件なれど。

 準備期間2年、発会後3年、都合5年の歳月をかけてIFAA(国際幻想芸術協会)の活動や、世界連携に出遅れた日本の幻想芸術の世界に向けてのオーガナイズに果てしなく時間を失った。初海外展である『幻想芸術展ー巴里ー2009』(以降報告を連載予定)を実現し、全てを終えて帰国した今、漸く己の席を温めるゆとりを得た。私事だが、パリ展に先行してベルギー旅行でルーヴェンにロヒール・ファン・デル・ウェイデンの大回顧展に赴いてより、ずっと心の隅である言葉が反響し続けていた。個の仕事に立ち戻れ、そして「職人たれ」である。

hugues

 時は一年前に遡るが、「次にパリに来た時は、一緒にクロード・ベルランド/Claude Verlindeの所にいこう。」そのユーグ・ジレ/Hugues Gilletとの約束がこの度のパリ展の最中実現した。パリ展報告に先だって、クロード・ベルランドのアトリエ訪問記を先ず披露しよう。



 丁度一年前と同じく、プラス・デ・ヴォージュのカフェで午後2時にユーグと待ち合わせた。お供は通訳係の妻とベルランドファンのKさんである。

 その前日、ジャックマール・アンドレ美術館に「メムリンク、ブリューゲル、ファン・アイク・・・展」を見に行った。折悪しく火曜で市内の美術館が軒並み休館日。オルセー美術館かここ以外、何処にも行く場がなく、入場待ちの長蛇の列で当日別行動だった筈のレオ・プロウ/Leo Plawとアニャ・ブリンクマン/Anja Brinkmannカップルとばったり出会した。そこでレオカップルと我ら一行(ユーグ・ジレ、私夫婦)合流し、近くだからとクロード・ベルランドの専属画廊にして幻想芸術専門画廊でもあるギャラリーミッシェル・ブーレ/Galerie MichlIe Boulet(http://www.galerie-boulet.com/)を訪ねていたのだった。

ジャックマールアンドレ

 因にギャラリーミッシェル・ブーレの先代の経営者ミッシェルは、幻想芸術の目利きとして斯界で夙に知られたギャラリストだったが、とうに物故し、今はその夫人と子息で切り盛りする故か、審美眼を失って全く新人を扱えない画廊と化しているとの専らの噂である。クロード・ベルランドの名のみに肖るギャラリーであるにしても、見る側としてはそこは常にベルランドの新作を並べるクロード・ベルランド美術館の様相を呈している。

(2)に続く

               田中章滋 識/by Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

Exposition L'art fantastique Paris 2009

幻想芸術展-巴里-2009

paris.ifaa1

paris.ifaa2

Exhibition of IFAA in Paris
"L'art Fantastique Paris 2009"
26.oct ~ 31.oct.2009

ESPACE CURTURELLE BERTIN POIRÉE
ASSOCIATION CULTURELLE FRANCO-JAPONAISE DE TENRI
8-12, rue Bertin Poirée 75001 Paris
Tel 01 44 76 06 06 Fax 01 44 76 06 13

ゲスト
Bruno Baratier,Luigi La Speranza
Anja Blinkmann,Hugues Gillet,Laetitia Hoffmann,Leo Plaw

IFAAメンバー:相原みゆき/Miyuki Aihara,浅野信二/Shinji Asano
浅野勝美/Katsumi Asano,馬場京子/Kyoko Baba,渕岡康子/Yasuko Fuchioka
萩原ヤスオ/Yasuo Hagiwara,白翠皇夜/Kouya Hakusui,飯田知子/Tomoko Iida
イヂチアキコ/Akiko Ijichi,井関周/Shu Iseki,稲垣恭子/Kyoko Inagaki
岩崎由佳/Yuka Iwasaki,伊豫田晃一/Koichi Iyoda,アンドリュー・ジョーンズ/Andrew Jones
佳嶋/KaShiMa,勝国彰/Kuniaki Katsu,北和晃/Kazuaki Kita
古賀郁/Kaoru Koga,近藤宗臣/Sawsin Kondo,桑原聖美/Satomi Kuwahara
前澤ヨシコ/Yoshiko Maezawa,麻子/Mako,みどり根子/Neko Midori
宮川光/Hikaru Miyakawa,森妙子/Taeko Mori,長島充/Mitsuru Nagashima
中川知洋/Tomohiro Nakagawa,野川徹/Tooru Nogawa,及川晶子/Akiko Oikawa
大久保瞳/Hitomi Okubo,大森伸樹/Nobuki Omori,大竹茂夫/Shigeo Otake
大手京子/Kyoko Ote,坂上アキ子/Akiko Sakagami,佐藤恭子/Kyoko Sato
佐々木六介/Roku Sasaki,レオ澤鬼/Leo Sawaki,セガワ智コ/Tomoko Segawa
外原俊/Takashi Sotohara,スルマシキ/Shiki Suruma,高田美苗/Minae Takada
武田充生/Mitsuo Takeda,田中章滋/Shoji Tanaka,たつき川樹/Itsuki Tatsukikawa
若林さやか/Sayaka Wakabayashi,山地博子/Hiroko Yamaji,山村まゆ子/Mayuko Yamamura
山中義明/Yoshiaki Yamanaka,安本亜佐美/Asami Yasumoto,横田美晴/Miharu Yokota
photo by gradiva.inc - -

IFAA Miniature Exibition

ifaa.mini

IFAAミニアチュール展

【世にミニアチュール展は珍しくない。しかしそれを100点も
壁一面隙間無く列べたら、壺中天が出現するという企画。係る
提案を受け、国際幻想芸術協会が皆様を別天地へと。総勢47名
による極小のスペクタクル】

相原みゆき 浅野信二 浅野勝美 飯田知子 井関 周
イヂチアキコ 稲垣恭子 伊豫田晃一 岩崎由佳
及川晶子 大竹茂夫 大手京子 大森伸樹 佳 嶋
北 和晃 桑原聖美 古賀 郁 小山哲生 近藤宗臣
坂上アキ子 スルマシキ 佐々木六介 佐藤恭子
輔老はづき セガワ智コ 高田美苗 武田充生 
たつき川樹 田中章滋 Tooru.Nogawa. 中川知洋 長島 充
萩原ヤスオ 白翠皇夜 馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ
麻子 みどり根子 宮川 光 森 妙子 安本亜佐美
山地博子 山村まゆ子 横田美晴 レオ澤鬼 若林さやか

IFAA Member

Miyuki Aihara/Shinji Asano/Katsumi Asano/Tomoko Iida/
Shu Iseki/Akiko Ijichi/Kyoko Inagaki/Koichi Iyoda/
Yuka Iwasaki/Akiko Oikawa/Shigeo Otake/Kyoko Ote/
Nobuki Omori/KaShiMa/Kazuaki Kita/Satomi Kuwahara/
Kaoru Koga/Tetsuo Koyama/Sawsin Kondo/Akiko Sakagami/
Shiki Suruma/Roku Sasaki/Kyoko Sato/Hazuki Suketake/
Tomoko Segawa/Minae Takada/Mitsuo Takeda/Itsuki Tatsukikawa/
Shoji Tanaka/Tooru Nogawa/Tomohiro Nakagawa/Mitsuru Nagashima/
Yasuo Hagiwara/Kouya Hakusui/Kyoko Baba/Yasuko Fuchioka/
Yoshiko Maezawa/Mako/Neko Midori/Hikaru Hirata Miyakawa/
Taeko Mori/Asami Yasumoto/Hiroko Yamaji/Mayuko Yamamura/
Miharu Yokota/Leo Sawaki/Sayaka Wakabayashi

2009年7月17日(金)〜7月25日(土)
12:00〜19:00(21火曜休廊)

ギャラリーベルンアート

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-2-4(美術ビ2F)
TEL/FAX 06-6361-5507
E-mail : bernart@kf6.so-net.ne.jp 
URL : http://web.mac.com/gallery_bernart

付記:「壺中天」とは、薬売りの翁が丸ごと店を小さな壺に仕舞う
のを見た役人が、翁に頼んで共に壺の中に入り、別天地でミク
ロな姿となって美酒佳肴を馳走になる後漢書の故事。

【記念写真/Souvenir picture】

souvenir

ifaa.mini.2

photo by gradiva.inc - -

【幻獣展】

fb1

【Exhibition Fantastic Beast 】

佳 嶋(KaShiMa)
黒木こずゑ(Kozue Kuroki)
桑原聖美(Satomi Kuwahara)
高田美苗(Minae Takada)
レオ澤鬼(Leo Sawaki)
村田らむ(Ramu Murata)
小山哲生(Tetsuo Koyama)
田中章滋(Shoji Tanaka) 

 西欧中世以来、宮廷では珍奇な動物、畸形者、不思議な品々が世界中から蒐集された。それが博物学の母体となり、方や動物園や植物園へと発展し、それぞれの学となった。<想像を絶するものが見たい>という欲望は、今やUMA(未確認動物)の探求となり、空想動物学と踵を接している。「人は見た事がないものは想像出来ない」というが、『幻獣』は、見てはならぬものや、エロスや神話のアイテムとして、永遠に想像の自由を保証し続けるだろう。何故なら、虚々実々を愛する人間自身が、『幻獣』そのものであるかも知れないのだから。
 気鋭画家8人のアンソリット(奇想)を何卒ご高覧下さい。

2009年6月30日(火)〜7月7日(火)
am.12:00〜pm.6:30 (7月6日/月曜休廊)
ロイヤルサロンギンザ

〒104-0061 東京都中央区銀座8-9-16
長崎センタービルビル2F
PHONE & FAX 03-3573-4067
http://royalsalon-ginza.com

fb2
photo by gradiva.inc - -

EXHIBITION OF SACRED ART 2009

aoi

EXHIBITION OF SACRED ART 2009

Lofthouse Gallery, Klostergut 2, 82405 Wessobrunn, Germany
4 April 2009 to 7 June 2009

The Sacred Art exhibition has opened in Germany and will run until June.

Place: Lofthouse Gallery,Klostergut 2,82405 Wessobrunn, Germany
Gallery owner:Astrid Eulberg,Üblhörstrasse 4,82405 Wessobrunn,Germany
tel.: 0049 8809922314,email: AEulberg@gmx.de
cellular phone: 0049 176 9674 8940

AOIとの初連携展

世界最大幻想芸術団体AOI(以下URL参照)

http://artofimagination.org/

 AOIとの姉妹団体提携に就いては、IFAA公式HPのINFOMATIONでも広く伝えている。
 この点、何分にも他団体のこととて、先方の要請に従いつつ、当方予定の擦り合わせに時日を要する。昨年のロンドン表敬訪問では、AOIチェアマンのミッシェル・ド・サントゥエンと以下の如き未来の協力体勢への希望が交わされた。

1.姉妹団体宣言
2.AOIからIFAAへの出品要請
3.相互の展覧会連携要請
4.日本でのIFAA、AOI合同展の実現

 今回AOIからミュンヘン(ドイツ)近郊ヴェッソーボルンの修道院を改装した「ルフトハウスギャラリー」で行われる『聖なる芸術展』にAOIからIFAAへと参加要請があった。
 会期がIFAA年次展覧会と重なったこともあって、告知が遅れたが、来年夏の『聖なる芸術』ポーランド展まで長期に渡って作品を委託せねばならぬなどの条件故、今回はIFAAスタッフレベルでの初協力を試みることとなった。選抜メンバー七名の詳細は添付画像参照。

浅野信二(Shinji Asano)浅野勝美(Katsumi Asano)
井関周(Shu Iseki)大竹茂夫(Shigeo Otake)
高田美苗(Minae Takada)田中章滋(Shoji Tanaka)
前澤ヨシコ(Yoshiko Maezawa )

ifaa選抜

会場風景

lofthous

sacred1

sacred2

sacred3

sacred4

sacred5

http://www.annamagicart.com/sacred.htm

 IFAAは今年10月初海外渡航展であるIFAAパリ展を最大イベントと考えている。作品並びに作者自身の渡航は今後の海外発表の礎となるだろう。またAOIとの連携含め、海外発表の大きく安全なルートが確実に開かれつつある。

            IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka

photo by gradiva.inc - -

Berlin Visionary 2009

leo,anja,micha
berlin.v
Anja Brinkmann, Leo Plaw and Micha Colory Krebs

Anja Brinkmann, Leo Plaw and Micha Colory Krebs will be exhibiting a selection of recent paintings in their first collective group show. Having often met in Berlin to discuss their art, they have put words into action. The gallerist Karin Weissenbacher has been very accommodating.
The location of the exhibition, Schlossinsel Rantzau, is a river island on which a medieval fortress was built. The island with its historic buildings now forms the heart of a beautiful recreation area which makes an idyllic setting for the exhibition.

Galerie Atelier III
im Gerichtsschreiberhaus
Schlossinsel Rantzau
Barmstedt
Germany


21st March to 3rd May 2009

http://www.galerie-atelier-3-barmstedt.de

Leo Plaw and Micha Colory Krebs are both featured in beinArt Publishing's book "Metamorphosis - 50 Surreal Fantastic and Visionary Artists".

http://beinart.org/modules/Word-Press/2009/03/07/berlin-visionaries/

 IFAAの盟友であるレオ・プロウ、アニャ・ブリンクマンがミーシャ・コロリー・クレブとの三人展を案内してきたので転載。

 暫くこちらの更新を怠ってしまったが、筆者を含め今年のIFAAは春の年次展覧会、大阪でのミニアチュール展、10月パリ遠征展その他予定が犇めいている。それらの準備で楽屋裏がてんてこ舞いと思し召して、今暫く乏しい寄稿をお許し下さいませ。

            IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

Chimeria festival des arts visionnaires

キマイラ

07 to 15 MARS "Festival des arts visionnaires CHIMERIA 2009 "

Artists :

Robert VENOSA. Martina HOFFMANN. Michel HENRICOT. Laurence CARUANA. Jan KOUNEN. Lukas KANDL. Patrizia COMAND. Raffaйle De ROSA. Zeljko DJUROVIC.Zoran IVANOVIC. Alexandra JONTSCHEWA Alиs KREJCA. Vlada MIRKOVIC. Hans-Peter MULLER. Eli TIUNINE. Pavel ZACEK. Siegfried ZADEMACK. Florence ANTOINE. Michel BASSOT. Pierre BOULANGER. Alain CAMPELLO. Gaйtan et Caroline COTTEREAU. Lionel COUTURE. Filip LEU. Titine LEU. Sйverine PINEAUX Patrick DELORME. Dominique DESORGES. Liliane Sylvia Le FUR. Hugues GILLET. Mad JAROVA. Marlis LADURE. Paolo LAGUILAS. Chantal LANVIN. Nadine LEPRINCE. Joйl LORAND. Jean-Franзois PERRY. Jefferson SALDANIA Prйsident de l’Association de peinture Amazonienne ONANYATY. Dany SALME. Franзois SCHLESSER. Juan Carlos TAMINSCHI. Hector TORRO. Olivier ZAPPELI. TIX alias Florent TARRIEUX. Valйrie MEUREE. Peter GRIC. Oleg KOROLEV.

http://www.chimeria.org/
http://www.sedan.fr/
photo by gradiva.inc - -

フランス幻想グループ

 当Blogの更新を怠り続け、新年を寿ぐどころか、二月も半ばを迎えようとしている。2009年はIFAA(アイファ/国際幻想芸術協会)は怒濤の展覧会企画だらけである。故にバックステージでは鳴動しているのだが、今、公開するには時期尚早。
 一方、筆者がちっとも原稿を書かないものだから、原稿提供協力者の方々に何か話題提供してもらうにも、聊か気詰まりだったりします。そこでずっとユーグ・ジレ/Hugues Gilletの紹介で止まっていた当Blogに託つけて、暫くフランスの幻想芸術画壇の紹介に努めてまいりましょう。で、先ずはそのユーグ・ジレから案内されていた彼の地の展覧会案内をば掲示します。会期は昨日まででしたが、後程盛況だったかどうか、ユーグ本人に訊いてみます。

mi
photo by gradiva.inc - -

J'ai rencontre Hugues Gillet/ユーグ・ジレとの出会い

 ユーグ・ジレ(Hugues Gillet)とのランデヴーは二年越しだ。彼の作品紹介はこのブログ以前から再々取り上げているので、一部日本の幻想芸術ファンにも知れ渡っている事と思う。私が取り上げてから、他のブログでも名前が散見されるようになった。
 本来、昨年パリで出会えていれば、FANTASTIC ART SHOW-KYOTO-2008にルイジ・ラスペランザ(Luigi La Speranza)と共に招待していた筈だった。然るに、パリで彼のアトリエに電話をすれど、留守番電話にメッセージを残せど、梨の礫。聞けばその頃展覧会で国外に居たのだとか。メールで遣り取りはしていたが、入念なランデブーを図らなかった当方にも責めがある。

hugues1

 今回こそはと渡欧前から彼とのランデブーの為に、パリでの滞在を旅の後半に据え、近郊国への旅を控えて馴染み深いパリ生活をメインにした。毎回アパルトマンホテルを使うことにしているが、前回は保証金の遣り取りでトラブルに見舞われたので、最早、現地の取次ぎを使わずヨーロッパの旅はシタディーヌに限ると、バスティーユのシタディーヌホテルを利用した。ベルギーのブリッセルでも利用したので、その簡便さと快適さに満足を覚えた。嘗て住んだ界隈だし、目の前に市場が立つので、下手なレストランで食べるより、新鮮な素材をアパルトマンホテルで調理したほうが、遥かに勝る。昨年のパリ滞在は、浦島太郎効果もあって思わぬ不遇を託ったが、今回はまるで別天地。私事はいい。ユーグとの出会いをドキュメントしていこう。

hugues2

 アパルトマンのオーナーが権利を売ったので、アトリエの追い立てをくっている、引越準備で部屋が荒れているとの事でユーグとのランデヴーは、私の滞在ホテルに彼が来る約束と相なった。デジュネ(昼食)を共にということで、丁度ホテル脇にあった『キャフェ・デ・ザルティスト』(芸術家のカフェ)なる店で食事。ポートレイト写真通り、ユーグは年齢不詳のボーギャルソン(美青年)だった。会った途端、互いに幻想芸術話に一気に突入。メニューの注文もそこそこに、いやはや、ユーグ、喋る喋る。ルイジ・ラスペランザのアトリエを訪ねた時も昼から夕方まで喋り詰めであったが、ユーグは育ちがいいのかノーブル(上品)な話し方でしかも話が尽きない。私はフランス語の喋りが完全に錆び付いているので、発話は専ら妻の通訳に頼らざるを得ぬが、彼が口にする幻想画家や幻想文学者の名前は略私にとって親しい名前ばかり。即座に応じて私が話すことの仏訳で妻は大わらわな様子。
 共にアペリティフをきこしめしたので、普段以上にお喋りになったというより、母国語と別種の幻想言語が交わせる、そんな興奮が出会いの始めからセットされていたかのようだ。
 『キャフェ・デ・ザルティスト』は、職人街に取り残された庶民的なビストロ故、1時を過ぎるや後から後から近隣の勤人が押し寄せ、店内は満杯である。しかも定食が矢鱈量が多い。「貧乏絵描きが飢えないように、沢山お食べという訳さ」と店の名前に因んで私が冗談を飛ばす程。

hugues3

 昼食はもりもり食べて、沢山喋って、忙しかったので、食後のカフェは近場の比較的閑静なプラス・デ・ヴォージュに移ってということになった。「僕等は昔、ここの直ぐ傍のシナゴーグ(ユダヤ教会)の向かいに住んでたんだ」、そういうとユーグは「去年、プラス・デ・ヴォージュのギャラリーで個展をやった。ちっとも売れなかったけど、個展が終わってから売れて助かった。マージンを取られなくてすんだから」とちゃっかり発言。その画廊といくらも離れてない、カフェで中に入ろうとすると、寒いのに外がいいという。外にもストーブが焚いてあるので、テラスを好むパリジャンはへっちゃらで外に席を占める。私も大歓迎だ。先程から煙草が吸いたくてウズウズしていたのだ。すると彼も我慢をしていたものと見える。絵描きで煙草を吸わぬ者は少ない。なんだ、君もそうかと更に打ち解けたのだった。

shoji.hugues

 着席するや、互いの作品ファイルを見せ合い、暫し夢中になって眺める。彼のファイルはネット上には公開してないものも沢山あって、どれも欲しくて堪らなくなる程魅力的だ。彼は彼でフランス国内の幻想芸術系作家向きの展覧会情報や、ポスターまで持参で、私にそれに出品しろと勧めてくる。こいつただ者ではないな、と思わせるのは、そうした行動が機会の独り占めではなく、オーガナイザーのそれだからだ。自作品への揺るぎない自信と、当然それ故に恵まれる機会に対し鷹揚である点、業界にありがちな形振り構わぬケチなエゴイストではない。聞けばパリに世界中から幻想芸術家を集めて「幻想美術館」を作るべく公的機関に働きかけ、奔走しているのだという。これは大物の予感。幻想芸術の闘士だ。私と話が合って当たり前に過ぎる。

hugues4
 
 そして彼は「次にパリに来た時は、一緒にクロード・ベルランド(Claude Verlinde)の所にいこうよ。この直ぐ傍にアトリエがある。彼はもう81歳で扱う画廊もパリで一軒きり。最近とても寂しがってるんだ!」、そう言ってパリの幻想画壇の著名な人士全てと交流していることを嫌味なく語ってくれた。「幻想文学者のマルセル・ベアリュの店に行ってきた。もう大分前に亡くなったけど、未亡人にIFAAの展覧会に水彩画を展示する許可と印刷物に使用する許可を得て来た。知ってるかい?マンディアルグと親しかった彼を」とベアリュの画集を見せながら告げると、知らなかったと正直に言い、しきりにメモを取って「店に行ってみる」と即答した。何と誠実なのだろう。因に彼は40手前、若く見えるので驚いたが、離婚してしまったが可愛い娘もいるのだという。
 「来年の4月に日本に来てくれるね」、「勿論!!」ということで、名残惜しいがこれから会合があるとの由で彼とバスティーユのメトロで分かれた。冬の日差しとて、4時過ぎには早、陽が暮れ始めていた。

 ホテルに直帰し、私は即、IFAAメンバーに向け以下のメッセージを発信したのだった。

 ユーグ・ジレと熱く語り合い、私のヨーロッパでの今期のミッションの全てが終了しました。ユーグ・ジレは4月のFANTASTIC ART SHOW-TOKYO-2009に来日します。そして彼は、クロード・ベルランド、ジェラール・ディマシオ(Gerard Di-Maccio)、ルーカス・カンデル(Lucas Kandl)、その他錚々たる幻想画家達と交流を持つ、フランス幻想芸術界のプリンスである事が判明。ロシア幻想芸術の若き出世頭、ヴィクトール・サフォンキン(Viktor Safonkin)とも交流を始めた由。実力者同士はくっつくのが早い!

 そして彼はIFAAを大変気に入ってくれたました。早晩IFAAパリ展も実現するでしょう。さあ、皆さんIFAAの明るい未来に乾杯です!!

(IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka)
photo by gradiva.inc - -

Art of Imagination's(AOI) Annual Exhibition report 2

marlin.ouen

AOI Annual Exhibition report 2

 AOI年次展覧会最終日に、チェアマンのミッシェル・ド・サントゥエン(Michel de Saint Ouen)と今後のIFAAとAOIの連携に就いて会談を行った。AOIはブリジット・マーリン(Brigid Marlin)がエルンスト・フックス(Ernst Fuchs)の要請を受けて、彼女が主催していた「インスケープ」(INSCAPE)グループを基礎に、エルンスト・フックスに学んだ世界中の弟子達や友人、シュルレアリスト、幻想芸術グループに働きかけて1998年に発足、基礎の「インスケープ」から数えれば20年以上の永きに渡って活動を継続してきた。
 故に真の総代表はエルンスト・フックスであり、H.Rギーガー(H.R.Giger)が顧問となっている。そんなあらましをミッシェル・ド・サントゥエンが語ってくれた。ミッシェル自身国籍はフランス人であり、ブリジット・マーリンもアメリカ人、初めからイギリス人ではないことから、「インスケープ」もAOIも世界市民としてグローバルな展開が必然でもあったという。

 その後多くのAOI参加者から中小のグループやウェブ活動が派生するなどしているが、AOIがその総本山であることは変らない。なぜならオーストラリアから最初にAOIにコミットした「アートヴィジョナリー」"Art Visionary"誌のダミアン・マイケルズ(Damian Michaels)も、「ベイナート・インターナショナル・シュルレアルアート・コレクティヴ」"beinArt Surreal Art Collective"サイト主催者のジョン・ベイナート(Jon Beinart) も皆AOIメンバーであり続けている。

 そもそも幻想芸術自体が極めてユニークな存在であり、流行に煩わされぬ常に超時代的な存在様式である宿命を乗り越えようとする世界連携なのである。超伝統と理念を守るためには、孤立主義や業界エゴなどでは太刀打ち出来ない真の危機が我々を取り巻いている。「私は幻想芸術ではない」などと馬鹿なことを言う作家は一人も居ないのだ。故に、AOIは極めて寛容な会となっていることを、彼等と直に接することで目の当たりにしたのだった。その証左として、会期中、ハイティーンの女の子が作品を見てくれとやってきた。とてもいい作品だったので、会期半ばだが展示に加えたとミッシェルが言っていた。京都IFAA展でも全く同じようなことがあったので、打ち合わせた訳もないのに、後進の育成という基本コンセプトまで相似であることにあらためて深い感慨を得た。京都展で招待したレオ・プロウなども、常に深い敬意を持って彼等と接していることを実感した次第(レオ・プロウ/Leo Plawが、AOI会誌『インスケープ』にIFAA-Kyoto-展の詳細な記事を執筆してくれたことに深い感謝を表明したい)。
 
 会談で取り交わされた計画は、来年晩秋のIFAAロンドン展のバックアップ乃至合同展の可能性、及び近い将来、AOIを招いた『世界幻想芸術展』(仮題)の日本開催の申し出といったものだった。IFAAのバックアップに対しては、AOIは懐の深い所を見せてくれ、当方が候補として上げた画廊リスト以外に最適な会場を探すこと、作品の一時預かり、情宣、宿の手配に至るまで、ほぼ丸抱えといっていい程の好意的な受け入れを約束してくれた。

 既にAOIそのものが世界中に通算400人の会員を抱え、常時行っている作業であるとミッシェルは胸を張った。日本は世界に知られざる幻想芸術のメッカです。そう私も負けじとIFAAは一国のみで会員総数50名に達し、まだまだ成長過程ですと応じた。

souvenir記念写真(一部作家)

 姉妹団体に、とのブリジット・マーリンの要請を受けての展覧会参加であったので、当然の結果であるが、以後IFAAは、ほぼ常時世界巡回展を行っているAOIの展覧会に出品要請を受けていくとこになる。IFAA自体もロンドンのみならず、メルボルン、ウィーン、パリ展を企画中であり、これから何かと忙しくなるだろう。
 否、帰国後早くもAOI以外からも捌き切れない程の申し出を受けている。殊、幻想芸術に関していえば、如何に日本が真空地帯で、限りなく鎖国のような状態であったかを自覚せざるを得ないのである。既にIFAAは斯界の注目株となっている事態を、ひしひしと感じている。

 以下は世界40カ国から集合した年次展覧会『想像力の飛翔』の初受賞者一覧。今回はデンマークのクラウス・ブルゼン(Claus Brusen)の「バブルファンタジー」が一等を受賞した。因に私の作品は次のドイツの巡回展にも出したいとの申し出で、そのままAOIに託して来た。

aoi.exibition

(IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka)
photo by gradiva.inc - -

SOCIETY FOR ART OF IMAGINATION’S ANNUAL EXHIBITION

 すみません。ここ用に公の文章を草そうと思っていたのですが、個人の事柄とIFAAのミッションが分ち難く、以下は渡欧日記からの転載となります。「AOIとは何か?」といった紹介文や、人物解説は孰れAOIその他を招いて行われるであろう『世界幻想芸術展』(仮題)の際に詳述いたします。ここ十年の世界の幻想芸術の動向を、纏めて報告する責は恐らく私にあり、ここ『幻想芸術/L'art Fantastiques』と先行する『ZAHIR』で紹介してきた幻想芸術名鑑の如きアーティスト達が全て繫がっていくのです。私はそれを一つの自負を持って歴史的行為と呼びますが、今はそこへと至る途上と思し召して、以下の公私混同文をお読み下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Society for Art of Imagination's Annual Exhibition report.

 何故だか作品ファイルを拵え損ねて幾星霜。名刺もそうだったが、常にそうしたものを携行して己をアピールして歩く自称アーティストなる輩を矮小な存在と決めていた。一見強面故、殊己の場合となると、その所作一つで横柄な人物と誤解され易い。
 私を、舌鋒が鋭い、毒舌などと評する人物は大概私の面貌も込みで第一印象を決めている人々だ(忌憚がないと言ってくれ、裏表がないのだ)。これは非営業モードで、素になっている時の一面だろう。父祖から受け継いだ一見近づき難い印象の面貌は、日本では軽く人を叱責するだけで一生恨まれる質のものなのだろう。おまけに声迄低音で迫力充分。だがこんなのは濃いキャラが当たり前過ぎる海外のアートシーンでは地味ですらある。ブルトン先生同様真面目過ぎ?

tanaka

 稼業の営業モードの際は、それが武器となり、揉み手をしながらにこやかに近づき、商品知識を披瀝すると時に圧倒的、時に誠実、短時間で高度の信頼感に結びつく。こうして数多の商談を成功に結びつけてきた。トップセールスマンだったのだ。だが、媚を売るのと己を売るのだけは苦手。いつの間にか羞恥心を美徳とする日本的感性が身についてしまったのか。
 今回初めて小さな小さなアルバムのような作品ファイルを拵えてロンドンに旅立った。上掲の写真はそのプロフで、ネット上ではあちこち掲示してある。因に10年近く歳をとっていないことになっている。単に正式なポートレイト写真を撮っていないだけだが、看板に偽りあり。

gallery

AOI主催『想像力の飛翔-年次展覧会-レセプションパーティ』
於:ブリックレーンギャラリー

aoi

 左前方から私、ブリジット・マーリン(Brigid Marlin)、クラウス・ブルゼン(Claus Brusen)、ミッシェル・ド・サントゥエン(Michel de Saint Ouen)、マダムX、その他。エリザベス女王、今は亡きスタンリー・キューブリック、J.G.バラード、ダライ・ラマ、そして勿論、H.R.ギーガー(H.R.Giger)、エルンスト・フックス(Ernst Fuchs)と昵懇のブリジット・マーリンは、聡明だが思いつきを直ぐに口にする晴れやかなお婆ちゃんだった。「皆でイタリー、デンマーク、ロンドン、それから日本で大展覧会よ〜」とブリジット。チェアマンのミッシェル・ド・サントゥエンは「あなた乗り乗りに成り過ぎ!」と笑いながら窘めていた。「彼女、明日になると忘れちゃうんだ。約束は僕としないと駄目だよ。彼女は彼女の企画、僕は僕の企画。」と常に二つの車輪でソサエティが運営されて居る様子が伺われた。

claus

 ブリックレーン通りは印度料理専門店が軒を並べるエスニック激戦区。ブッカー賞を取ったモニカ・アリの原作の映画化で評判となり、俄に『Brick Lane』街は骨董マーケットも含めて今ロンドンで最もトレンディな地区となったとのこと。ここの評判店で主だったメンバー達との二次会。真っ赤っかなのは、この日デンマークから駆けつけた画商で出版社で画家のクラウス・ブルゼン。AOI初の公募展グランプリを受賞して御満悦。私の作品ファイルを見て、デンマークでの出版展示会に出品しろと誘いをかけてきた。ある意味ハイブロウな幻想芸術は、画家自身がコレクターだったり、画廊を営んでいたりは、洋の東西を問わない。そもそもエルンスト・フックスが画廊を営んで後進の若い画家に機会を与えることに先鞭をつけている。ギルドの昔に戻れ。日本でも画家が買う絵が多く幻想絵画で、皆幻想芸術ファンなのだ。

anabella.shoji

 最後の写真はアートコーディネーターで造形作家のアナベラ・クラウディア(Annabella Craudia)。勿論、本名じゃありません。「蜘蛛女のキス」か「地獄に落ちた勇者ども」か、元男性の今は女性です。ドイツ人故、恐ろしく長身なのにピンヒールを履いて、ちょっとのけぞるキャラ。しかし話してみると幻想芸術界の天使です。この業界はファッション界と同断で、ユダヤコネクション以外では社交界にクィアーが占める位置が大きい。実は日本だって...明かせませんが。
 私の作品ファイルが見たいというので、見せたら恐ろしく真面目な顔で、私の説明一切聞かず。それ、ちょっと恐いです。稍あって、おもむろに彼女の手帳からドイツのギャラリーの住所を写し取って、彼女の紹介だといって連絡せよと命令口調。何かの商談成立? 呆気にとられて私妙な顔になってます。

 今期展覧会のタイトルは『イメージの飛翔』。私は終止空を飛んでる気分でした。飲み過ぎか。


(IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka)
photo by gradiva.inc - -

IFAA met AOI

IFAA met AOI

aoi

http://www.artofimagination.org/

ifaa

http://ifaa.cc/

 上記は世界最大幻想芸術団体AOI(正式名称Society for Art of Imagination)のバナー。この11月3日から9日にかけて、ロンドンに本部を置いているAOIの年次展覧会『想像力の飛翔』に招かれ、参加してきた。

http://www.artofimagination.org/

 結論から言えば、AOIのホームページで宣せられているように、

「AOIとIFAA

 私たちは、日本に拠点を置いているIFAA(国際幻想芸術協会)と対面したことを喜んで発表します。 IFAAのすべてのメンバーが世界に向け発表する第一歩が開けました。私たちと共に展示会すべてに協力し合い、私たちのメンバーも同じようにIFAAの展示会に協力できるでしょう。 私たちは、IFAAのメンバー(http://ifaa.cc) のために、私たちのメンバーとヨーロッパの展示会及び日本での展示会の可能性を共に、探ってまいります。 」

 という次第。先方からの姉妹団体の要請を受けて、幻想ジャンルの世界メンバー公称400人を唱うAOIと成長著しいIFAAが、西の果てと東の果てを結ぶ歴史的な瞬間を得たということになる。

ifaa.aoi
IFAA代表(筆者)とAOIチェアマンのミッシェル・ド・サントゥエン(Michel de Saint Ouen)

 ここ暫く幻想芸術blogは、ロンドンのAOI、その他パリ報告などを連載して参ります。

(IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka)
photo by gradiva.inc - -

時の表現展

「時の表現展」2008年11月12日(水)〜11月22日(土)

【出品作家】 勝 国彰・鍋島正一・馬場京子・山地博子

ギャラリー ベルンアート
〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4-2-4(美術ビ2F)
TEL/FAX 06-6361-5507 E-mail:bernart@kf6.so-net.ne.jp 
URL:http://web.mac.com/gallery_bernart

toki1

 昨日は大阪・西天満にある画廊「ギャラリー・ベルンアート」で行なわれている「時の表現展」を見に行ってきた。
 勝国彰、鍋島正一、馬場京子、山地博子ら4人の画家による「時」をテーマとした幻想的な作品のグループ展であるが、勝さんの作品は油絵ながらまるで日本画のような「純和風」な雰囲気を作り上げていた。山地さんの作品も同じく和的ながらどこかエキゾチックな外人風の女性がモチーフにされていて、和風でありながら洋風、さらに妖艶な雰囲気も感じさせる美しさを持っていた。
 鍋島さんの作品は要素的には定番といった感じの西洋風な幻想世界が展開されているが、ストレートな世界ながら面白かった。馬場さんの作品はちょっと毒とエロティシズムを併せ持った童話的世界で、かわいくもあり妖しくもある感じが好き。

toki2

 今回の展覧会で特に印象に残ったのが勝さんの作品である。どこか象徴的に描かれる「蛇」の存在や日本的な美意識を感じさせる。シンプルながら考えられた空間構成など、凄く1枚の絵として魅させる。こういう「空間」の要素がまだ未熟な私の作品についてのこれからを考える上で凄く勉強になった気もする。

 この画廊では来年若手の作家を集めての展覧会に私も参加させてもらえる事になっているのだが、画廊のオーナーさんにこれまでファイルやハガキで私の作品は見せた事はあるものの、まだ1度も実物を見てもらった事は無かったので、この日は個展に出した作品を1枚持っていって見てもらった。前に画廊に置かせてもらった個展のハガキを見て興味を持って下さった方がいたらしく、この作品を画廊で預かってもらえる事になり嬉しかった。
 来年のここでのグループ展でもさらなる飛躍が出来るように頑張りたいと思う。
                     (近藤宗臣/画家)
photo by gradiva.inc - -

山下清澄 銅版画展/ Kiyozumi Yamashita Copperplate picture exhibition

kiyozumi

 京都・左京区吉田にあるギャラリー「アートゾーン神楽岡」で行なわれている「山下清澄 銅版画展」を見に行ってきた。

 ギャラリーはほぼ白川通りに近い神楽岡通りを、今出川から下がっていった所にあり、入り口は地下にあって靴を脱ぎスリッパに履き替え階上へと上がっていく、という構造のモダンで落ち着いた雰囲気のある所。
 この展覧会は、先週の新聞の美術欄の展覧会評で知ったのだが、載っていた作品を見て自分の作品傾向や趣味性にも近いものもある、「これは是非とも実物を見ておかないと!」という想いで出掛けたのだった。

 山下氏の作品はギリシャ神話や星座など幻想的なテーマの他、数字や記号に女性という要素を使って装飾的、幻想的に表現されており、絵を見ているだけでそこにに潜んでいる数々の物語が想像出来る楽しさの他、何より私的に魅力的に感じたのは、その超細密に作り上げられたひとつひとつのモチーフの表現である。美しさと過剰が混在した装飾を見ていて強く惹きつけられる。作品それぞれの部分部分をじっくり近くで見、いつまでも憩っていたい気になる。(ギャラリーの方はそういう魅力がよくわかっておられるようで、来るお客さんたちにルーペを貸し出していた)。
 また裸婦をモチーフにしながら生々しいエロティシズムではなく、どこか神聖な雰囲気を感じさせる儀式的裸体表現が展開されていたり、裸婦の曲線などは少しヴンダーリッヒを思わせる、特異な形で描かれている。人間の形をしているが、どこか異世界の住人であるかのようにに感じさせる。シンプルながら深い色使いで様々な部分で作品を楽しめる。我田引水だが、自分の作品にも共通する要素を見出し、大いに、勉強になった。色々なものが得らる佳い展覧会であった。

           (近藤宗臣/画家)
photo by gradiva.inc - -

フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜に寄せて

felmer

 フェルメールの絵には、静寂が溢れかえっていた。

 フェルメールとは、17世紀にオランダで活躍した風俗画家である。展示場には、フェルメールを中心とした、オランダ、デルフトを拠点として、創作活動をした画家の作品を中心に展示がされている。構成は、フェルメールに影響を与えたであろう、同じくデルフトで活動した作家を前半に、フェルメールを中盤に、そしてフェルメールから影響を受けたであろう作家たちを後半に展示している。

 前半は、ピーテル・デ・ホーホやカレル・ファブリティウスの展示が中心だ。
 ホーホは、母親や家庭のモチーフを好み、子供の面倒をみる平民の主婦の風俗画を巧みに描く。レンブラントの弟子であるファブリティウスは、火薬庫爆発によりその作品は残念ながら大方燃えてしまったが、奇跡的に残った作品を多数展示している。ファブリティウスは遠近法や錯覚を起こす透視図法を多用し、レンブラントの影響を残しながらも大胆な構図で画を彩る。

 フェルメールについては最後に言及するとして、まず後半の展示について述べたい。

 後半は枚数は少ないが、フェルメールのように光を描く風俗画が多い。その絵の構成、ニュアンスにより、様々な寓意を込められて描かれたそれは、観ている人間の想像力をかきたてる。当時のオランダの平民の生活が、切り取られ、その姿は額の中に生き生きと留められている。

 そして、フェルメールについて言及したい。当展示では、多作ではない作家、フェルメールの絵画が7枚展示されているのが目玉だ(しかし作品保護のため、「絵画芸術」という絵は展示されていない。実際は6枚である)。
 代表作こそ無いものの、40枚無いフェルメールの絵がこれだけ集まることは珍しいだろう。当展示では、フェルメールの代表作とは違った作風の作品を観ることができる。風俗画中心のフェルメールだが、今回は宗教画、神話の絵、建築画なども描いていることがわかる。
「ヴァージナルの前に座る若い女」など、長年フェルメールの作品と断定できなかった作品も閲覧できる。だがどの作品にも共通しているのは、巧みなライティングと絵の持つ静寂さだ。フェルメールの絵には、静寂が閉じ込められているように感じた。また、フェルメールの絵の後に、フェルメールの作品ほぼすべての原寸大パネルが展示されている。もちろん本物には劣るが、楽しいのでぜひご覧になって頂きたい。

 当展示会では、オランダの風景、そして市井の人々の生活を垣間見ることができる。また、風俗画中心のフェルメールの違った一面を覗くことができる。そしてなによりも、まるでデルフトの空気を感じられるような展示会であった。

                   (矢野沙織/美術評論)

付記:今期口絵の『絵画芸術』はウィーン美術史美術館の翻意で日本に来ていない。ミステリアスなこの代表作はフェルメールにおける幻想性を語る好適な材料であったが、今回は矢野氏にごく一般的な展覧会レビューをお願いした。(IFAA代表/田中章滋)
photo by gradiva.inc - -

幻想は棺を抜け出でるか?〜「幻想芸術展ー東京ー2008」に寄せて〜

 美術作品は死体とよく似ている。少なくとも、見る側にとっては。たとえ作家がエロスやタナトスをどれほど意識したとしても、絵やオブジェは死体のように静かに佇んでいるものである。絵の中でモチーフは、額という棺から抜け出でることができるだろうか? 今回の展示会では、作品が棺から抜け出そうとしているように感じた。

if1

 「幻想」という言葉からは何が思いつくだろう? 当グループ、「IFAA」では「幻想芸術」をくくりに、若い作家からベテランまでが所属している。それは様々な人間が集まっている当グループの展示会であるからだろう、作家それぞれ、多種多様の「幻想」の表現を見ることが出来た。
 話を戻すと、「幻想」とはどういうものだろう?
 辞書には、

げんそう ―さう【幻想】
現実にないことを思い描くこと。また、その思い。
「―をいだく」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

と、ある。
 幻想とは現実にないものの空想、と世の中では定義されているようである。現実にはない空想。それは、より一層作家の作家性が表れるテーマであろう。見る側にとっては、作家の頭の中を切り開き覗くイメージ、といったところか。

 今回の「IFAA」展示会は通算第4回目にあたる。
今回の展示で、私見として目立っていると感じたものは女性作家のエネルギーの強さだった。若干二十一歳の画学生や、多岐にわたって活躍幅を広げているCG作家など、比較的若い年齢の作家やベテランの域に達した作家などの女性の活躍が目立った。

 男性と女性の違い。男性と女性の「幻想」の違い。ここに今回は注目したい。

fly2

 とある画家が以前言っていた言葉だが、「女性作家は子供の妊娠、出産で作風が一気に変わることがある」と言っていたのを思い出した。女性には生理がある。その経血を毎月、大方の女性は目にしなければならない。特に若い女性作家の多い当グループでは、それを目にしなければならない作家が多いだろう。女性は、それによって現実と対峙しなければならない。そんな女性の描く「幻想」と男性の「幻想」。ここには大きな違いがあるように筆者は思う。女性の生理は、自然の摂理の一つだ。女性は、常に自然の摂理に抱かれ生きている。今回の女性作家の作品は、エロスもタナトスも振り切っていった、「自然」の中の一つであるようなエネルギーに満ちていたように思う。その作品は「死体」に息を吹き込まれて、棺を抜け出た、いわばその作家の子供であるかのように、世界の、自然の摂理の一部と化している。

 一方男性作家の方は、というと、インナーワールドとでも言おうか作家自身の世界の広さで完結している。一見エネルギッシュに見える幻覚的作風の作家さえも、その実は自分の世界の一部を切り取った作品であるように思う。もちろん、それは作品の価値を下げるものではない。むしろ、作品のクォリティにとって最も重要なものである。神経症的でもあるような、男性作家のその世界の構築は、どこまでも緻密に作品世界を紡ぎ上げる。そしてそれは、見る側に窒息と眩暈を起こさせるような世界、完成度を誇る。

if2

 女性作家の「幻想」は息を吹き込まれて、やがて自然の世界に同化するだろう。男性作家の「幻想」はどこまでも深く、作家そのものを体現していくだろう。

 「幻想」は現実にないものであることは先に記述した。「死体」も現実世界ではメディアから周到に隠され、基本的に無いかの如くされたものである。だから見る側は、美術作品に「死体」のような印象を受けるのかもしれない。
 だが、今回の展示会に至って「幻想」は、社会のそれを超え「世界」を内包する、新しい世界の接触への試みのように感じた。

                        (矢野沙織/美術評論)
photo by gradiva.inc - -

Fantastic Art Show-Tokyo-2008/餞(はなむけ)

 ウィーンのルイジ・ラスペランザから今期Fantastic Art Show-Tokyo-2008/幻想芸術展-東京-2008に向けて公けのメッセージが届いたので以下に示す。

ルイジラスペランザ

Dear Shoji,

Thank you very much for your email. I am pleased to hear that there is another exhibition , this time in Tokyo.
I hope it is going to be a big success.
Good luck to you and all the participiants! Please say hello to all artists I've met during my stay in Kyoto.
Thanks for putting "Papagenokopf" on the invitation front page.
As soon as there is any feed-back, please let me know.

Very kind regards from Vienna,

Mag. Luigi La Speranza
Akademischer Maler

親愛なるショウジ

電子メールを大変ありがとうございます。今回、東京にもう1つの展示会があるということを耳にして嬉しく思います。
私はそれが大成功となることを希望します。
あなたと皆様に幸運を! 京都で私の滞在中に会ったすべての芸術家に「こんにちは」と言ってください。
案内状の表紙に「パパゲーノ/Papagenokopf」を置いてくださって、ありがとうございます。如何なる評判も、どうか私に知らせてください。

 ウィーンから親愛なる挨拶を。

絵画アカデミー学士ルイジ・ラスペランザ

Mag. Luigi La Speranza
Akademischer Maler

A-1070 Wien, Siebensterngasse 9
luigi@lasperanza.com
www.lasperanza.com


付記:

 因に今回レオ・プロウの作品展示は、アトリエをベルリンに移転中であることと、作品が大作である理由から間に合いませんでした。次回IFAA展にて、再度東京で大きくフューチャーすることを当人と約し、見送りとなりましたことを、本記事を持ちまして御報告申し上げます。

IFAA代表 田中章滋
photo by gradiva.inc - -

Fantastic Art Show-Tokyo-2008

 絶賛開催中。この9月13日(土)午後、会員の多くが集合予定となっております。作家にお声を掛けたい方は是非この日にお出掛け下さい。

fly.ifaa
Fantastic Art Show-Tokyo-2008

幻想芸術展-東京-2008

2008/9/9(火)〜9/14(日)
10:00〜18:00(入館17:30迄)初日13:00より最終日16:00迄

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 馬場京子 渕岡康子 萩原ヤスオ 白翠皇夜
イヂチアキコ 伊豫田晃一 井関 周 稲垣恭子 佳嶋 勝 國彰 北 和晃 古賀 郁
近藤宗臣 小山哲生 桑原聖美 前澤ヨシコ みどり根子 ミヤケ千夏
桃田有加里 森 妙子 中川知洋 長島 充 及川晶子 大久保瞳 大竹茂夫
大手京子 坂上アキ子 坂本智史 佐々木六介 佐藤恭子 レオ澤鬼 セガワ智コ
椎崎祐子 外原 俊 輔老はづき 鈴木勇人 高田美苗 武田充生 田中章滋
たつき川樹 山地博子 若林さやか
ゲスト出品/ルイジ・ラスペランザ レオ・プロウ

会場 世田谷美術館区民ギャラリーB

〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2

The Setagaya Art Museum
1-2 Kinutakoen Setagaya-ku Tokyo Japan
TEL/03-3415-6011
photo by gradiva.inc - -

『黒の美術館その1』

「ルドンの黒」展              長島 充

ルドン1

 2007年8/24 先週末、酷暑が一日だけゆるみ仕事のくぎりがよかったのでひさびさに都内の美術館めぐりをした。

始めに向った先は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「ルドンの黒」展へ。
オープン前からずっと行きたいと思っていてようやく見に行くことができた。

ヨーロッパの幻想絵画の系譜の中でもっとも影響を強く受けた画家を5人あげなさいと言われれば北方ルネサンスのヒエロニムス・ボス、ペーテル・ブリューゲル、時代を下ってウイリアム・ブレイク、現代のエルンスト・フックス、そしてこのオディロン・ルドンである。
20代から精神的にも技術的にももっとも影響を受けてきた「幻視者」ということになる。特にブレイクとルドンは版画制作が中心であった僕は強く影響を受けた。

ルドン3

会場に着くと中はひんやりとして心地よく真夏の都内は美術館めぐりに限る。
予定より遅く起きて11時過ぎに着いたので混雑を心配したが
意外にも空いていた。

ルドンの銅版画の師匠でありこれも僕の大好きな版画家ロドルフ・ブレスダンから影響を受けていた初期エッチング作品から始まり「夢の中で」「エドガー・ポーに」「起源」「聖アントワーヌの誘惑」などなど・・・石版画集の名作がずらりと並ぶ。いずれも深く内面にうったえかける光と闇のモノクロ表現で溜め息が出てしまう。
19世紀のパリと言えば版画芸術と版画入り挿画本の隆盛期である。

ルドンの生きた19世紀のパリは印象派と同時代。モネの「睡蓮」やゴッホの「向日葵」と同時代になぜこのようなオリジナリティーの強い特異な幻想表現が生まれたのだろうか?
それは彼の孤独な生い立ちや放浪の銅版画家ロドルフ・ブレスダンとの出会い、ルネサンス絵画や東洋美術からの影響、ポーやボードレールなど西洋の闇の文学世界への傾斜、そしてダーウィンの「進化論」、微生物学者ルイ・パストゥール、植物学者アルマン・クラヴォーといった同時代の生物学者からの影響がうかがえる。

つまり当時の現代美術の中心的存在であった印象派の画家たちが外光と色彩の分析を科学していたこととは全く異なる世界観や自然への視点、画家としての資質を持っていたのだ。
今回「黒」がテーマの展示で他に木炭画が展示されていたがこれがまた良かった。石版画の印刷インクで刷られたハイコントラストの調子とは違って限りなく柔らかい灰色を見ることができた。ルドンは黒に色彩を感じさせることができる数少ない画家である。

ルドン2

最後のほうの部屋に数は少ないが油彩による風景とパステルによる花の作品が展示されていたがここにも黒の世界で会得してきた豊かな色の諧調を見ることができた。

ルドンは50歳代半ばまでストイックな黒の世界を木炭画や版画の世界に追求し続けた。
そして油彩やパステルなどの色彩世界を本格的に制作し始めたのが60歳を超えてからというのだから驚嘆する。
しかし改めてこの黒の世界を俯瞰してみるとすでに石版画の黒に埋没していた頃からこの画家の内面には晩年の色彩へと繋がっていくプログラムが用意されていたのだろうと感じる。

会場をでてグッズ・ショップに立ち寄ると長らく絶版となっていてプレミアムがついていた名著の「私自身に」(みすず書房)がこの秋に再刊されると書かれていた。画家自身の自叙伝でルドンの内面世界を知りたい方にはお勧めの1冊!!

最後にこの200点に及ぶコレクションは全てルドンのコレクションで世界的な名声を誇る岐阜県立美術館のものだという。「よくぞ集めてくれました!!」と拍手を送ります。

「ルドンの黒」展は今度の26日(日)までまだ行かれて無い方はぜひ足を運んでいただきたい展覧会です。

画像上から1914年のルドンのプロフィール写真、R・ワーグナー楽劇より石版画「パルジファル」、石版画集「ギュスターブ・フロベールに」より「死神」。

黒の美術館はこの後、目黒に移動しその2に続きます。
               
               (執筆者:長島充/画家.版画家)

付記:当稿は昨年より長島充氏によって、私的に書かれた版画家達へのオマージュセリの再録である。セリ全篇の転載許可を得て、当Blogにて不定期連載していく。
                 
              
photo by gradiva.inc - -

たつき川樹個展『夢見る女』

たつき川樹個展『夢見る女』(2008.8.4取材)

イツキ

今日は大阪・中崎町にあるギャラリー「いろり村[89]画廊」まで『「夢見る女」展〜水彩作家たつき川樹の世界』を見に行ってきた。
たつき川さんは以前京都のギャラリー同時代でも行なわれた「IFAA〜国際幻想芸術協会展」にも参加しておられて、私も次回からこのグループの展示に参加する縁もあり、ミクシィでも作品を見た事があったりで知り合ったのだが、本格的に個展という形で多くの作品を見るのは初めてだし、楽しみだった。
今回の展示作品はたつき川さんが雑誌に投稿していた時代の作品も含めて大小様々な作品が展示してあったが、その幻想的な人物像の描き方は本当に独特だし、何より目の描き方が美しくもありグロテスクもあるような奇妙な個性を放っていて凄く印象的。
それから装飾部分の細密な描き込みはまさに私好みだったし、白を抜く部分とのバランスが絶妙にうまくて、ペン画作品も多く手掛ける私自身も凄く参考になったり、カラー作品にしても色の使い方が非常にウマくて最近作は鮮やかな魅力があり、昔の作品は深みのある渋さやダークさを持った魅力がある。
昔の作品は今回限りという事で値段もかなりリーズナブルに設定されていて私でも買える値段だったので1点入手したが、こんな高いレベルの作品があんなに安く入手出来るなんて凄く得した気分だったし、展覧会としても非常に得るものが多いもので行って良かったと思う。

イツキ2

それにしてもギャラリーに入ってしばらくしたら幻想画家の大竹茂夫さんが入ってこられて驚いた!
何故か大竹さんとはよくこういう展覧会で会う機会が多いが、今回も大竹さんが虫やナマズを食べた話とかまたもや面白い話が飛び出して楽しかった☆

                 (執筆者:近藤宗臣/画家)
photo by gradiva.inc - -

Fantastic Beast展に寄せて 〜「怪物」の居る場所〜

Fantastic Beast展に寄せて 

〜「怪物」の居る場所〜

fb     

Fantastic Beast。
直訳すると「幻想的な怪物」とでも言おうか。
「怪物」―。怪物とはどういったものだろう?
まず、私は「怪物」を「社会の異端者」と定義したい。
その視点から、本展覧会を語りたいと思う。


まず黒木こずゑ。
氏の描く「怪物」は皆未成熟な子供たちである。
ここで注目したいのは、本来社会というものは大人の主権のものである。
だが、黒木の描く世界の覇者はメルヘンチックな未成熟の怪物―。
そう、子供たちである。


次に村田らむ。
氏の描く「怪物」とは欠損した奇形の生物だ。
穴のあいた手に、くしゃくしゃに老化した赤ん坊・・・。
穴だらけの体で笑う「怪物」には奇形の美しさを感じた。

kasima佳嶋

また、対照的な二人の作家の作品について言及したい。
まず、青木典子と佳嶋。
前者の描く世界は非常に、性的なまでに肉感的である。
ところが、佳嶋のそれは非現実の美しさの世界だ。
青木の作品は、男根を想像させる直接的な性を感じさせる作品が多い。
普通一般社会において、直接的な性は表向きには「排除」されている。
これもまた、「怪物」なのだ。
そして佳嶋。
佳嶋の世界の住人は、社会には収まりきれないほどの美しさを放っている。
美しすぎる生き物たちもまた、「怪物」なのだろう。

koyama小山哲生

leofbレオ澤鬼

次の対照的な二人の作家は、小山哲生とレオ澤鬼。
二人の作家の主なモチーフは「女性」であるが、
前者の女性にはセックスアピールが少ないのに対し、
後者のそれには禍々しいまでにセクシュアルである。
詳しくそれぞれについて説明しよう。
小山哲生の作品の女性たちは、宝石の輝きに閉じ込められた、まさに幽閉された女性たちである。
幽閉されたそれは、時間を経ることなく、ただひたすらに一瞬の美を放つ。
時間を超えたそれもまた「怪物」なのであろう。
レオ澤鬼の作品のほとんどは、巨大な乳房をたたえた女性たちである。
溢れんばかりのセクシュアルな美に見る者は倒錯するだろう。
これは前記の青木とも共通するが、収まりきらない性は社会には排除される。
これもまた、「怪物」である。

そして田中章滋。
田中章滋の描くモチーフの多くは神や勇者といった、人に崇め奉られる存在である。
人々に崇め奉られるもの、それは、社会を超越する。
超越してしまった存在もまた、「怪物」なのではなかろうか?


ここまで、7人の作家、それぞれの「怪物」について言及した。
それでは、怪物のいる場所とはどこだろう?
まず黒木、子供。村田、奇形。青木、レオ澤鬼、直接的なセックス・シンボル。
佳嶋、美しすぎる生き物。小山哲生、時間を超越した者。田中章滋、神。
これらの存在は、「社会」には存在はしていない。
だが、あなたはこれらのどれか一つは必ずや遭遇しているのではなかろうか?
そう、「社会」を外れたところに「怪物」は存在する。
では、「怪物」の住む世界とはどんなところなのだろう?
そして「Fantastic Beast」。
幻想的な怪物。
もうおわかりだろう。
社会を外れた幻想世界に怪物は存在する。
言い換えれば、社会を外れれば、幻想世界に埋没することが出来る・・・。
もしあなたが「社会」に疲れたのなら、絶望したなら。
一歩「社会」を外れ、埋没してはどうだろうか?
「怪物」たちの住む、幻想世界に・・・。

               (執筆者:矢野沙織/美術評論)
photo by gradiva.inc - -

◆90.Review

“『IFAA第三回展 幻想芸術展−京都−』に見る、表現の追求”

                    縫采 徹

 別に今回のレビューで、「純粋でなければならない」とか「表現とはかくあるべきだ」という類の論法を振り回すのではない。
 個人的な立場としては、幻想美術という古くさいながらもその本質を捉えているジャンル名で、経験多いプロやこの道に進んで浅い若人が一堂に会して作品発表ができること自体喜ぶべきだと思っている。それも決して、玉石混交と安易に切り捨てられるものでもなく。

dada

 会場の同時代ギャラリーは、ご存じの通り1928年立の一見して古めかしい建物と感じられる要素が随所に配されている。その内部にズラッと並ぶ41名の作家の作品達は、建物とマッチして在りし日のサロンの空気すら感じるようでもある。
 出展作品群は個々の表現とは別に技法も多様であり、中心となっている油絵・テンペラ技法の他には、日本画・版画・高解像度CGプリント・磁器・写真等といった作品も「“幻想美術”のカテゴリーに外れないもの」であるという条件であれば展示されている。
 私個人は、幻想美術のほとんどは絵画表現がそれだという念頭もあって、展示物をじっくり見るたびにいささか衝撃を受けていたものである。個々人の中に息づく哲学・感性・世界・創造性、それらを目の当たりにして初めて、IFAA(アイファ)が幻想美術というカテゴリーに対して真摯であると実感したのである。

dada3

 「失われた10年」と幻想美術について、IFAA会長・田中章滋氏は引用を元に形容されていたが、現代美術の大きな流脈の中ですら、シュルレアリスムの先駆と衰退によって永く永く継がれてきた血統は。確かに一時社会から消えたかに見えた。が、決してそうではなかった。
 確かに、一時期“絵画”は先進現代美術の立体感やドローイング・後のスーパーフラットを前に衰退した時期もあった。が、その間も自らの純然たる意思で続けられていた個々の作家活動が、幻想美術というカテゴリーを保存し続けてきたのである。

dada2

 幻想美術は、個々人のイマジネーションを表現するということで、純粋美術の代表格と言えるのではないだろうか。
 基本的には、個々の想像力に任せた世界観の表現を主軸とし、具象・写実的表現に基づく空想世界観や哲学的概念・神話的世界の描画・造形によっている。そのため、細かいジャンルを知らなければ、シュルレアリスムと混同してしまう・・・というのも話に聞く。

dada4

 田中氏に、確認の意味もこめて、幻想美術がどの分野を内包しているのかと尋ねたところ、「ヴィジョナリー(幻視的)・アート、シュルレアリスム(超現実主義)、ファンタスティック(空想的)・アート」という回答をいただいた。作品としての境界線はあいまいかもしれないが、これらはそれぞれ思考の経路などで差異がある。
 今回の展示も先に述べた3つのカテゴリに分類できそうであったりそれらを包括している展示ばかりだった。

 現在39名のIFAAの会員は、今後も紹介や公募などでメンバーを増やしていくと、田中氏より伺った。現在世界に幾つもある幻想芸術のグループと交流展示などを通じて1つのグループとして合流し、様々な場所で幻想芸術の展示会をとり行いたいという言葉も出、毎回、海外から作家を招待しているのはそのためでもあるとも言及された。

 今後も段階的に活動と公開と発展の体制を整えつつある団体・IFAA。
 ゆらめき言葉の煽動によって動くことも充分あり得る現代美術界の中で、未だになおその脈動を感じながら、伝統と現在とを調合し続けているこの団体の試みは、無邪気ながらもなお誠実で好い意味で野心的であると思うのである。
 伝統的に、決して時代を率いることのない美術分野。しかし、ある意味で純然たる美術分野とも捉えられるこの幻想美術こそ、私たちの無意識にイメージしている(“アートの世界”ではなく)“美術の世界”そのものではないだろうかと、今回の展示を見ていてそこはかとなしに思ったのである。 (photo by Toru Housai)

photo by gradiva.inc - -

◇89. 御礼

◇御礼

 最早旧聞となってしまいましたが、この4月1日から4月6日に渡って同時代ギャラリーにて行われましたFantastic Art Show-kyoto-2008、御陰さまを持ちまして、IFAA始まって以来の大盛況となりました。皆々様に厚く御礼申し上げます。またレセプションパーティーでは多士済々御参集下さいまして、誠にありがとうございました。外国ゲストの方々も、古都京都を存分に満喫し、日本が幻想芸術の知られざるメッカであるとの感想を洩らしつつ、無事帰国なさいました。
 AOI並びにBeinart.orgと今後より濃密な交流事業がなされる契機ともなりました。レオ・プロウ、ルイジ・ラスペランザ両氏には9月開催予定のFantastic Art Show-Tokyo-2008でも新作を発表すると約束して頂きました。
 
 今後共、本邦初の幻想芸術団体IFAAの動向に何卒ご注目下さいませ。

                       IFAA代表 田中章滋 識

ifaa.kyoto
photo by gradiva.inc - -

◇88.告知

◇告知

IFAA主催『幻想芸術展-京都-2008』

FANTASTIC ART SHOW-KYOTO-2008

レセプションパーティー

本日(4月5日)夕5時より8時まで、レセプションパーティーを催します。お近くの方は気軽にご参加下さいませ。在廊予定作家は画像の通り。
nafuda

2008年4月5日(土)

パーティーpm5:00〜pm8:00

同時代ギャラリー

〒604-8082 京都市中京区三条御幸町南東角
1928ビル1階 同時代ギャラリー 
Tel/Fax (075) 256-6155
1928 bldg,Sanjo Gokomachi,Nakagyo-ku Kyoto

http://www.dohjidai.com/

尚以下Webラジオにて展覧会CMブロードキャスト中。

放送▼

FM79.7 毎月第2・4金曜日23:00〜23:45

サイトでも放送が聴けます▼

http://radiocafe.jp/wave/wavefactory.swf

nafuda5
photo by gradiva.inc - -

◆Leo Plaw,Anja Brinkmann,Luigi La Speranza

boch

ベイナート・オルグ

http://beinart.org/

「今後私達は世界のあらゆる都市で会うことになるだろう」、そう言ってレオ・プロウのアトリエを辞してから半年が過ぎようとしている。今期京都でのIFAA展に、ルイジ・ラスペランザとレオが初めて訪日し、IFAAメンバーと会期の一週間を共に過ごす予定となっている。レオのガールフレンドのアニャ・ブリンクマンも共に来日する。今期アニャは出品には至らなかったが、彼女もベルリン在住の幻想画家である。



レオ・プロウ Leo Plaw

leo

http://leo-plaw.guildmedia.net/

アニャ・ブリンクマン Anja Brinkmann  

http://www.anja-brinkmann.net/

ルイジ・ラスペランザ Luigi La Speranza

luigi

http://www.lasperanza.com/

 春の京都は櫻の真っ盛り。初め気軽に古都の物見遊山を楽しんで貰おうと思って誘ったものの、観光シーズン酣の京都は、宿の手配から何から、難渋を極めた。外人向けの施設に半年も前から予約が入っていて、当初、何かの国際会議でもあるのだろうかと訝しんでいた実態が、花見だったとは恐れ入った。
 幻想画家に特化した国際交流、この動向は嘗てシュルレアリスムが世界規模のムーブメントであったことを、彷彿とさせるものだ。今世紀を迎えてより、不肖筆者がインターネット上で垣間見た世界の数多のシュルレアリスム後継サークルや幻想芸術サークルの離合集散の果ての大同団結、そこに何故日本が加わっていないのか、疑問に思う内、何時の間にやら自ら手を挙げていた。南アフリカの研究者クリスチャン・デ・ブークの働きかけを受けたAOIの成立、そして、ヴィジョナリー・レヴュー誌によるオ−ストラリアでの「幻視者」を銘打った大きな展覧会、軈てオ−ストラリアのベイナート・オルグの台頭を見るに至って、遅蒔きながらIFAAがそこに合流しようとしている。ベイナート・オルグの設計者にしてヨーロッパ特派員でもあるレオ・プロウがキーマンである。
 「オ−ストラリア人は広大な国土で、人生の大半を旅している。望むところだ」、そう応えてくれたレオとは、今年の11月にもパリかロンドンでの再会を約している。IFAAの海外展を手助けしてくれるというのだ。エキサイティングこの上ないとも言う。画家の身でオーガナイザー気質に長けている点、鏡を見る思いだが、「レオは力強い男だ」とルイジも絶讃している。

 レオが気を利かして、ベイナート・オルグにIFAAと筆者の存在を大きくフューチャーしてくれた。以来、ロシア人から参加希望のメールが来たり、国内作家からも問い合わせが引きも切らない。以下がその紹介文の訳である。

 「アウトサイドでは、日本人は偏奇なものや、奇怪なものに魅了されるという評判が長くあった。

 日本の詩人滝口修造が、シュルレアリスムを日本に最初に導入し、1965年、彼はサルバドール・ダリを訪ねている。そして、彼の名はアンドレ・ブルトン編集の「シュルレアリスム簡約辞典」にも見ることが出来る。多くの日本の幻想芸術家は、彼によって多大な影響を受けている。

 2002年に、日本のアーティスト田中章滋は、AOIとその後のBeinart.org.を発見した。日本では幻想芸術のギャラリーが乏しく、彼らはギャラリー以外の出会いを求めて、 International Fantastic Art Association(IFAA)をまとめたということである。少数派ではあるが、良いコレクターと多くのファンも存在するとのこと。以下が彼の伝えるところである。

 日本の幻想芸術家達は、孤立して活動しており、ネットワークがなかった。それゆえ、協会をつくる必要があった。年長のアーティストはネットワークに関心がなく、協会のメンバーは中堅と若いアーティストで構成されている。日本には潜在的に幻想、シュルレアル、ヴィジョナリージャンルで活動している世に容れられぬ多くのアーティストがいる。IFAAは彼等を発見したいと考えている。

 協会の優先課題は、毎年の展覧会開催である。2008年4月の京都展で第3回展を迎え、過去に二つのショー(2006、2007)を行っている。国際的な関係を築く意図で、協会は毎年1人か2人の外国アーティストを迎える予定である。AOIとbeinArt.orgのようなウェブサイトは、我々に世界中に存在する才能の富を見せてくれた。
 IFAAも、ウェブサイトhttp://ifaa.cc/ifaa/index.html.を持ち、それは進化している。年末までに日本語と英語を完備することを望んでいる!
 我々はまだ組織として発展過程にある。幻想芸術の世界的組織の成長を目指しながら。シュルレアリスムがそうであったように、これは歴史的行為である。」
photo by gradiva.inc - -

◆ Fantastic Art Show-Kyoto-2008

予告

◆幻想芸術展-京都-2008


2008年4月1(火)〜4月6(日)

pm12:00〜pm7:00最終日pm6:00


同時代ギャラリー

〒604-8082 京都市中京区三条御幸町南東角
1928ビル1階 同時代ギャラリー 
Tel/Fax (075) 256-6155
1928 bldg,Sanjo Gokomachi,Nakagyo-ku Kyoto

http://www.dohjidai.com/

photo by gradiva.inc - -

◆85.フリッツ・ヤンシュカ

◆フリッツ・ヤンシュカ

jan

 アルベルト・パリス・ギュータースローに習い、ウィーンアートクラブに属し、ウィーン幻想派第一世代であるにも係らず、常に影の薄いフリッツ・ヤンシュカ。初期の作品には明らかに幻想性というか、ナイーブな要素が見られるが、徹底的に地上的で、その後、ドローイングや水彩が多くなり、ゲオルグ・グロッスやジュール・パスキンのような世界観を描くようになって、何処が幻想派なの? といった経緯を辿ったせいか。

jan2

 それなりに面白いのだけど、ギュータースローの非嫡出子であるヴォルフガング・フッターよりも、余程ウィーナーブルート(ウィーンっ子の血)を感じさせるギュータースロー寄りの絵なのだけど、仲間外れ。

 jan3

 最近、「幻想」などというのは曖昧な概念で、捉えどころがない、と或る評論家のご託宣に触れ、心外に思ったりしてみたのだけど、詩が詞に凌駕され、四次元よりも現実の方が遥かに複雑怪奇で、にしても単純極まりなく、危機だ危機だと嘘ばかり言われ、前世紀の狼少年共の御陰で本当の危機が何なのか判らなくなった所で、ガラガラポン、それが幻想のいいところと思ってみたり致します。ブルトン先生も言ってるではないか!「美は戦慄的だろう。さもなくば存在すまい」、あるかどうかも判らない、もともと曖昧模糊な捉え難きもの。「さあ、私が捕まえますから、屏風から追い立てて下さい」。と言うや否や虎に喰われてしまっている一休禅師みたようなもの。あら、ヤンシュカは何処行った?

jan4




photo by gradiva.inc - -

◆84.ア・シーアン

◆ア・シーアン

a1

 北京オリンピックに向けて、様々な日中友好ムード作りやアジアを廻る芸術交流企画が盛んに行われている。最早、ロシアのみならず、グローバリズムの趨勢は全人類を上げて富の追求にのみに向けられ、昔日の「黄禍論」何処と思わせるが、ことはそれほど単純ではない。ア・シーアンは天安門事件で亡命を余儀なくされた女流アーティストである。

a2

 ここでは極力ポリティカルな発言は控えたいが、国策といっていい文化振興事業によって、更に弾みのついた中国現代美術バブルにどういう位置づけを与えるべきか、筆者は皆目解らない。歴史性から言えば、中国文化の潜勢力はロシアを凌ぐとも劣らないが、こと芸術に関しては、必ずしも和製英語でいう「グローバルスタンダード」のようなスケールで推移していくとは申し難いからである。現代美術、即ち「生もの」の謂。

a3

 現在ア・シーアンはシドニーに住んでいるが、豪州は何処の都市もチャイナタウンを形成する華僑を含め中国人が多く滞在し、或る種オーストラリアンドリームのような案配で、成功している中国人アーティストも稀でない。ア・シーアンの仕事を見ると、陶芸というお家芸とも言える伝統に自由な解釈を与えているように見えて、実はアイデンティティの深い要請に従っているように見える。それが家郷の喪失に根ざしたものであるというと、深読みに過ぎるかも知れないが、古来、「チャイナ」とは中国を意味すると同時に「陶器」のことを指していた。トルソへの染め付けという手法自体が、抜き難い中国人の誇りと危うさを同時に表明しているように見える。

a4

 ともあれ、豪州は何処も陶芸やアートが盛んであり、美術教育にも熱心なことから、今後アボリジニアート以外の、国籍を問わぬ多くの才能が輩出し続けるであろうことは確かなことだ。

a5
photo by gradiva.inc - -

◆83.オルガ・ドゥギナ&アンドレイ・ドゥガン

オルガ・ドゥギナ&アンドレイ・ドゥガン

o&a1

 ギリシャでゴッホのデッサン帳が見つかったそうである。真贋調査中だというが、本物なら時価6億円に相当するとのニュースに、嗤いを禁じ得ない。偽物なら徒では済まぬだろう。そこに関る鑑定の様々な経費一切、大いにマイナスで、すわこれは!と色めき立った関係者全てが落胆するは、失望するは、恨めしく思うは、残念大会間違い無しなのである。部外者には皮相で時に滑稽とすら感ぜられるのが文化の諸相。

o&a2

 コンビ画家をここで取り上げるのはお初ではないが、オルガ・ドゥギナ&アンドレイ・ドゥガンは夫唱婦随のイラストレーターである。本の仕事をするときは、大概二人なのだが、個々にサインをする作品もあって、傍から見ると実に紛らわしい。漫画やアニメなら分業体制が当たり前なのだが、個に収斂していく絵画のオリジナリティという圴に付加価値幻想の世界では、マイナス要因でしかない。

 o&a3

 商業美術だから、当然、「絵本」という間尺に合わせるべく仕事をしている訳で、別段他の規格を当て嵌める必要もなく、これは余計なお世話。そもそも作品の成立からその維持管理まで含めると、他者が介在しないものなどこの世には一つもないし、時代が下れば下る程、古典ブランドは限りなく工房作品なのである。

o&a4

 アンドレイ・ドゥガンは1955年モスクワ生まれ。モスクワスリコフ学院(イラストレーター養成出版社)卒。妻のオルガ・ドゥギナは1964年モスクワ生まれ。モスクワ芸術大学卒。夫婦共にグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動。現在、ドイツに在住。

o&a5


 ここで紹介している画像の多くは"The Brave Little Tailor "の挿絵です。amazon.co.jpで買えますし、全国の洋書販売店の童話コーナーに置いてあったりもします。
photo by gradiva.inc - -

◆82.イリナ・ザイツェヴァ

イリナ・ザイツェヴァ

イリナ1

 これはやられてしまった感。イリナ・ザイツェヴァのグロテスク陶芸。用の美から離れた自由造形の陶芸作家というと、日本でも三輪龍作が居るが、イリナ・ザイツェヴァのこのアプローチは、そのものずばり黄金宮殿ドムス・アウレアの装飾様式から抜け出て、エルミタージュを経由し、最早、何ともいえぬいい味。

イリナ2

 どれもこれも意表を突いた造形と絵付けが素晴らしい。

イリナ5

 オブジェとしてとか、コンセプトがどうとかよりも、これはもう、どうしようもなく欲しくなる産物である。大文字の芸術とか、工芸が成り済ます現代美術など軽くスルーされている。驚嘆すべきである。そう思えてしまう。筆者としては奇妙な敗北感のようなものすら感じてしまうが、こういうのを日本語で瑰麗奔放というのだ。

イリナ3

 イリナ・ザイツェヴァは1957年、モスクワ(ロシア)生まれ。モスクワ美術学校卒業。ボストン、ニューヨーク、その他欧米各地で展覧会を持ち、数々のアワードを受賞している。



追記:イリナ・ザイツェヴァ大人気。要望が多いので、更に画像追加。

イリナ4
photo by gradiva.inc - -

◆81.ピエール・キャロン/そして懐古趣味

ピエール・キャロン/そして懐古趣味

キャロン1

 ピエール・キャロンの名を聞くと、パリ・エコール・デ・ボザール(パリ芸大)油絵科及びデッサン科に70年代後期に籍を置いたことのある日本人留学生は、懐かしく思うであろう。彼の名は知る人ぞ知るといった風情で、学内に蟄居したかの先達、あのギュスターブ・モローに準えらえる者も居た。即ち製作はしても滅多に発表しない点で伝説の人の印象であった。

キャロン2

 と申してもこれは30年前の話である。そのピエール・キャロンが何時の間にやらアカデミー・デ・ボザール(芸術学士院)の学士になっているのだから、将に隔世の感ーーーその30年前、サルバドル・ダリが矢張り鳴り物入りで学士院入りしたフィガロとル・モンドのニュースが、今も筆者がフィゲラスで買った彼の画集に挟まっている。齢75にして浮世では絶頂の誉、なれどその僅か三年後に死去するガラと共に出席した公式の席では、メメントモリもかくやといった老いさらばえた姿を曝していた。余談に走るがお許し願いたい。ガラ亡き後「ガラテアの塔」で十年雌伏し、病の床で火事に見舞われた姿は、更にゾンビのように浅ましくなり果てていたであろう。あれほど執着した「不死」の研究はどうしたのだ? と担板漢の若者だった筆者を大いに落胆させものだ。
 因にジャン・コクトーも列していた学士院会員になると、叙勲とともに、三銃士よろしくアイテムとして剣を帯びる習わしとなっている。中には日本刀などを選ぶ者もあって、秘密結社の儀式じみている所が、「ダ・ヴィンチコード」にパロディ化されている節がある。以下アカデミー・デ・ボザールURL.。

http://www.academie-des-beaux-arts.fr/

キャロン3

 バルチュスの助手であったピエール・キャロンの経歴を知れば、その師のバルチュスの教えの通りに現代美術に背を向けて精進これ怠らなかった、と受け取る事も出来る。パリ芸大ではウラジミール・ヴェリコヴィッチ(キャロンに同じく学士)が有名だが、令名高きバルチュスに肖りたいとキャロンのクラスを志望する学生は多かった。が、余程デッサンの基礎が出来ていないと、入れてもらえない。学力偏重で、決して能力主義とは申し難い我が邦美術大学教育制度とは、およそかけ離れているのが、ヨーロッパの美術大学である。生徒の能力審査は教授の自由裁量。学力不問。ヴェリコヴィッチに至っては、能力が高いと見るや、学籍もなく、不法入国した者にさえ教えていた程であった。
 ミュゼオロジーなどという畑違いで道を誤りかけた筆者が、何故キャロンのクラスに詳しいかというと、途方もなくデッサンが達者な日本人女学生がキャロンのクラスに居て、IFAAの同人であるTaeko Mori(森妙子)の友人だったからだ。
 彼女の名はSetsuko Nakajima(中島世津子)。何年か前に私的にオマージュを捧げた文章があるので、それを引こう。

中島1
                         Setsuko Nakajima画

 「今を去る26年前、パリで邂逅した中島世津子はエコール・デ・ボザール・デッサン科で最も卓越した画学生であった。彼女の引く線は、どうしたらこんなしなやかな、それ自体が生き物であるかのように驚嘆すべき線を描けたものか? と皆眼を丸くするような闊達さを示していた。言わば極上の手技である。案の定、彼の地で次々と賞を総嘗めし、未来が約束されていた。
 不幸にしてある事件に遭遇し、心に病を生じて帰国。以来、ミニマムな日常と心象を溶け合わせたような静かな絵の世界に棲んでいる。ナチュール・モルトは<静物>と訳すが、彼女の今の絵は逐語訳で<自然の死物>としたくなる程静謐で、まるで聖画のようだ。そして今も滅法上手い。後学の私など一生引けぬデッサンだろう。画家の掌(たなごころ)から檸檬が自由落下し陶の器の淵に沿って、つつっと収まっていく様が見えるだろうか? これは瞬きの絵画である。日頃、幻想絵画にばかり偏した私だが、これが分からぬようなら、絵についてめくらも同然。」
 彼女の作品の一端は以下の書物の挿画でも垣間見れる。

 ウニカ・チュルン著「ジャスミンおとこ」(みすず書房)
 R.D.レイン/A.エスターソン著「狂気と家族」(みすず書房)
 R.D.レイン著「家族の政治学」(みすず書房)

 さて今回、あれこれとイレギュラーな記事となった。バルチュス、ピエール・キャロン、そのまた子弟へと受け継がれていく反時代的といってもいい絵画の作法の一端を示すべく、為した文言でもある。悪しきエピゴーネンなる言葉もあるが、流派が悪なのではなく、単純比較でしか質を問えないものの見方こそ諸悪の根源である。見る側も作る側も。
 権威主義、セクショナリズム、浮世のしがらみ、時代の偏頗、そんなものは通用や流通の虚妄の産物なのであって、美とは何の関わりもないのは当然のこと。但し、ミューズは人間諸価値の中で、最も迅速にあらゆる人、場所、物に顕現する。故に、「不合理故に我信ず」と言ってみる。

 最後に蛇足。昨今南仏はマントンなどで盛んに古典絵画技法セミナーなど行っているプロフェッサー・エルンスト・フックス氏、ダリをひそみに虎視眈々とアカデミー・デ・ボザール入りを狙っているらしい。
photo by gradiva.inc - -

◆80.ホルヘ・カマチョ

ホルヘ・カマチョ

 幻想芸術には抽象表現主義はないのか? ここは具象傾向の作家ばかりではないか? と問われれば、誠にその通り。敢えて言えばここでは無機的な記号表現も、音楽の韻律に準えられる色面構成に偏する作家も差別的に扱っている。何故なら、幻想芸術にはファウスト的な、円還する時間空間との対抗といったテーゼが必要不可欠だからだ。
 "Verweile doch! Du bist so schon."(時間よ止まれ、お前は余りにも美しいから)と唱えつつ、目路を操作し、不可解な物語空間に誘い、謎に謎を置く。大概の幻想芸術家の正体はスフィンクスだと筆者は定義したい。故に同じ眼の愉楽を扱いながら、還元主義は絵具業者に委ねよ、コンセプトは言わぬが華、が幻想芸術家の基本的態度となる。

カマチョ1

 贅言を尽くせば切りがない。進んで敵を作っている訳でも、評論家でもないので、我田引水、贔屓の引き倒しと思って頂ければ、世界は平和である。例によって、書く事がないというだけの話。ダドもホルヘ・カマチョもパリでは一時代を為した画家として、ポンピドーセンターに作品が収蔵されているが、情報の海ではどんなに大きな氷塊も、波に打ち砕かれ、真水の成分を失って潮に溶ける定めとはいえ、WEB上では日本語での紹介がほとんどないのが嘆かわしい。私のような泡沫者が、心配して掬すのは筋違いとも思うが。

カマチョ2

ホルヘ・カマチョは1934年キューバのハバナに生まれている。以下本人の弁。

カマチョ5

「1951年、本能と不思議に、私は照準を定めた。芸術の勉学をすまいと決意し、美術学校を否定したのだ。 40年末頃、私の友人で詩人のカルロス・M・ ルイスは、現代の絵画、特にシュールレアリズムに精通していた。彼は私に、クレー、ミロ、タンギー、そしてデキリコを紹介してくれた。私は1953年1月に行ったメキシコに何年か住み、そこで偉大なホセ・ルイス・クエバスと会った。私が最初に大きな影響を受けたのは、1955年のウィフレッド・ラムのハバナ大学での展示だった。若かった私は、タマヨ、ミロ、ベーコン、タンギー等の仕事にも影響を受けた。基本的に重要なのは、これら肯定的な影響が、個性に及ぼす新しい言語の生成である。1954年、ハバナに戻り私は最初の個展をキューバのギャラリーで行った。画家のフェリペ・オルランド、ホセ・イグナシオ・ベルムデス、ルネ・ポルトカレリョや評論家のホセ・ゴメス・シクレの友情と激励が私を援護してくれた。ある意味で、彼らは私の最初の教師であった 。1960年、私はパリでの初個展をコルディエ画廊で行った。1961年、アンドレ・ブルトンに会い,私は超現実主義運動に参加した。シュールレアリズムは、疑いなく、二十世紀で最も重要な詩的創造であり、魅惑的世界に開かれている。現在の作品は、魔術とヘルメティック(秘教的)なサークルや、これまでにあった人生のすべての原始社会のシャーマン(呪術医)の影響化にある。未来においては新しい地平を永続的に開放する。」

カマチョ4

今回は趣向を変えて、以下URL映像資料参照。製作過程が面白く編集されています。

http://www.youtube.com/watch?v=xrcgiCqO6Y4
photo by gradiva.inc - -

◆79.ブルーノ・ダルチェヴィア

ブルーノ・ダルチェヴィア

 ブルーノ・ダルチ(エ)ヴィアで検索するとイタリアワインの紹介サイトに以下の文言が見出される。以下に引用しよう。

「カサルファルネートのエチケットの女性は=エチケットをデザインしたのはカサルファルネートと仲の良いBruno D’Arcevia(ブルーノ・ダルチエヴィア)という人物です。ダルチエヴィア氏は新マニエリズム派のとても有名な人物でローマとニューヨークにアトリエを構える芸術家です。」

ダルチェヴィア1

 ネオマニエリスモというのは、当ブログ記事のNo25.ピエトロ・アンニゴーニやNo38.マリオ・ドニゼッティといったイタリアのアンチ現代美術の一派のことである。モダン、ポストモダン、アンチモダンに何程の意味があるか、筆者は言及したくはないのだが、敢えていえば進歩主義と保守主義の対抗や新旧論争といった、馬鹿馬鹿しいスノビズムの一種と捉えていいだろう。人類の愚行のツケは、軽く百年は引きずってしまう。世紀が代わっても、まだまだそのツケは払い続けている感が否めない。因にデモクラシー一つとっても、二千年以上掛かってまだ宗教を凌駕することすら出来ないので、革命や革新が何の役に立ったか解るのに更に千年必要か。人類史がそこまで続くとしての話だが。今回は情報不足故、全くの余談に走ってしまった。

ダルチェヴィア2

 マリオ・ドニゼッティが、カントの美学解釈からやり直せと大上段に構えているのに比して、ブルーノ・ダルチェヴィアは実に野放図にラファエロ後派しているばかりか、その女好きまでラファエロに肖って見えるのは、筆者の勝手な想像、否、はっきり言って羨ましい。

 ワインのラベルに留まらず、ミスコンの美女を描くという役得込みの仕事熱心。古来我が町の美女自慢こそが、文芸復興の本道とまでは言わないが、美って何だっけ、とあたら悩むことなき健康振りは、イタリアならでは?

ダルチェヴィア3

 このお歳で1000号サイズの大作をへっちゃらで描いています。お見逸れしました!

ダルチェヴィア4

 ミスコンに興味を抱かれた方は、以下URLへ。

http://www.gennymanieri.it/sfilate.asp?ID=6#

ダルチェヴィア5
photo by gradiva.inc - -

◆ブルーノ・ウェーバー

ブルーノ・ウェーバー

ウェーバー1

 美術史の観点から見れば、美術の王道は建築であると言える。世界の七不思議の 六つまでが、建造物の驚異であり、例外の<オリンピアのゼウス像>ですらその巨大さそのものが不思議の由来であった。それかあらぬか、かのミケランジェロが山一つを彫刻として彫り貫きたいと切望したのも、芸術の威光を神の偉大さに準えたいとの願望ありせばである。

ウェーバー2

 然し乍ら、現代建築は美術品ではない。何が言いたいかというと、美の王道であったにも係らず、最早、王もなければ神もつぶしが利かなくなってしまった現代では、無用の長物や偉容威光建築に重きを置かなくなって久しいということだ。数世紀も寺院建築を続けようとか、バベルの塔を再建しようとの執念き思いは、宇宙に小石を投げよう、との企みよりも遥かに非現実な矮小な願望と成り果てたかの如くである。
 それでも今日の芸術の形骸位階では、建築、造園、次いで彫刻、総称エクステリアが上部構造、絵画、調度、工芸、総称インテリアが下部構造となる。従って、画家などが芸術を僭称せずに、「職人」と宣った途端、この下部構造に編成されるのだと自覚せねばならない。皮相なもの言いだが、これをすっかり忘れ果てている御仁が多いのも、近現代の自我の病いの為せる業。

ウェーバー3

 ガウディのサグラダ・ファミリアや郵便配達夫シュヴァルの宮殿など、生涯を捧げ、現代七不思議に参入せんとする意欲をここで敢えて「幻想建築」と呼ぶことにする。そして、幻想建築のメッカは何処かというと、それはドイツ語圏なのである。

 先に紹介したルイジ・ラ・スペランザもプラーター公園改修工事に参画していたが、サルヴァドル・ダリ、エルンスト・フックス、フンデルトヴァッサーなどアンチ・コルビッジェの異貌建築に輪を掛けて異彩を放つ仕事をしているのは、ブルーノ・ウェーバー。彫刻家にして画家、そして知られざるスイス幻想派の一人である彼の仕事は、「ボマルツォの怪物庭園」を更に怪異なウェーバー風レジャーランドとして推奨しているかの如くである。ウェーバーランドのパレードは、地響きをたてながら巨大石彫マスコット達が練り歩くに違いない...これは私の妄想ではあるが。

ウェーバー4

 因に「ブルーノ・ウェーバー怪物彫刻公園」はスイスのチューリッヒにある。詳しくは氏のサイトに確かめてもらたい。

http://www.bruno-weber.com/
photo by gradiva.inc - -

◆ステファニー・ヴィンデッシュ=グレーツ

ステファニー・ヴィンデッシュ=グレーツ

グレーツ

 「赤い皇女」と言われたハプスブルグ家大皇女エリーザベト・マリー・ヘンリエッテ・ステファニー・ギーゼラの孫にして、ベルギー王室とヴィンディッシュ=グレーツ公爵家を継ぐ堂々たる家系を誇る通称プリンセス。それが画家ステファニー・ヴィンデッシュ=グレーツである。
 以前紹介したタイ王族のマルシ・パリパトラは言わば玉の輿であったが、こちらは瓦解したハプスブルグ家に属すれども、立憲君主制健在のベルギーから見れば皇族となる。だからと言って、ステファニーが階級意識のみに生きているとは言い難く、還俗して社会民主党に入党した曾祖母の血を濃く受け継いだコスモポリタンと捉えるべきであろう。

グレーツ2

 今でこそ絵を描けば誰でも絵描きのご時世で、特権などと口にすればその資格を損ねかねないが、嘗ては地上の富は言うに及ばず、神の国の豪奢すら担っていたのが貴顕王族であったので、その象徴界から美の神髄は斯くの如しと反措定されている、と捉えるのも一興である。そもそも王室御用達の馬具商が作ったバッグや、裸の王様デザイナーの作った服に狂奔する我らではないか。富の行方が何なのかすっかり盲い、どう気取ってよいものやら。どう革命してよいものやら。

グレーツ

 写真家として出発したステファニー・ヴィンデッシュ=グレーツの画業は、敢えて言えばジョージア・オキーフを想起させるが、オキーフに幻想志向がないのに比べて、ヴィンデッシュ=グレーツの作品には唯の動物を描いたものにさえ、幻想資質が横溢しているように感ぜられる。それを或る種の達観と捉えるのは、筆者の思い入れに過ぎようか。

グレーツ4

 シシィの血をも受け継ぐ彼女は、美しかった。

 この稿を草するにあたっては、NHK Hi特集「ハプスブルグ帝国」にステファニー・ヴィンデッシュ=グレーツが出演しながら、その仕事がほとんど紹介されていなかった事を受けたものであると断っておく。

http://graetz.seedforest.net/index.html
photo by gradiva.inc - -

◇76. ルイジ・ラ・スペランザ/アトリエ訪問

ルイジ・ラ・スペランザ/アトリエ訪問

ルイジ1

「私は天才少年だったんだよ」、彼がシュタイナー教育を受けた事に就いて質問すると、夥しい数のスクラップ記事を見せながらそう言った。しかも幼年期の絵画群がシュタイナー教育の枠組みをはみ出し、あまりにも奔放な魑魅魍魎の世界に親和していたので教師を困らせたそうだ。文化祭のお化け屋敷のポスターが真に迫りすぎていたので、教師に公開を禁じられ、さらには精神に異常をきたしているのではないかとすら疑われたそうだ。エルンスト・フックスも天才少年だったが、このエピソードはよりレオナルド・ダヴィンチの古事に近いかも知れない。
 その後ルドルフ・ハウズナーに見出された彼は、僅か16歳でウィーンアカデミーに入学を許されたのだという。

ルイジ2

 ルイジのアトリエ訪問は現地時間、10月16日午後1時より午後5時まで、4時間に及んだ。彼は実によく喋る。私も見かけによらずお喋りなのだが、一つの質問への回答が永遠に止む処がない。

ルイジ4

 今年3月の訪問を経て2度目ということもあり、「第三の男」で有名なプラーター公園改装デザインの仕事の最中にも係らず、私のために半日開けて待っていてくれたのだ。この3月には既に彼に委託されていたプラーター公園改装計画は、遅れに遅れ、当初外壁が彼の作品イメージで埋め尽くされる予定であったが、他の建物との釣り合いから、エクステリアではなく、内壁の装飾のみに制約されてしまったようだ。残念なことにモニュメント彫刻も彼のオリジナルデザインでは予算が掛かりすぎるということで、他の作家に横取りされてしまったという。「ルイジらしさ半減だね」と言うと、仕方ないという身振りで、少しもへこたれてない様子が、頼もしい。芸術に親炙する態度を見せながら、それが余りに奔放に過ぎると、クライアントが保守主義の本性を表すのは古来珍しいことではない。

 少年時代の話に及ぶと、その頃の作品を持ち出して来ては、如何なる動機でそれを描いたか、事細かに説明し始める。飼っていたモルモットをモデルにして描いたのが最初の怪獣だという。新聞記事にはそのモルモットと一緒に写ったものがあり、そう言えば当時ヒッチコックの『鳥』のような、鼠の逆襲を扱った「ウィラード」という映画があったのを思い出した。幼年期には誰もがセンス・オブ・ワンダーを持っているが、長じるに従いそれを失って顧みなくなる。幻想画家の多くがそのアドレッサンスの世界に生き続ける点で、ルイジはその典型例であろう。

ルイジ3

 凡そ語らった内容の全てを書き尽くすことは、ここでは侭ならない。世代にもよるが、少なくともウィーンに留学し、ルドルフ・ハウズナー、その後エーリッヒ・ブラウアーに継がれたアカデミーで学んだ者の多くが、両者に助手として就いたルイジによってミッシュテクニック(混合技法)を手解きされた筈であり、デ・エスやペーター・グリックなどとも親しい間柄のルイジこそは、正統ウィーン幻想派と呼ぶべきであろう。会話の随所に画家としての並々ならぬ自信が垣間見え、ウィーン幻想派が絡む展覧会のレセプションなどでは、常に傍らに彼の定席があるといった写真を披露してくれた。
 因にウィーン幻想派と一部日本の留学組を仲介していた画家でドイツ人の元外交官夫人の名前を出してみたが、全く記憶にない様子だった。女性でフックスの高弟ならばブリジット・マーリンかマルティナ・ホフマンが有名だが、それよりも日本にこれほど多くの幻想画家が居たとは信じがたい、と驚いていた。
 否々、IFAAはその極一部で、有名無名を問わず潜在的には実力者が有に100人は居る。そう言うと、更に目を丸くして見せた。最後にレオ・プラウとの会見の詳細を伝えると、彼はとても強い人間であり、幻想芸術の優れた伝播者だ、必ずや素晴らしい機会が発生するであろう。彼と共に神秘の国日本に行くのが楽しみでならない。そして、ウィーンで展覧会がしたければ、自分の所でやってはどうか? とまで提案してくれた。彼はレオポルドミュージアムの直ぐ裏手という好立地のアトリエ兼店舗を、二倍に拡張したばかりであった。嘗て家具職人が多く店舗を連ねたその界隈は新しい画廊なども出来、会見の間も何人もの一見客が出入りしていた。

 彼のHPには、この3月のIFAA展がグーグルアースでリンクしてあり、有り難いことこの上なかった。

http://www.lasperanza.com/biography/biography.htm

 注文制作を何年も待っている顧客を余所に、彼は来年京都の第三回IFAA展の為に、新作小品タブロー四点を制作し、自ら持参して来ることを約束してくれた。
photo by gradiva.inc - -

◇75.レオ・プロウ/アトリエ訪問

レオ・プロウ/アトリエ訪問

leo5

レオフォト

 「自分が育ったブリスベン郊外には、祖霊(スピリット)が棲む不思議な場所がある」、レオ・プロウはヴィジョナリストの出自を、開口一番そう説明した。それはオーストラリアによくあるという磁場が狂った場所か?と問うと、そうでもあり、変成意識が発生する特殊な場所だと真顔で答えた。我が盟友Kaoru Koga(古賀郁)を彷彿させるスピリチュアリストであり、菜食主義者であるレオ・プロウは、豪州人には珍しく内省的な静かな男だった。

 現地時間、10月13日土曜日午前11時、かねてから会合することを約束していた豪州の幻視者レオ・プロウを、ロンドンの彼のアトリエに訪ねた。アトリエのあるライムハウス地区のピクスレイ小路は、場末だが若手アーティストが多く棲む一角である。ロンドンオリムピックが決定し、やがて開発の嵐となるであろうが、今はまだ静かで、創造には快適な立地である。天井が異様に高く、兎小屋暮らしの日本人には羨ましいレンガ造りの建物の一階に、ベルリンのアトリエを引き払って一年、あちこち改造しながらこれから本格始動といったところだという。ベルリンを去った理由は、発表機会のみ多くても絵が少しも動かない、まだまだ壁の名残が影深くドイツ経済を覆っている故とのことだった。

meta

 私は私で、最早27年のタイムラグでパリを訪れてみると、芸術の都は様変わりし、観光ビジネスと権威主義の狭間で忙しく揺れ動く、詰まらない街と化していたと告げ、殊に幻想画家に機会がないのは今も昔も変らない、アンドレ・ブルトンありせば悲憤慷慨間違いなしの浅ましい街に成り果てていると語らった。そして偶然ユーゴの幻想画家ダドと会ったと言ったら、レオは彼に就いて全く知らなかった。これは世代のギャップというところだろう。勢いそこからエルンスト・フックス一族のゴシップやら、欧州のコレクター、オーガナイザー、スポンサー、幻想画家を誑かし金をせしめるSALBRUというあこぎな出版画廊の話など、濃密な情報交換となったが、お互い語るだに呆れ返る話ばかり。お披露目できない。日本人の幻想画家も騙されていると画集を見せてくれたが、知った女性だったので、少し哀しい思いをした。兎も角洋の東西を問わず、幻想芸術界は狭くかつ奥が深い。レオの年嵩の親友であるルイジ・ラ・スペランザと私が面識を得ていたことも、運命的であるとも言えるが、斯界の狭さの現れだろう。

レオピ2

 話は勢いジョン・ベイナートとレオが複数のスポンサーに掛合って目出度くも出版の運びとなった『メタモルフォーシス/50人の幻想画家』の話や豪州幻想グループの詳細、フックスの高弟ブリジット・マーリン、ミッシェル・ド・サントゥエンを中心とするAOIの内情、現在進行形の企画の数々、発展途上ながら第三勢力となるであろうIFAAの紹介と相互協力の話など、濃密な対話がなされた。全てレオが仲介してくれるという。当方は当方で、ヨーロッパはAOIに任せて、アジア地域、即ち今は豪州&日本のお互いのグループの交流を発展させよう。3年後にはパリのマレー地区の館を丸ごと一つ使って、東西幻想芸術大同団結の展覧会を開催し、パリジャン達の度肝を抜いてやろうなどと提案。それならドイツにパノラマギャラリーという城がある。そこでも巡回展だとレオも盛り上がる。

レオピ

 私は有言実行の漢だ。口約束を実現しにやってくる私にルイジ・ラ・スペランザも驚いている。しかしオーガナイザーである前にお互い画家だ。互いの紹介文をブログに書く。そう約束して、旅先であるにも拘らず、早速この記事を書いている仕儀。

レオ&ショージ

 来年四月朔日にレオは京都IFAA展にやってくる。エイプリルフール? 幻想画家が法螺を吹いたらそれは現実に倍する現実さ。186センチと長身のレオと肩を組んだら膝を曲げてくれてもまだ足りないので、思わず吹き出している図の記念写真と相成った。

 この16日には再度ウィーンに飛び、今度はルイジと会う。
photo by gradiva.inc - -

◆レオ・プロウ

◆レオ・プロウ

leo3

 1971年、豪州クイーンズランド州ブリスベーン郊外で生まれる。マングローブの湿地帯と先住民の埋葬地、第二次大戦の廃墟などから装身具などの遺物を発見する少年時代を過ごす。

leo.plaw

 二十代の間に独学で油彩技法を身につけ、幻視者として内観世界のドキュメンテーションを製作動機に据える。またビデオ製作、コンピュータ・ゲーム、陶磁器など多彩な分野で活動し、シドニーおよびブリスベーンで全国的な出版物に取り上げられ、豪州の職業アーティストとして認知される。

leo2

 国際的なバンドの公演に付いて豪州各地を遠征、光の渦巻を用いた幻覚的なライトショーのアートビデオを作成。
 シドニーで、豪州幻想芸術雑誌が招聘した「AOI/アートオブイマジネーション」(http://artofimagination.org/)グループと邂逅し、ヨーロッパに渡ることを決意。
 2003年にベルリンでスタジオを作り、ウィーン幻想派グループと接触。ウィーン幻想派、殊にデ・エス・シュワルトベルガーhttp://www.dees.at/、ぺーター・グリックhttp://www.gric.at/home.htm等と出会い、ミックステクニックなどの古典技法を研究。この間、AOIに触発された豪州幻想芸術コミュニティーをメルボルンのシュルレアリスト、ジョン・ベイナートと結成。「BAISC/ベイナート インターナショナル シュルレアルコレクティブ」(http://beinart.org/)のウェブデザイン、設計はレオ・プロウの手になるものである。今日では本家AOIを凌ぎ、幻想芸術及びシュルレアリスム芸術統合サイトとして、幻想芸術界のメディアセンターとして発展している。またBAISCのBlog(http://beinart.org/modules/Word-Press/)記者も彼であり、筆者同様の役割を担っている。

 因にIFAA第二回展にゲスト出品したルイジ・ラ・スペランザとレオ・プロウは旧知の仲である。

leo4

 レオ・プロウは現在ロンドンにスタジオを移しており、画集「メタモルフォーシス/50人のシュルレアリスム現代芸術家」出版にも尽力。

レオ

 尚筆者はこの10月にロンドンのレオ・プロウのスタジオ訪問の約束があり、BAISC、AOI、IFAA合同での国際展の可能性に就いて協議の予定である。その前に来年京都開催のIFAA第三回展へのレオ・プロウ招聘が既に決定している。

 以下URLレオ・プロウ公式HP。

http://leo-plaw.guildmedia.net/
photo by gradiva.inc - -

お詫び

shoji

 当blog、限りなく放置に近い更新の怠慢を、愛読者の皆々様にお詫びいたします。来月渡欧と己の画業に忙しい中、本編 IFAA(アイファ/国際幻想芸術協会)のホームページ作成などしておりました。英仏訳頁の作成は年内の完成予定にてまだ着手しておりませんが、取り敢えず瓦礫状態の日本語バージョンだけでもと未だ不備の多い状態ですが、お披露目いたします。

http://ifaa.cc/ifaa/index.html

 今回は記事に手を染めている時間がないため、手前味噌ですが、筆者の画像を貼って置きます。こんな奴が一人でブログを書いております。

 近々、交流が密になっているレオ・プラウを紹介するとお約束して、本日のところは失礼いたします。
photo by gradiva.inc - -
続きを読む >>

◇ Fantastic Art Show 2008予告

yokoku

 私事の活動で暫くこちらをお留守にしてしまいました。このブログは本来、「国際幻想芸術協会/IFAA(アイファ)」の付録、乃至ファウンデーションとして書き継がれてきたものであります。協会設立と展覧会準備にオーガナイズを傾注してきた為、本編のウェブ構築が疎かとなってきたのも、海外の既存団体との交渉が途に就いたばかりで、その詳細な交流の中味を本編ホームページに唱えないもどかしさがあったからでした。

http://ifaa.cc/ifaa/index.html

 本年四月に行った展示会では豪州女流画家を招聘しましたが、次回はルイジ・ラ・スペランザ本人を日本に迎える予定です。更にはフランス幻想画壇の逸材ユーグ・ジレ、AOI(ロンドン)及びベイナート(メルボルン)との橋渡しとして現在ロンドン在住の豪州幻想画家レオ・プラウと水面化で交渉中。愈々、幻想芸術国際交流に向け、本格的な活動が展開しつつあります。
 当ブログの熱心な読者もいらっしゃるようですが、紹介記事の方は今暫くお待ち下さいませ。取り敢えず、来年京都にて開催予定の「第三回ファンタスティックアートショウ」の期日などを予告させて頂きます。
photo by gradiva.inc - -

◆エロイーサ・ノヴァエス

 エロイーサ・ノヴァエスはブラジルのサン・ジョアン・デル・レイで生まれた。1973年に故国を離れパリ芸術大学版画科で学ぶ。以後パリに居住。グラフィックデザイナーとして、ニューヨーク・タイムズ、エスクワイヤ、ヌーベル・オプセルバトワールなどで活動。ロベール・ラッフォン、ガリマール社など大手出版社の表紙イラストなど手がけている。

ノヴァ

 ミスティックで装飾的な人体、メタモルフォーズした動物や、記号化した様々なオブジェが混在する不可解な空間構成は、何とも言えない情趣を醸しながら官能的ですらある。

ノヴァ2

 ガッシュ、オイルパステルおよび水彩といったミクストメディアであるが、ジョアン・ミロ、ヴィクトール・ブローネルやフリードリッヒ・ゾンネンシュターンなどに通じる、イコノグラフィックな表現に、夢象的な類縁性を見て取れる。即ち、シュルレアリスム的。

ノヴァ3
photo by gradiva.inc - -

◆ミチコ・イタクラ

 数多ある国内団体展の全てを見ている人など滅多にあるまい。私もほんの一部しか知らぬ体たらくである。

 どこからどう見ても幻想絵画としか思えない作家も、著名団体でしかるべきキャリアを重ねていると、正統派に思えてしまう。寄らば大樹の陰の筈もなかろうが、この道の大先輩であろう板倉美智子氏の存在を、筆者は全く知らなかった。勿論、最近面識を得た訳でもない。以下は二紀会サイトからの無断転載となります。不都合あらば即座に対処いたしますので、何なりとお申し越し下さいませ。以下二紀会公式サイトより。

http://www.amcac.ac.jp/~suzuki/niki/0001ichiran/a/itakuramichiko.html

itakura1

板倉美智子

1940 〜東京都
1963 多摩美術大学油絵科卒業
1969 第23回二紀展 初入選(以降毎回出品)
1986 40周年記念二紀展 女流画家奨励佐伯賞受賞
1993 第47回二紀展 会員推挙
1993 志摩ミュージアム会館記念展
1996 50周年記念二紀展 宮永賞受賞
1998 三重県鳥羽市志摩ミュージアム作品収蔵

itakura2

 以下は本人のアーティストステートメント。

 「怖く妖しく異形の人を生み出すことを夢みています。それは天駆け,水をくぐり,自在に変貌し,沈静しながら永遠に生き,周囲の人に問いを発て,心を沸かせます。そして甘美で力強く辺りに芳香と活力を撒き散らし続けます。
思えば長い年月同じ姿を追ってさ迷い続けて来た気がします。願わくば一度だけ,ただ一度だけ私の前にその姿を見せて・・・。」

itakura4
 全て大作ばかり。居る所には居るものだ、と暫し感服いたしました。
photo by gradiva.inc - -

◆ペーター・マルチェク

 この五年間、只管貯め込んだ枚挙に暇ない世界の幻想画家達。最早情報ソースの全てを明かして自由になりたい。そう思う昨今ですが、IFAA本編のHPを残骸のように放置し過ぎた為、こちらばかりが肥大化して困り果てています。その間にも、欧米各国の幻想ウェブアートシーンは様々に衣替えして、今最も充実しているのは豪州メルボルンのベインアート連です。但し、恐るべきシュール、幻想サーチエンジン、果ては出版に至る活動に比して、彼等豪州幻想画家の実力たるや、極めて貧弱。国土が広い為、電子政府化が異様に発展している関係上、ヴァーチャルでのみそれはまるで世界の中心であるかのように見えます。

 さて今回はそちらのソースからの拝借。

マルチェク1

 ぺーター・マルチェクは、1943年にスロバキアのZilinaで生まれ、ブラティスラヴァ大学建築科で学んだ。幼年期から素描や絵画を行い、それが生涯を魅惑することとなった。シュルレアリスムやルネサンス期の画匠の影響を顕著に見取ることができる。

マルチェク

 東欧圏は実力者揃いだが、幻想画にありがちなスタイル以上に、ぺーター・マルチェクには気品があって、好もしく感ぜられる画風となっている。

マルチェク4
photo by gradiva.inc - -

◆ノブヤ・アイカワ

 日本人の画家を紹介するには、用心に用心を重ねている。琴線に触れたというだけでは枚挙に暇なくなって、軈てあらゆる画家を全肯定するに及び、愛で世界を満たしかねないからだ。私は絵空事の事の善し悪しなど、どうでもいいと思っている。その境涯に何が在るかといえば、何もある筈はなく、退屈よりはましといった風情だ。比較程バカバカしいものはない。

 さて、ここに失敗した出会いというものがある。相川修也を幻想画家としていいものかどうか、当人は「天然ノンジャンルアウトサイダー画家」と称しているが、ノンジャンルもジャンルの一つなのだよ、と分別めかして紹介させていただこう。存在論の世界では、「私」と言えば全て「他者」とも全て自分とも言えるが、「他者」とは即ち陽の光のようなものなので、画家は内に籠ろうが、外光派と化して野山に繰り出そうが、所詮、参照すべきものは悉く他所ものである。

ノブヤ・アイカワ

 相川修也の経歴は以下URL参照。

http://www5.ocn.ne.jp/~nobuya/profile.htm

 失敗した出会いとは何かと言えば、三年程前にネットで彼を発見し、連絡を試みたものの、個展に足を運び損ね、その後、氏の生活の変化から展覧会も乏しくなり、ネットでの展開も止んでしまったという仕儀故。画家の成熟の年齢が幾つからかは、個人差があろうが、社会が画家を圧殺する齢は三十前後からだろう。ワーキングプアや超高度管理社会の今の御時世、絵描き殺すにゃ鉄砲は要らぬ、時間泥棒が居ればよい。兎も角、彼のような天稟ある画家には、過酷な今を何とか生き延び、生涯絵を描いてもらいたいと願うばかりだ。

ノブヤ・アイカワ2

 粗全ての過去作が素晴らしい出来である。「無断転載禁ズ」とあるが、氏の「過去作品倉庫」から敢えて意図的に無断転載を行う。苦情でもいいから私にアクセスして欲しいという身勝手である。

http://www5.ocn.ne.jp/~nobuya/


photo by gradiva.inc - -

◆セルゲイ・ツカノフ

 セルゲイ・ツカノフの作品を見ていると、ふと英BBCが1970年代に放送していた“MONTY PYTHON”(邦題:チャンネル泥棒、空飛ぶモンティパイソン)を思い出す。特にテリー・ギリアムのコラージュアニメのグラフィックの質感が想起されるという、飽くまでも筆者のセルゲイ・ツカノフへの予備知識の狭さが、似ても似つかぬものを観念連合させているだけかも知れない。

ツカノフ1


 経歴は極めてささやかに以下の如く。1955年、ロシアのサハリン島Poronaisk生まれ。ハバロフスクのアーティストグラフィック部門に就学、1981年卒業。カリーニングラード{ケーニヒスベルク}に住み、製作を行う。

ツカノフ2

 が、しかし侮るなかれ、展覧会歴は齢に比例し各々然々旺盛であり、信頼すべきキャリア、枚挙に暇ない受賞歴。そして奇想の数々。作品はどれをとっても見飽きない。素朴な個人HPの体裁に、その篤実な人柄が偲ばれるが、当Blogの読者ならば幻想画家の多くが、作品のみに牙を有していることをとうにお察しだろう。
 余談だが、美人で可愛いい娘さんとパリに遊んだ記念写真が何とも微笑ましい。というか羨ましい。

ツカノフ4

 HPは以下参照。大いに広めて頂きたい。

http://tyukanov.narod.ru/page.htm

http://www.sergeytyukanov.com/
photo by gradiva.inc - -

◆シンジ・ヒメノ

 今回、満を持して日本人の幻想画家を取り上げる。しかし画像は唯の一枚しかない。また例外的な扱いとなるので、過去にここで紹介してきた幻想画家達へのオマージュとは異なる記述となることを、予め断っておく。先ず筆者が何者であるかを記すが、アンドレ・ブルトンが「己に就いて知りたければ他者に聞け」と『ナジャ』の劈頭で語った仕儀に従いたくも、筆者の知己などの身辺事を語る都合上、筆者もまた一介の幻想画家であると自称せねばならない。
 
 シンジ・ヒメノの消息は今は審らかではない。ミュンヘンのRutzmoser画廊に名前のみ掲げられているので、今尚ドイツ語圏に在住しているやも知れず、或いは郷里にひっそりとあって、日本国内ではこれといった発表も為さずに描き続けているかも知れない。そもそも幻想画家は、流行や時代の嗜好に翻弄されることを嫌い、只管世の中に背を向け、己が画作とイメージの世界に纏綿し、この世の事など忘れ果てているケースが多い。即ち、生まれつき旋毛も臍も曲がっていて当然。口を開けば「絵しか描けない」と、世事に疎い全くの無能者であっても当人は聊かも困らなかったりする。国内発表皆無となると、彼もそうではなかろうか、とこれは筆者の憶測に過ぎないが。

シンジ・ヒメノ

 シンジ・ヒメノの作品を知ったのは今を去る事12年前、 先頃開催したIFAA(国際幻想芸術協会)展に先駆する幻想画家集合で、『秘密の現実』と題した展覧会の準備をしていた時の事だ。当時在外派遣研修員としてウィーンにあった市川伸彦氏から、アカデミーのアリク・ブラウアーのクラスに恐ろしい才能の日本人がいる、と紹介されたのが端緒だった。画像はその時に示されたもの。残念ながら、結婚を控えて身辺慌ただしいとの理由で『秘密の現実』展への参加は適わなかったが、この一点のみの画像だけで、歳若い画学生とは侮れない力量であることが充分窺われた。日本の美術大学には進まず、高校卒業と同時にウィーンのアカデミーに入学し、営々とこの作品にのみ取り組んでいた。これには8歳年長の市川氏さえ舌を巻いてしまったらしい。故に筆者も永らく記憶に留めていた次第だ。
 上掲の画像はイーゼル二台を連ねて描かれた200号の大作で、ブラウアークラスでも一際目立つ作品であったらしい。この春ウィーンにルイジ・ラ・スペランザのアトリエを訪ねた際、大作故に、ルドルフ・ハウズナークラスがアリク・ブラウアーに引き継がれた後も学校のアトリエに預けざるを得なかった彼の大作と、このシンジ・ヒメノの大作が他の画学生達を圧倒し続けていたやを聞き及んだ。ルイジ曰く、ブラウアーの友人であり、助手として多くの日本人学生の相手をしたが、記憶に留めているのはシンジ・ヒメノだけであるとも。「彼は今どうしているか?」と逆質問されたが、その後行方不明だと答えるしかなかった。

追記:この記事が契機となって、姫野慎二氏本人から連絡があった。記事内容に就いては、当たらずとも遠からずとのコメントで、姫野氏は今ベルリンに住み、専属画廊などの情報も寄せてくれた。彼は私より十ばかり年少だが、彼の地で画家としての地歩を確実にしている。久しぶりにルイジ・ラ・スペランザ氏ともメールコンタクトしたそうだ。それだけでも記事にした甲斐があったというもの。姫野氏の娘さんがこの記事を見つけたのだとの由。ホームページを開設したばかりらしく、姫野氏のHPはIFAA団体HPに、海外作家の枠組みでリンクしてある。
 以下URLを参照されたし。

http://ifaa.cc/ifaa/index.html

photo by gradiva.inc - -

幻想の芸術展2007

ifaa1

 只今開催中。上掲パンフレットに素晴らしい推薦文を頂いて居りますので、公開させて頂きます。


『意識開放の芸術』

亀井俊介 

 20世紀文学・文化の最も目覚ましい成果の一つは、人間の
意識の開放であった。無意識と呼ばれていた人間の意識下の世
界に深く入り込み、表面的な(多くは型にはまった)意識に抑
圧され、ひっそくし、ぐにゃぐにゃしていた精神や感情の営み
をとらえ、それをおもての世界に引きずり出し、解き放ったの
である。その刺激によって、表面の意識の世界も、はまってい
た型を破られ、大幅に自由を獲得したといえそうだ。心理学で
はフロイトやユングがその道を切り拓き、小説ではジョイスや
ウルフ、プルーストやフォークナーらが「意識の流れ」による
金字塔的作品を立ち上げ、詩ではシュルレアリズムが一世を風
靡した。美術もそれらの動きを受け止めながら、美の世界を拡
大してきた。ただし―私は美術に素人で勝手な憶測を述べるだ
けだけれども―美術は最も身体的な視覚をもとにするだけに、
日常的な感覚に縛られやすく、その日常性との激しい戦いを繰
り返さなければならなかった。
 その過程で要求されるのは、果敢なimagination、奔放なfa
ntasyである。前衛的な文学者は、文章を解体し、再構築した。
美術家も映像を解体し、再構築するわけだが、映像の再構築は、
ともすれば五官にしみついた既成の映像にたよりがちになる。
斬新な映像のつもりが、ハッと気がつくと陳腐さをかかえ込ん
でいたりする。とはいえ、また、既成の映像との取り組み方に
よっては、fantasyとrealityとの新鮮な結合を生み出しもする
わけで、可能性は無限にある。ということは、探究の方向も無
限にあるわけだ。
 私は個人的には、文学も美術もひっくるめて、20世紀文化
がもたらしたエロスの解放に心ひかれている。無意識の領域か
ら引っぱり出してきたエロスの展開が、何と見る者の身体も精
神も自由にすることか。とくにいわゆるfantastic artは、目
に見える映像によって、つまらない世の中から異世界への飛翔
まで可能なような気分に誘う。だからこそ、ますます思い切っ
て大胆なFantastic artの展開を、私は期待し続けている。

(文学史・文化史専攻)東大名誉教授

ifaa2


『FANTASTIC ART SHOW 2007___幻想の芸術展』

 
 2007年4月9日(月)〜月21日(日)

【出品者】

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 市川伸彦 イヂチアキコ 伊豫田晃一
大竹茂夫 大手京子 及川晶子 佳嶋  北和晃 桑原聖美 古賀郁
坂上アキ子 レオ澤鬼 椎名桃湖 みどり根子  鈴木勇人 輔老はづき
外原俊 たつき川樹 高田美苗 武田充生 田中章滋 長島充 萩原ヤスオ 
馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ ミヤケ千夏 山地博子 村松明 森妙子 
若林さやか

ゲスト/クリスティン・エルコート ルイジ・ラ・スペランザ

【会場】 ギャラリー道玄坂
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−15−3プリメーラ道玄坂1F
TEL03-5728-2101 /FAX03-5728-2102
photo by gradiva.inc - -

『FANTASTIC ART SHOW 2007 幻想の芸術展』

ifaa.cm

『FANTASTIC ART SHOW 2007___幻想の芸術展』

 昨年立ち上げた本邦初の幻想芸術団体International Fantastic Art Association(国際幻想芸術協会-略称IFAA/アイファ) の第2回展です。今回はオーストラリアからクリスティン・エルコート氏、オーストリーからルイジ・ラ・スペランザ氏の二名をゲストとしてお迎えし、本格的な国際展に向け始動いたします。
 2007年4月9日(月)〜4月21日(土)。世界各国の幻想芸術団体と連携を期すべく、洋画、日本画、写真、立体(オブジェ・彫刻)等ジャンルを越えて結集した36名のグループ展。

ifaa.cm2

【出品者】

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 市川伸彦 イヂチアキコ
伊豫田晃一 大竹茂夫 大手京子 及川晶子 佳嶋 北和晃
桑原聖美 古賀郁 坂上アキ子 レオ澤鬼 椎名桃湖 鈴木勇人
輔老はづき 外原俊 たつき川樹 高田美苗 武田充生 田中章滋
長島充 萩原ヤスオ 馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ みどり根子
ミヤケ千夏 山地博子 村松明 森妙子 若林さやか

ゲスト/クリスティン・エルコート ルイジ・ラ・スペランザ

【会場】 ギャラリー道玄坂
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−15−3プリメーラ道玄坂1F
TEL03-5728-2101 /FAX03-5728-2102


photo by gradiva.inc - -

◆アレクサンダー・バロス

バロス1

 アレクサンダー・バロスには、明らかにミケランジェロに通じる肉体讃美がある。活人画を思わせる身振りも、何らかの黙劇を思わせるシチュエーションも、単に捩じれ、組合い、重力に抗する、肉の躍動美を思わせぶりな比喩に転置して、ある種の違和に誘い込もうとする手管となっている。即ち、裸の男達の彫像的な群像を描きたいばかりに、「カッシナの戦い」の図を態々水浴する兵士の場面に描いたミケランジェロに通ずる。
 そう、彼は只管人体、そして裸体に近い肉体が描きたいだけなのだ。

バロス2

 因に、彼が自分で用意している日本語訳のアーティストステートメントを、そのまま引こう。

 「私の比喩的な絵画、デッサンおよび彫刻で私は人間の経験の深さそして機微を探求する原型的な感情、考えおよび内部の底流を反映する比喩的な絵画を作成する。私達の環境に対する苦闘および影響。 私は完全な人間の、現在の二次元の描写に特に興味がある。それは経験である。生命には絶対的存在がない。むしろ、各経験で構成される矛盾した対立がある。個々それぞれに自身の独特な経験がある。従って私の絵画は曖昧であり、必ずしも解決可能なものの提供ではない。それは反応のための機会、および各見手による解釈の機会にすぎない。 比喩的な絵画はただ反映するのみである。それを探求する人間の条件の主観的な理解、および私の欲求それ以上のものにする。私は見手と私自身の解釈、むしろそこに何らの分け前も課さないように試みる。私は私の芸術で現在探求していること、それが何であるかを、即ち私は比喩的な絵画描写をし、私が述べたい仕事に最も適する人間の構図を見つけ構成する。見手は簡単な人間の形態に関連するものを楽に見取ることができるだろう。そして試みに描かれる状態の深さ、そして複雑さを理解するための努力、そこに相互作用が働かねばならない。私の希望は視る者がキャンバスに描かれたものと、主観が相互作用する意味それ自体の所与にある。」

 何だか,分かるような分からぬような。

バロス3

 製作信条は言わば効能書きであるよりも、製品保証に近いかもしれない。どう用いるかは、保証の限りではないにしても。
 アレクサンダー・バロスはシカゴ出身の画家である。彫刻は本人が思う程優れているようには見えない。彼の絵にモダンダンスの刹那の身振りを思う者もあるかもしれない。現に私はそうであるが、モデル台と桟敷から見上げる視座がそうなっているからだろう。即ち比喩を直喩に変えてしまえば、彼の言わんとするところは、「写実です」になる。しかし、ダンスから弛まない運動と音楽を奪った時、それは残像でしかない。そしてこれは「絵画です」になる。もうお分かりだろう。絵画は能記し得ないのである。当たり前に過ぎるが。
photo by gradiva.inc - -

◆ジャン・ブノア

 ロシア尽しになってしまった。他にドイツ尽し、フランス尽しなる予定もあるが、筆者が飽きっぽい性格なので、系統立てるよりもアトランダムにしていきたい。ここでの紹介は、定評がある訳でもなく、単に私の趣味嗜好で選ぶという恣意的な方法によっているため、凡そ権威と無縁な画家、埋もれた画家、局外者、精神の王道を歩む者、華麗なる経歴の持ち主を無差別に扱っている。
 しかしここらで一部で夙に知られた作家を扱おう。「マルキ・ド・サドの遺言執行式」で、シュルレアリスム関連文献に必ず名の上がるジャン・ブノアである。

ジャン・ブノア1

 上掲の彫刻は、古い話だが本としては破格のオークションレコードを記録した『磁場』(アンドレ・ブルトン/フィリップ・スーポー共著)の特装本である。アンドレ・ブルトンのコレクション売り立ての時も、世界中から熱心なシュルレアリスムシンパが集まって、門前市をなす有様だった由だが、このブノアの見るからに危険そうなリーブルオブジェも、コレクター垂涎の的であったようだ。一体どうやって読むのかと怪しむ向きもあろうが、心配ご無用。持ち上げると腰を壊しそうな上蓋を取ると、中に深紅にルリユールされた『磁場』が鎮座ましましている。

ジャン・ブノア2

 ダークアートとして、H・R ・ギーガーに遥かに先駆する仕事ぶりだが、昨今のチープな暗黒趣味とは一線を画している。

ジャン・ブノア3

 経歴その他は、米ウィスコンシンのシュルレアリスム詩人でCG作家J・カール・ボガートの以下サイトに詳しい。

http://www.zazie.at/SpecialEditions/JeanBenoit/00_WebPages/Entrance.htm

 
photo by gradiva.inc - -

◆ミカイル・N・セレブリヤコフ

 ロシアの画家が続きます。ミカイル・N・セレブリヤコフは公の美術教育機関に身を置いたことはないようです。絵描きになるのに別段決まったコースなどあろう筈もなく、それはアカデミーの伝統が濃厚らしいロシアであっても、何ら変わらない。栴檀は双葉より芳しも、大器晩成も、意志の在処が行いに同一せねばそれは夢幻(ゆめまぼろし)のまま。形にならぬ。「人は己の神を通して真の神に至る」を自我信仰に結びつける気は毛頭ないのですが、再現するにせよ、変容させるにせよ、働きかけに照応する世界を目の当たりにしたければ、描き続けるしかない。

セレブリヤコフ1

 コンラート・ゲスナーの『動物誌』の影響か否か、犀は製作衝動を掻立てるらしく、これをテーマとする画家は枚挙に暇ない。デューラー、ダリ、スタニスラオ・レプリ、某某某。しかし、犀の肉を解体しているらしき図は見た事がない。背景が雪景であることから推して、シベリア辺りで発掘されるマンモスこそ相応しいと思ってしまうのは、当方の当て擦り。寒い国の犀なればこそ、奇異な印象となるのを見越してのことでしょう。

セレブリヤコフ2

 どうやらこれは壁画であるようです。連作なのかも知れません。

セレブリヤコフ3

 1948年にボルゴグラードで生まれる。 工学部を経て1983年に古典絵画の私塾を卒業する。ロシア、ドイツ、フランス、スイス連邦共和国およびカナダの個人のコレクション。ベルリンの「チャックポイントチャーリー」博物館に作品収蔵。1970-1980年のソビエトロシアの展覧会「前衛派」に参加。 ヴァザレリ資金を受ける(フランス、エクサンプロヴァンス)。1989年ベルリンの壁のカタログ「芸術家」に掲載。1991年 ベルリン、東ドイツでの展示。
photo by gradiva.inc - -

◆ヴァレリー・ミロノフ

 それにしてもロシアは幻想絵画の何たる豊穣な沃土であろう! こうして、ロシア方面アートのネットサーフィンしていると、ムソルグスキーの「展覧会の絵」が常に鳴り響いている気がする。そして偶にぎょっとさせられるのだ。幻想絵画のみに焦点を絞っているので、必ずしもそうではない作家は泣く泣く切り捨てているが、西側が現代美術に狂奔していた間、美の伝統がまるで異なった水脈に流れ込んで清さを保っていたのをまざまざと識るに至る。源流はこれほど清浄であったのかと、その河水をそのまま目薬にしたい気にすらなる。

ミロノフ1

 ヴァレリー・ミロノフは極めて強い個性を有しつつ、何度か大胆な作風の転換を行っている。このことは、彼が今42歳という年齢から推して、27歳というまだ多感な歳でソビエト連邦の崩壊を目の当たりにしたことと決して無縁ではないだろう。一見達者に見えるが、灰汁の強さから洗練に向かうべき何らかの必然を要したかに思えるのだ。彼よりも一世代先輩格の画家たちが、資本主義圏の市場に伍するに少しばかりのけれん味だけで対処し、根本的な作風を変えるには及ばなかったのに対し、彼の世代は激しく情報の海に投げ出された感がする。そう言えば,深読みに過ぎるかも知れないが、それほど初期の画風と激変している。

miro1

 それは今なお継続しており、更なる洗練を、更なる洗練を、と唱えているように思えるのである。インディアンを描いた、如何なものかと思える彼の初期作は掲げぬことにしよう。



Born 1965 in Moscow

Major One-Man Exhibitions
1991- Personal View Gallery, Moscow
1992 - Riddle of the Soul - Personal Exhibition, Lossana, Switzerland
1993 - Crossroads, Tver
1994 - Food-Art, Moscow
1995 - Snake in Grass, Kouznetzky Most, Moscow
1995 - Post-Modernism is Deadб Post-Modernizm is alive, Moscow
1995 - ARS-MODERN Gallery, Riga
1996 - The Center Gallery, Riga
1996 - Art-manege, Internatinal Exhibition, Moscow
1996 - The Happiness Smells As Rosemary, The Central House of the Artists Moscow
1997 - Dogs, ARS-Modern Gallery, Riga
1998 - ART-Salon, The Central House of the Artists Moscow
1999 - The Center Gallery, Riga
1999- The State Art Gallery, Kaliningrad
1999 - The forgotten Gods, A-3 , Gallery Moscow
2000 - The German-Russia House, Personal Exhibition, Kaliningrad
2000- Meseum of Modern Russian Artб New Jersey, USA
2000-2005- ART-Salon, The Central House of the Artists Moscow

miro




photo by gradiva.inc - -

◆アレクセイ・グリゴリョフ

 全くお手上げです。ロシアの画家には違いないのだけれど、画像がたった一枚のみ。ネット上ではどう手を尽くしても情報皆無です。そもそもルシアンアートのアーカイブにすら名前と画像のみで、以下の如き有様。

Biographical information

No information available

Collections where works are held

No information available

Participation in exhibitions and auctions

No information available

Autobiographical notes

No information available

What the critics say

No information available

Bibliography

No information available

アレクセイ・グリゴリョフ

 こうなると、こう言うしかない。私の心眼に賭けてここに年齢不詳の凄い幻想画家がいるらしい、と。

 追記:何とか画像をもう一つ見つけたが、紹介文がスウェーデン語ときては皆目理解出来ない。http://www.tornio.fi/aine/aleksei.htm

アレクセイ・グリゴリョフ2
photo by gradiva.inc - -

◆フランク・コルタン

コルタン1

 フランク・コルタンは世界中に存在するウィーン幻想派、殊にエルンスト・フックスの薫陶を受けた画家の一人である。美術大学でならば、その任官の間、その生徒の数たるや膨大に過ぎるので、教えた事すらすっかり忘れて果てて無責任を決め込めるが、プロフェッサー・フックスはそもそも大学の教職に席を置いた試しなく,そのゾンマーセミナー(私設夏期講座)などで教えを乞うた生徒のみが、敬意を込めて「教授」と呼ぶのである。即ちそれは現実には存在しない幻想芸術大学を、ディアスポラとして存在せしめているかの如し。思えばフックス程愛される師は滅多にあるまい。

コルタン2

 フックス先生の推薦文を引こう。

「率直にコルタンには 非常に満足である。そこに芸術家皇帝ルドルフ二世の神髄を味わい、目を見張るコルタンのようなある真摯なマニエリスムの気高い精神を、同時代人としてここに見るためである。何故なら、既に絶えているかに見える古典の、壮大な絵画を支配し製作することは必須なれば。 5月彼の仕事は、無意味な芸術によって盲目になった人々に、絵画言語を再度理解できるように開示されている。」(2003年4月16日モナコにて。プロフェッサー・フックス)

コルタン3

 フランク・コルタンは1964年チェコのプラハに生まれた。音楽教育を受けるが、チェコからスイスに移住、ドイツでトロンプ・ルイユ(騙し絵)に魅せられ、画家を志しその後プラハのマサリク芸術アカデミーを卒業。現在はドイツのニュールンベルグ及びカールスルーエで活動。チェコ、ドイツ、スイス、モナコ、チリ、ベルギーで展示。サルバドル・ダリ世界賞、フランツ・カフカヨーロッパメダル、ルドルフ二世賞、クプカ賞など名だたる受賞歴である。

 ハンス・カンテール、ヴィクトール・サフォンキンなどとの交流も見られ、ロシアや東欧出身の若手画家を支持している模様。

コルタン4
photo by gradiva.inc - -

◆ミカイル・チェルパノフ

みか1

 ロシア関連、幻想系で言えば粒よりのソースを発見していたので、暫くそこから紹介して行こう。真に旧共産圏の懐は深い。これでもかこれでもかといった具合に、珍にして妙なる人材にことかかないのである。
 文学畑も文豪を多く輩出しているだけに、ヴィクトール・ぺレ−ヴィンなどポスト共産主義世代を筆頭に、何か鳴動し続けている感がする。それをネットがこき混ぜて更に面白くしているようだ。

みか 2

 ミカイル・チェルパノフのデータは以下。

One-man Shows:

1982 The library of the Moscow College of Architecture.
1990 The Academy of Music after P. Tchaikovskij, Moscow Fund of
Culture, Moscow.
1991 The Public Library after N. Nekrasov, Moscow.
  "The World of Chimeras", The House of Europe, "Author`s
Television". "German" Gallery. Moscow.

Exhibitions:

1191 The House of Artist. "Triglit" Gallery. Kuznetskij Most. Moscow.    "Kunst und Muzeumkrais Bad Essen" Museum. Germany.
1991-1993 "Rubens" Gallery. Moscow.
1995 "Soul and Soil". Moscow.
1997 "Eastern Motifs". "Kino" Gallery. Moscow.

 漢字ブームは依然として世界を席巻していて、ロシアですらもかくのごとし。他の作品はいざ知らずコラージュ乃至ペン画が主の画家であるらしい。

みか3
photo by gradiva.inc - -

◆アルベール・ドラチコビッチ・トーマ

どら1

 ここに掲げるアルベール・ドラチコビッチ・トーマの作品を幻想絵画というと、クレーム必死であろう。私が集めた画像の多くが近作の寂しい雪景色ばかりで、それ以外は画廊のネームが刻印されていて使えないのである。
 であるにしてもアルベール・ドラチコビッチ・トーマが風景画を得意とするのは確かで、彼の絵に奇怪な幻想が忍び寄るのは決まって風景と静物の組み合わせであり、彼の中に抜き難く記憶化された景色があるからだろう。即ちそれは、還ったところで失われているに違いない郷里であり、琺瑯質を思わせる彼の油彩・テンペラ画のマチエールと相俟って、永遠に失われ続けるものへの絶大なる郷愁を塩漬、否、氷漬けにしているかに迫るものがあるからだ。



 アルベール・ドラチコビッチ・トーマは1928年にセルビア・モンテネグロのベオグラードで生まれている。1939年からパリに住み、装飾美術学校を経て舞台装飾や古典絵画の修復などで口を糊しながら、1951年以降数多の展示を行っている。



 追記:これという確証はないのだが、以前こちらで紹介した◆27.ジェラール・ヴィルムノはアルベール・ドラチコビッチ・トーマの弟子ではないかと直感している。そう思える程に雪景が似ているのだ。精査してみたい。
photo by gradiva.inc - -

◆キヌコ・Y・クラフト

◆キヌコ・Y・クラフト

クラフト1

 以下プロフィール、キヌコヤマベ−クラフト「幻想画の世界“春の夜の夢”展」(於:金沢21世紀美術館)より転載。

 クラフト女史は日本に生まれ、1962年金沢美術大学(金沢美大)を卒業。(BFA)60年代初めに渡米し、シカゴ美術学校において1年半、デザインとイラストの勉強をした。その後、有名ないくつかのシカゴのアートスタジオで数年間働いた。10年後、彼女の作品はあちこちから引っ張りだことなり、その後長期に渡りフリーランスのイラストレーターとして成功を収めるのである。彼女はこの時期、主に出版や広告業界で働き、定期的に全国的な雑誌や新聞に彼女の作品が登場した。1990年代中頃以降は、子ども向け絵本やファンタジーの本のジャケットやポスターのデザインに専念してきた。

クラフト3

 という訳で日本では一部北陸でのみ知られた存在。思い切りラファエル前派している絵柄だが、以前紹介済みのデビット・バワーズ同様、イラストレーターとして定評のある仕事をしてしまうとファインアートでは適わない臆面のなさで、悠々と古典主義してしまうのだろうか。しかし、腕前を見る限り、下手なファインなんかよりよっぽど伝統的な手法で、しかも抜きでているのである。今日日、コンテンポラリーの方がずっとコンサバなのではないかと思わせるものがある。

クラフト2

http://www.kycraft.com/








photo by gradiva.inc - -

◆ユーグ・ジレ

ユーグ・ジレ

ユーグ・ジレ

 私事(展覧会)にかまけてひと月近く更新をサボっているうちに、案じていたことが起きてしまった。世界最大規模の幻想絵画団体AOIにユーグ・ジレが参加してしまったのだ。実力があるだけに、ロシアのセルゲイ・アパリン、ヴィクトール・サフォンキン同様、瞬く間に斯界のスターダムにのし上がるだろう。実を申せば、後進のIFAA(日本初の幻想芸術団体)も孰れAOIと絡む予定ではあるが、今年立ち上げたばかりで交流展など応じるには時期尚早、本格交渉は来年からと思っていた。ユーグ・ジレとは何度か連絡をとっていたので、来年会う心算だったのだが。噫、バカンス気分でオーストラリアに出張展示などに出掛けている場合ではなかった。そのせいでパリ行きが延期されたのだから。孰れにせよ、イギリス嫌いのパリジャンが、自ら頭を下げていくには何らかの覚悟があってのことだろう。彼のため只管栄達を祈る。
 パリの幻想美術団体を率いるマルク・アラングルがどう打って出るかを想えば、恐らくAOIとの合同展がフェリエール城の『幻想美術館』で近々実現してしまうのではなかろうか? ユーグ・ジレはそのパリの幻想美術団体の寵児なのである。このBlogでも隠し球でした。少しショックが大きいので彼の作品のみベタ張りし、本格紹介は後刻に譲る。

ユーグ・ジレ2
photo by gradiva.inc - -

◆クリスチャーネ・セガウスキ

◆クリスチャーネ・セガウスキ

sega1

 画家出身のシネアストというか、絵画的イマジネーションを時間制芸術に捧げてしまう才能は結構多い。その逆はどうかというと、止めておくべきでしょうというケースがほとんどだ。殊にアニメーションの誘惑に駆られる画家は多いのではないだろうか。斯く言う筆者も、アルフレッド・ジャリの『ユビュ王』を人形アニメで実現せんとの企画を永らく暖めていたが、未だ実現の見込みはない。
 それはさて置き、この辺の動機にはブラザーズ・クェイやヤン・シュヴァンクマイエルの深甚なる影響があって、今や時代は人形アニメのみか、人形自体、そしてシュルレアリスムのポップ化にまで預かって力があったと回顧できる。ブラザーズ・クェイの『ストリート・オブ・クロコダイル』発表から早くも二十年、最早、隔世の感となってしまった。

sega2

 クリスチャーネ・セガウスキは、近年人形アニメ『Blood Tea and Red Strings』、その他で世界各所のアニメ映画祭で優勝し、DVDなども出ている映像作家である。主な活動はニューヨークらしいが、サイトを訪れてみると、フィルムのみならず、イラスト、人形、グッズ、ファッション(ハロウィンにしか着れません)、と凡そフィルムに用いた手芸世界の全てを営業に供している。しかし前歴は画家であり、この路線にはもう戻らぬのではないか、と何やら才能流失のようなことを思ってしまう筆者なのでありました。

sega3

http://christianecegavske.com/
photo by gradiva.inc - -

◆ダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ

◆ダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ

ura1ウラジミール・オフチャロフ

ura.2ウラジミール・オフチャロフ

 夫婦善哉、こういうしかないダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ。夫婦で画家は決して珍しくはないが、仲良くHPで同居しているのみか、その作品世界すらも共有している感が否めない。とは申せ、個性の差は画然としているので、旦那がうっかり妻に絵を教えて立場逆転、車輪の下という訳ではなさそうだ。ただ、仲がいいところを見せつけているには違いない。
 ウラジミールは、1963年ブルガリアのソフィア生まれ。ソフィアの国立美術アカデミーで、東方正教会のイコン画の技術その他を学んだ。ソフィアの大手画廊と組んだり、展覧会プロデュースなど手広く行ってきた模様。ダニエラは生年を示さぬながらほぼ同じ経歴であるので、この辺は夫唱婦随。因みに両者ともメキシコに居た経歴を持つので、殊にダニエラの画風からレオノーラ・カリントンとの接触があったかも知れない。これは飽くまでも筆者の憶測であり、画歴には何らそのようなことは唱われていない。

dani.3ダニエラ・オフチャロフ

dani.2ダニエラ・オフチャロフ

dani.1ダニエラ・オフチャロフ
photo by gradiva.inc - -

◆ヤロスラウ・ミカラシェビッチ

◆ヤロスラウ・ミカラシェビッチ

mika1

 本人は大真面目なのだが、その意図があまりにも願望充足的でつい笑ってしまう絵がある。洋の東西、性的なファンタズムが己の全存在であるような作品、そうでなくても絵を観るにつけ、頭の中はそればかりといった結論にしかならない御仁がいる。私の知る或る画家もそうで、絵だけならまだしも、往住坐臥、エロス、エロス、エロスと臆面もない。

 ヤロスラウ・ミカラシェビッチの日常がどうかは知る由もないが、少なくともヌードが大好きなことだけは頷ける。しかも、マネの『草上の昼食』の如きスキャンダルを企んでいる訳もなく、只管街角の椿事を待望している、そう見えてしまう。しかし、これは私の菅見に過ぎぬであろう。彼の絵を精緻に眺めれば、そこにはペーテル・ブリューゲルを地でいって、現代に蘇らせている自負を嗅ぎ取るからだ。口性ない現代美術惚けや偶像崇拝者は言うだろう、猿真似と。しかし、そんな連中も彼の絵の中でしっかり役回りが与えられている。少なくとも、ペーテル・ブリューゲルを現代に召喚したら何が起こるかを言えば、それは底抜けのパロディとなるこれは証左。
 大笑いしながら観る。これは民衆画。そしてヤロスラウ・ミカラシェビッチは絵の中で、街角のパパラッチと化している。

mika2

 バイオグラフィは1948年ポーランドの地方都市で生まれたこと位しか分からない。筆者の解さぬ言語故。個人HPのURLを示す。

http://www.miklasiewicz.prv.pl/

mika3

photo by gradiva.inc - -

◆アンドレヤ・マシアニス

アンドレヤ・マシアニス

 例によって東欧やロシアの若い画家は凄まじい。何がと言って緻密な絵であるにも拘らずタフというかなんというか。まさにパラノイアの鑑。以前紹介したロシアのビクトール・サフォンキンも三十前後で見きれぬ程の製作量でしたが、幻想系Webリンクでサイトデビューするや、あれよあれよという間に斯界のスターダムにのし上がった感。今やパリの幻想絵画専門画廊が専属契約。

male1
 
 アンドレヤ・マシアニスは1974年ポーランドはピラに生まれる。ニコラス・コペルニクス大学でディプロマ取得。タデウシュ・クリシュヴィッツ財団のデッサンのスカラーシップを受ける。ポーランドドローイングビエンナーレで二等賞。ワルシャワ芸術アカデミー劇場2001にてトルン市長賞。と実力を証明している。

 さてアンドレヤ・マシアニスも御歳32歳でドローイングが多いとはいえ、実に過剰。見ていると頭がくらくらします。否、個々の作品が見応えがあり過ぎて、Webでは只管長文を読まされている感触。という訳で、今回は直接彼のサイトへ行って皆さんにも疲れてもらいましょう。以下URL参照。

male2

http://www.galery2003.republika.pl/

http://masianis.qw.pl/

male3
photo by gradiva.inc - -

◆プレミジル・マルティネック

プレミジル・マルティネック

マルテュネック1

 「本人にしか分からないマンガ」、こう言いたくなるチェコのシュルレアリスト、プレミジル・マルティネック。凄くいい感じに熟(こな)れたデッサンで妙に味がある。パブロ・ピカソのデッサンや初期のジョアン・ミロ、或いはアルフレート・クビーンを彷彿とさせるが、その孰れでもない。敢えて言えば、諧謔精神の鑑、アルフレッド・ジャリの『ユビュ王』に作家自身がつけた挿絵のような滑稽なタッチである。しかし、印象で語れるのはここまで。私の解さない言語のため、経歴その他紹介のしようがない。偶にはこういうこともある。画像だけ貼ってお終いのblogにはしたくないのだが、やんぬるかな。以下HPアドレス。

http://www.surrealismus.cz/martinec/

maru2

maru3

追記:おっとっと、我ながら粗忽者で驚きます。英文頁がありました。バイオは以下。筆者と同い年ですなぁ。しみじみ。

He was born on 7th November 1957 in Mělník, Czech Republic.
He graduated from Pedagogic University in Prague.
He lives and works in Prague.

photo by gradiva.inc - -

◆マルシ・パリバトラ

 お妃様は幻想画家。

マルシ1

 今日、世界に宮廷画家が何人いるか、少なくとも一人は確実に居る。しかも宮廷お抱えなどという官吏職ではなく、王族本人が画家であるという直裁な話。ラマ5世の孫チャムポット殿下妃マルシがその人。王族なれば、趣味で絵位は描くだろう? とんでもない!
 彼女はタイのシュルレアリストであるばかりか、アジアのレオノル・フィニ。そんなことを言ったら、不敬にあたる。否応なく彼女はマルシ・パリバトラなのである。

マルシ2

 作品を見れば分かるに違いない。出来れば還俗して欲しい。彼女の絵が欲しい。そんな徒な願いは如何なる金満家だろうと、如何なる画商だろうと叶わない。何故なら彼女の絵は収蔵場所が始めから決まっているからである。そこはTHE SUAN PAKKAD PALACE MUSEUM

 殺し屋の詩人ピエール・フランソワ・ラスネールも書いている「王の運命を選ぶことなど、わたしには決して思いつかない」。誰一人真の批評を得られぬに違いない彼女は、画家として幸福なのだろうか、それとも不幸なのだろうか? 私ですら讃辞の言葉の他ない。

マルシ

 余談だが、 チャムポット・パリバトラ殿下は宮廷音楽家、否、作曲家でCDもある。

photo by gradiva.inc - -

◆マンフレッド・W・ユルゲンス

マンフレッド・W・ユルゲンス

?2

 1956年独逸はメクレンブルクに生まれたマンフレッド・W・ユルゲンスは、若くして船員見習いを経て画家に転じている。元船乗りという前歴は画家として決して異色ではない。何故なら、航海中海が荒れなければ、絵を描くか、本を読むか、ほとんどやることがないからである。画家としての主な勉学はベルリンで為したようだが、それは環境デザイン、写真のクラスであったようだ。
 ビスマルクに居住しつつ、船員の前歴故か放浪癖か、イギリス、アイルランド、イタリア、スリランカ、および台湾で滞在とあり、今はヴェネチアをメインに活動している。

?4

 氏のHPを見るに、劈頭「ニューリアリズム」と唱っている。独逸というと新即物主義が挙げられるが、マンフレッド・W・ユルゲンスの画業にもそうした傾向が読み取れる。故に幻想美術で括っていいかどうか、単なる写生とは異なる過剰な空間意識が働いていて、それが人物画だろうが、風景画だろうが、静物画だろうが、悉く奇異な印象が付きまとう。

?3

 何を今更「ニューリアリズム」などとアナクロなことを、と早合点する前に、写真を学んだという経歴から推して、これはリアルでもリアルの復活でもなく、非現実そのものさ、要するに絵なんだ、と念押しされているような気がするのである。

http://www.m-w-juergens.de/index-e.html

?1

photo by gradiva.inc - -

◆ズデニェク・ヤンダ(2)

3

ズデニェク・ヤンダ

 私も画家の端くれ。目下、己が製作に忙しく、下調べを充分にしてから記事に出来ないのが残念だ。従ってすっかりここが疎かに。

 今期、緊急に記事を拵えるのは、四年程前から注目し高く評価していたズデニェク・ヤンダがHPを開設したからだ。

http://janda-art.com/

1

 スイスのクラウス画廊扱いで、情報袋小路、チェコの画家である以外、詳しい経歴が皆目掴めなかったのだ。画商は何でも独占したがるので、あれではちっとも名前が広まらない。個人HPなので初めて見る纏まった仕事も嬉しい。画家本人ともコンタクトが取れる。世界には凄い幻想画家が沢山居る証左。恐らくヤンダのHPは日本国内では初のお披露目となろう。

2
photo by gradiva.inc - -

◆マーゴ・セルスキ

?1

マーゴ・セルスキ

 惚れました! 見れば見る程セル、眺めれば眺める程にスキ、スキスキ。恋しくて恋しくて...否、欲しくて欲しくて仕方ない。はっきり言って、彼女の作品百発百中です。天才か? 困りました。文案は頭の中を巡れども、冷静になれません。会いに行く!!(そんなこと今は無理)

?3

 推薦文にはこんな文言を。ちょっと凄い、女流画家マーゴ・セルスキ。 その画風は、黄金期の女性シュルレアリスト達の中に、平然と座を占め、しかも現代の若々しい才能であるということ。当人も恐ろしく美しいということ。

 兎に角何とかせねば...。感想文は後にします。

?2
photo by gradiva.inc - -

◆ゲーリー・モンロー

 己が創作活動や私事に追われてほぼ一ヶ月ここを休筆してしまった。ロシアの幻想画家もまだ幾たりもいるのだが、ちょっと詳しく調べようとすると言語の壁があり、宝探しは盲滅法、砂ばかり嚼まされる。それに少し飽いた。ヨーロッパその他の作家も行列をなして待機している按配なので、気紛れ紹介を続行しよう。
 調べ事をしていると、思わぬ副産物が現れて、本旨を退けてもこれは! と紹介したくなるのも人情だ。

 何だ!? こいつは!! という訳で、今回のキャプションは「蛇と戦うことに憑かれた男」。



モンロー1

ゲーリー・モンロー

 この主題は明らかにラオコーンを意識したものだが、聖書物語と習合し、果ては訳の分からぬ場末の蛇の襲撃や騒擾へと発展する。ここに悪の侵入を認めるのは容易いが、一体全体何だってこんなに蛇まみれにしなければならぬのか、真に訝しい。この過剰とその制御の飽くなき妄念は、最早、蛇との闘いや神意なのではなく、蛇と戯れること自体にこそ取り憑かれていると言うべきだろう。
 子供時代に縄で緊縛される折檻を受けていたとか、ふと道端で出会わす蛇(恐らくガラガラ蛇)に異様な怖れや、蛇使いに禁忌をともなうエロスの感情を抱いていたとかの、ゲーリー・モンロー物語を捏造したくなる程である。

モンロー2

 ゲーリー・モンローは、米国のノクスビル(テネシー)で育てられて、ケンタッキー大学で芸術教育を受けた。そして、数年間芸術キャリアを追求して、働きながら、ダラスに住んでいた。500Xグループの活動的なメンバーとなり、ダラスで頻繁に展示会に出品。 最近、ノクスビルに戻って、アパラチアの文化的な活動を支援している。

モンロー4

モンロー3
photo by gradiva.inc - -

◆セルゲイ・チェルネンコ

??

セルゲイ・チェルネンコ

 1961年にソビエトに生まれた世代に、何か特別な因果関係でもあるのだろうか? この所紹介するロシアの幻想画家皆、何故か1961年生まれなのである。以前紹介したエッチャーのオレグ・デニセンコもそうであり、セルゲイ・チェルネンコもその一人だ(同年生まれはこれで四人目)。ロシアの幻想画家をカテゴライズするのは極めて困難で,毎回悩む。はっきり言って、セルゲイ・チェルネンコもここで取り上げたものかどうか、前々から迷っていた。
 かなりアクが強く、その世界もフォークロアのような、魔術的なような、それでいて脳天気に見え、上手いのか下手なのか、さっぱり分からない。兎に角描きたいイメージを、無手勝流に押し込めて、けたたましく、また牧歌的。ナンセンスと言いたいが、そもそもセンスなんか問題にしてない感じ。見手の好みで評価は大きく分かれるだろう。だが、気をつけてくれたまえ! 好きだ嫌いだが言える程に個性が強いということを。

 ??2

 ウクライナ生まれ。クリミア自治共和国、ウクライナ大学芸術学部で学ぶ。モスクワにてイラストレーターとして働く。ソビエト連邦崩壊後、テルアビブ、イギリス、ストックホルム、サンフランシスコ、モントリオールなどで個展や数多の国際展に参加。

??3

追記:もしやと思い調べてみたら、セルゲイ・アパリンも1961年ボロネジ生まれであった。これで、ここで扱ったロシアの幻想画家五人までが1961年生まれと相成る。ここまでくると単なる偶然ではなく、「幻想の星のもとに生まれて」とキャプションを入れたい誘惑にかられる。
photo by gradiva.inc - -

◆ユーリィ・ユーロフ

yuri1

 同じ柳の下は泥鰌だらけ。それがロシアの幻想画家達の印象である。類は朋を呼ぶというか、芋蔓式というか、矢張りロシアは幻想画家のお宝の山である。理由を考えれば、西側がモダニスムだポスト・モダンだと狂奔している間、弾圧を受けたり、収容所列島送りにされたり、信仰を禁じられたり、共産官製美術以外禁忌であった不遇に対し、只管内向せざるを得なかった画家達の、自由な想像力の砦がまさに幻想絵画ではなかったか、ということだ。即ち、昨日今日の引き蘢りどころではないのである。

 最早四半世紀程前だが、ソビエト連邦美術の大きな展覧会が日本で催されたことがあった。それを見た若い筆者は、新味のないなんと古くさい画家達の群れであることか、これをアカデミスムと呼ぶのだな、と嘯いたものだった。その一方で、どれもこれも恐るべきテクニシャンだと感心してもいた。皆ソビエト連邦各アカデミーの先生達の絵であった。

 一時、西側と異なる美術の流れに身を置いた旧共産圏の作家一人一人が、実は失われた絵画のタイムカプセルと化し、そればかりか独自の進化を遂げ、今、幻想絵画として花開いているのではないか、とすら思える。絵画主義の観点から見ても、バルテュスは最後の画家ではなかったことになる。

yuri3

 さて、前置きが長くなった。ユーリィ・ユーロフは、先に紹介したコンスタンティン・プロゾロフスキーの郷里のお仲間である。1961年ボロネジ(ロシア)生まれ。12歳からモスクワで芸術家としてのトレーニングを始めアカデミーを終了。彫刻及び写真の仕事もしているという。

yuri2
photo by gradiva.inc - -

◆コンスタンティン・プロゾロフスキー

1

 コンスタンティン・プロゾロフスキー

 真にロシアは幻想画家の宝庫である。セルゲイ・アパリン然り。ビクトール・サフォンキン然り。ウラディスラフ・プロヴォトロフ然り。まだまだ沢山居る気配である。

 コンスタンティン・プロゾロフスキーは、そうした中でもシュルレアリスム乃至、オニリック(夢的)な、童心に見た不思議な光景を描く画家というべきか。その印象は、アルフレート・クビーンやエドガー・エンデを彷彿させて、その孰れでもない。そして、何ともいえぬ魅力を持っている。

??2

 コンスタンティン・プロゾロフスキーは、1963年ロシアのボロネジで生まれた。ボロネジ芸術大学で学び、その作品は、ロシア、ドイツ、米国、エストニア、フィンランド、ポーランド、イタリアの個人収集家の許にあるそうだ。

?????.2
photo by gradiva.inc - -

◆ジュール・ペライム

????

ジュール・ペライム

 何を持ってシュルレアリスム絵画かというと、幻想絵画以上に定義が難しい。ブルトン先生在りし頃は、先生のお気に入りだけがシュールであって、除名された筈のルイ・アラゴンなども、晩年、抽象寄りのルーヤウォンクを持ち上げるために彼を最後のシュールと言ってみたが、あまり効果は無かったようだ。ダリに至っては、自分だけがシュールだと言っていた始末。今日日、誰が言ったのか、ブラザーズ・クェイはシュールということになっている。シュワンクマイエルに影響を受けたから、ということらしい。
 これから紹介するポーランドのジュール・ペライム。何処からどう見ても典型的なシュルレアリスム画家。アラン・ジュフロアなども朋輩で、何で今に至るまで知られなかったのか、不思議である。

????2

1914年ブカレスト生まれ。今も生きているらしい。
photo by gradiva.inc - -

◆パブロ・ウエイツ・カリントン

??

 パブロ・ウエイツ・カリントン

 言わずと知れたレオノーラ・カリントンの子息である。と言いたいところだが、日本では極々一部でしか知られていないことと思う。レオノーラ・カリントンにしてからが、比較的纏まった実作が紹介されたのが渋谷の画廊で18年程前。レオノーラ・カリントン短編集『恐怖の館』(工作舍1997刊)の翻訳者野中雅代氏の奔走で実現した展覧会であった。エロスや女性シュルレアリストをメインに扱う、と看板を掲げるさる画廊の手柄などでは決してない。単なる場所が磁場などになる筈がないのである。

 そうした訳で、パブロだが、経歴一切氏のHP本編に譲ろう。シュルレアリスムが世襲制と成るか否かはいざ知らず、アカデミスムを極端に嫌うレオノーラの薫陶故か、パブロの作品は限りなくアウトサイダーのそれとなっている。それはまるで昨日今日絵を描き出した素人と見紛うばかりだ。メキシコでは堂々たるシュルレアリストで通っている。母レオノールとのカダーブルエクスキ(美妙なる屍体)など見所が多い。日本でもグループ展などに出品しているように見受けられるが、ナイキギャラリーが何処に所属するか筆者は寡聞にして知らない。

以下パブロ・ウエイツ・カリントン公式HP

http://www.members.tripod.com/weisz-carrington/index.htm

photo by gradiva.inc - -

◆マリオ・ドニゼッティ

mario1
??2

マリオ・ドニゼッティ

 1932年、イタリアのベルガモ生まれ。先頃亡くなったロ−マ法王ヨハネ・パウロ二世の肖像画などでTIME誌の表紙を飾ったりして、世界的に有名な宗教画家という評価がある。バチカンの仕事などを受けているので、アナクロニックな宗教画家と捉えて間違いはないが、この種リアリズムを幻想絵画とするのも異論のあるところだろう。
 ことは一筋縄では行かぬと見えて、「何故比喩的なのか?」という著作を持って、カントの『判断力批判』の再解釈を促し、現代の芸術的な形式のための空論的な失敗の、出発点とされたカントの美的判断の基礎に必要な代案を提示しているのだという。現代美術サイドではなくて一見伝統的に見える表現者からの乾坤一擲か...。著作を読まないことには何も言えぬ。

??3

幻想と思える作品はこっち。
片や古典的なピエロ・デラ・フランチェスカ風横顔。

mario2
photo by gradiva.inc - -

◆ユルゲン・マーラー・エルバン

Х
 「現世を超えた幻想」、そうユルゲン・マーラー・エルバンは説く。自分の絵には、何の美術理論も象徴も無い、と。即ち、「理論は灰色で生命の樹は緑」と言って、評論家や学者を大いに落胆させる、それは実作実感主義だろう。「絵は翻訳不能である」というと、多くの実作者達は「得たりや応」と共感するだろう、筆者もその一人なのだが、事はかかる専門職の暗黙知では、どうすることも出来ないもどかしさが付き纏う。
 或る意味、シュルレアリズムなどが掘り起こした無意識領域の顕在化(であるとせよ)である幻想芸術は、人間存在そのもののミステリーという淵源に浸されていて、常に人を不安にさせる手のものだからだ。エロスや野生、魑魅魍魎、妖精や天上的な世界。それら幻想すらも、手懐けなければ容易に「彼岸」に行ってしまって、戻って来れない態のもの、そう筆者は思うのだが如何なものか。
 空想的な芸術は、「男性的な幻視の暗くて深遠な衝動の聖域」であると言い切るユルゲン・マーラー・エルバンの絵はそのものズバリ、ダークアートである。筆者もかかるハードな男性路線は好きである。しかれども昨今、「可愛い」も含めてジェンダー慣習の規範を越える嗜好が蔓延っているので、「男性的」は形式上として置いた方がいいだろう。勿論、詐術に過ぎないが。

Х1

http://hjem.get2net.dk/mahler-elbang/

Х2
photo by gradiva.inc - -

◆クリスティナ・ベルガノ

??

 「私は犬になりたい」とキャプションをつけたくなるクリスティナ・ベルガノ。ネタ元は以下のURLだか、国内の貼り込み専門のあちこちのblogにも散見される。

http://www.artnet.com/artist/17169/cristina-vergano.html

 大概のソースがキャビノッド・コムやシパンゴなる日本好き外人子弟が主催するblogからの流用である。筆者も随分重宝させてもらった。しかし何のことはない。彼等もA.O.Iから丹念にリンクを辿っていっているだけで、一見悪趣味に見える、A.O.Iの醜いアイコンの羅列には、かなり優れた画家が多く含まれるのである。今回は情報開示。労を厭わずご自分で探してみては如何か?

http://www.artofimagination.org/

?

 クリスティナ・ベルガノは、アタナシウス・キルヒャーや大航海時代の博物趣味、そこに進化論妄想を加えて、象徴的な変身願望を体現している。どこかしらコロニアリズムへの郷愁とアンビバレントな批判が込められており、額縁を描き込むトロンプルイユの手法に額面通りと非額面、即ち本音と建前の混濁としてのバロクシズムが察知出来る。何か強固なメッセージ性を全面に引き出しても詮無い、これは奇想であろう。経歴は上掲のアート・ネット(Web販売サイト)に譲る。

berugano
photo by gradiva.inc - -

◆オレグ・デニセンコ

??

 エッチャーには幻想画家がことの他多い。オレグ・デニセンコにはスワンベルグに通ずる装飾性が認められるが、それは恐らくアラベスクな印象から齎されるものだろう。

?
オレグ・デニセンコ

 1961年ウクライナ生まれ。ウクライナ絵画アカデミーでグラフィック科のディプロマ取得。絵画、版画、彫刻、カリグラフィー、装幀など守備範囲は広いとプロフィールにあるが、ウェブ上では版画作品しか見られない。国際版画ビエンナーレで注目され、最近欧州各国の画廊で取り扱われている。

?

photo by gradiva.inc - -

◆アンナ・ベットーリ

?a°?

アンナ・ベットーリ

 スペイン系写実主義かと思いきや、イタリアはパルマの女流画家。女性にしては描写力が極めて雄渾であり、面白いのは衣服だけとか、象徴的な背景だとかトロンプルイユを多用している点である。こうした質感のフェティシズムが、女性にもあったのかと暫し感慨深い。才能に至っては単なるリアリズムではなく、魔術的と言っていい。

?a°?2
photo by gradiva.inc - -

◆カレナ・A・カラス

?

カレナ・A・カラス

 以前紹介したウィスコンシン(USA)の女流シュルレアリスト、ジーナ・リザーランドに近い画家である。リザーランドに比べると、情念的な要素の強い画風であり、こうした暗い傾向性を持つ内向画は我が邦でも少なくない。しかし、ダークアートとする程でもない。今は詳述する暇がないので、後日追記することを約束して画像のみ掲げる。

?3

?2
photo by gradiva.inc - -

◆ウラディスラフ・プロヴォトロフ

???

 ウラディスラフ・プロヴォトロフ格好いい!!
恐らく一番いい時期のエルンスト・フックスの仕事に匹敵する。
フックスの場合はユダヤ教とのシンクレティズムであったが、こちらはロシア正教まっしぐらな現代イコン。我が邦で言えば、仏画や曼荼羅を描いている絵描きを最高に格好いいと褒めそやすようなものだが、実際、黙示録的世界を執拗に描いて格好いいんだから仕方ない。

???2

 経歴は1947年、ドイツのポツダム生まれ。ロシア工芸美術高等学校卒(モスクワ)。

p5
p6
p7
photo by gradiva.inc - -

◆サース・エンドレ

?2

 サース・エンドレは1926年にハンガリーの地方都市シクゼレーダで生まれた。 青年期の初期に芸術家を目指し、まめにこの目標を追求した。彼は故国とヨーロッパ、北アメリカで公共及び個人的なコレクションをなされている。
 1971年前半にカナダに移り、さらなる認識と喝采を受けた。彼の仕事への評価は、サース・エンドレが今世紀の最も重要な芸術家のひとりであることを示している。
 だそうです。

?1




河豚提灯?
?3

photo by gradiva.inc - -

◆ハインツ・ツァンダー

ハインツ・ツァンダー

?2

 1939年旧東ドイツに生まれる。フリッツ・クレメールにつきベルリン大学博士号取得。現在、ライプチヒにて製作を続ける。
 旧東ドイツの元アカデミー教授ハインツ・ツァンダー。先年末から今年にかけてドイツ各地で大きな展覧会を催した模様。現在失業者500万人、ナチス台頭の頃とほぼ同じ失業率の統合後ドイツ、新世紀初頭というのは天変地異も含めて何時も動乱するらしい。
 それはさておき、最近のツァンダー氏、画集の出版など好事が続き、絵柄が妙に華麗になってきている所が気になります。まぁ、苦労した画家が正当な評価を得るのはいいものだ。

?3

怪物を生む女達...。

?3
photo by gradiva.inc - -

◆デビッド・バワーズ

Х3

 この腕前を何としよう的イラストレーター、デビッド・バワーズ。コテコテの油絵なのに、イラストと言われると奇異の念を抱くが、ペ−パー・バックスの表紙などで夙に知られた存在なので、致し方ない。『タイム』誌の表紙を飾り、一時ニュースでも取り上げられたので記憶に新しい人も居るかも知れない。敢えてイラスト云々を取り沙汰すれば、アイデア勝負な所が弱さに通じ、模写以上でも以下でもないパロディの世界に流れて行ってしまうのが、如何にも商業美術だろう。ううむ悩ましい。

Х2

Х

 偶には生臭くいってみましょう。アートと謂えども売り物です(否、LAとNYのイラストレータ−協会の重鎮なので、商業美術そのもの)。上にも紹介したデビッド・バワーズの三連画のミニアチュール油彩作品などが、イギリスのデパート『ハロッズ』で売っています。お代は約二百万円也。どーんとボーナスでも入る身の上ならば、買えなくもないですね。
 著名だというだけで天文学的なプライスの、訳の分からぬ絵に較べれば、本人の手許にどれだけ行くかを考慮しても、極めて正当な手間賃に思えます。否、安すぎるかもしれません。

Х4

“Temptation”

 Original Oil
 21 x 26 cm
 9,950ポンド
photo by gradiva.inc - -

◆エリィ・テュニーヌ

エリィ・テュニーヌ

???

 ポーランド出身、パリ美大で学んだ女流画家。その色彩と力量は申し分ないのだが、グロテスクな身体表現が、これでもかこれでもかといった感じで、堪らない。凡そ美しい顔なんか描くものかといった風で、ただもうこの毒気の世界に誘われていくしかない。醜の美の追求という点では決して美点が無い訳ではない。デテールは寧ろ惚れ惚れする程なのだ。好みがどうこうではなしに、これは挑戦的ですらある。その意味では最早グレート。サイトを直に訪れて、吟味して頂きたい。以下URL参照。

http://www.elitiunine.com/index.php


???2
photo by gradiva.inc - -

◆ジェラール・ヴィルムノ

??w

ジェラール・ヴィルムノ

 1943年パリ郊外に生まれる。15歳から世界に対する反抗的なドローイングを行うも、パリ装飾美術学校などでデザインや建築を修め、何年間にも渡って誤った職業を追求したという。世界を再創造する野望に燃え、それをでっち上げるために、中世、その神秘説への過度の愛を、徐々に幼いときから蓄えたラブクラフトタイプの空想的な文学を、ひとつまみの漫画を追加しなければならなかった。それは死に絶えているテンペラ画と呼ばれる絵のスタイルに、多くのユーモア、ほんの少しの人類愛、および残念ながら地球に於けるの死の遍在を加えることとなった。

??w3

 何だか、訳の分からない解説だが、資料を要約するとこうなる。絵を見ると少し納得。

??w2
photo by gradiva.inc - -

◆ジョフラ・ボッシャール

?

 ジョフラ・ボッシャール

?2

 1919-1998。孤高のファンタジスト(物故作家)。その作風はシュールの影響から始まったが、エソテリック(秘教的)な幻視世界に大きく傾き、美術のメインストリームから遥かに遠ざかっていた。オランダの「メタリアリストグループ」に持ち上げられ、その全貌が明らかとなり、近年増々評価を高くしている。

?3
photo by gradiva.inc - -

◆ピエトロ・アンニゴーニ

???

 ピエトロ・アンニゴーニ


 「私は今日のアバンギャルドの作品の全てが、人生への愛の悲惨な損失から起こる、霊的なデカダンスに至っている果物であると確信しています。」byピエトロ・アンニゴー二

1910年ミラノ生まれ。1988年フィレンツェに没す。バルテュスだけが最後の画家じゃなかったかも上記発言。でも全くの古典主義ではありえない、これもモダンの諸相。もう時代は輝かしき未来になど向って進まない。即ち前世紀とは、丸ごとモダン、ポストモダンの夢の世紀そのものであったということだ。ピエトロ・アンニゴーニは、前世紀に於けるドンキホーテになりそこなった画家である。今世紀、そして時代はデュシャンがまた来てさようなら。

???2
photo by gradiva.inc - -

◆トム・マッキー

?a°

 トム・マッキー

アートガイを何と訳すのだろう。芸術野郎?
それにしてもシカゴは変だ。変な絵描きが一杯居る。若手のダークアート(「暗い芸術」)の担い手は皆ギーガーかジョエル・ピーター・ウィトキンの影響を受けて居り、フリークスやその流血イメージの量産は、見ている方が恥ずかしくなる程の低能ぶりで、まったく願い下げなのだが、中には唸ってしまうような奴も居る。

?
トム・マッキーは有機的な気味の悪さの対極に居る。ここまで石炭のように黒々と、甲虫めいた奇怪画を描かれてしまうと、それはいっそ気持ちよくさえある。人によってはこの絵描き、ラバーフェチなんじゃない? と思う者もあろうが、それはそれでいいのだろう。何故か描かれた人物が、皆怒りまくっているように見えるのは私だけか...。

???a°
photo by gradiva.inc - -

◆ルイジ・ラスペランザ

???1 

ルイジ・ラスペランザ

 初代ウィーン幻想派のほぼ凡ての画家の手解きを受けた天才だが、その気さくそうな面貌とは裏腹に、自身のアトリエを画廊兼スタジオ兼講座として開放しながら何となくヒッキーな感じである。

 さて、ウィーン幻想派周辺の知る人ぞ知るといったルイジ・ラスペランザだが、<絵描きの本文は絵画そのものである>といった信条故か、独立不覊の精神の為せる業か、そんじょそこらの画商もなかなか手が出せないようだ。身過ぎ世過ぎの為に大学に出戻り然るべき席を得るとか、これ個人営業に努めて立身出世するとかと無縁となっていくのは、当の画家が己の筆先だけを見ていたいからに他ならない。或いは師のエルンスト・フックスの営業方針を踏襲しているのやも知れぬ。即ち、自己画廊経営、自己美術館運営、私学校設立など。これは或る意味古典的な工房のありようでもある。嘗てのギルドシステムにあっては少しも多角経営ではない。画材メーカーもそうだが、分業の成れの果てが今日の有り様に過ぎない。そのエルンスト・フックスにしてからが、直接的には先達のサルヴァドル・ダリの営業スタイルを模倣したものと思える。
 しかし、パンの生活を除けば、フェルメールの「画家のアトリエ」ではないが、本来画家は、常に世間に背を向ける。即ちヒッキーそのもの。画家の正面に向いたいなら、モデルとなれば宜しいが、そうするとそこには画家との対峙があるばかりで考えは読めない。そればかりか、徹底的な客体とされてしまう。即ち画家を見たければ<絵>を見よ。所が画家自身もその視線の彼方、幻の影が何であるかを皆目知りはしないのだ。

??

 因みに上の画像は新作『日の女王』完成品と過程作。過程作に就いて、私は過去にこう書いたことがある。「このシンプルなヌード作品には何とも言えぬ魅力がある。彼は極めて特殊な思い入れでこの作品を描いていたに違いなく、仮にそうでなくとも見る者にある見返りを求める眼差し、即ちこの作品中の人物に恋することを要請する共犯的な眼差しを振り向けている。少なくとも画家はこの絵に恋している。この絵は画家の限りない讃仰の産物だ。恐らく彼は二度とこうした絵を描けぬか、無数の拡大再生産を続けるかの孰れかであろう。」

 ラスペランザの奇想の薬味をもって完成と見えるが、以前の何気ないヌードの方が佳かった。己を付け加えることで感動が失せてしまうことがままある。個性の発揮なるものは碌なことをしない。佳い絵であることの条件に、幻想絵画であることは何も寄与しないのだ。そして個性崇拝の愚かしさも、作品の神髄から遠い虚偽の仮り衣。

???

photo by gradiva.inc - -

◆ズデニェク・ヤンダ(1)

??a°

 1953年チェコスロバキアのルーニー生まれ。ヤンダの画像は額縁も込みにしなければならない。作家自作でオリジナリティに溢れているからだ。

 画廊の紹介文には___幻想レアリズム、これは私たちがズデニェク・ヤンダの芸術について説明するのにたぶん使用することができる用語である。 彼の絵が知覚可能な真の観察者を見つけ、彼等の想像でそれらを賑すことができたなら、作者の魔法の三角形の中に閉じ込められてしまうだろう。そして、今後は、彼の芸術のための正しい用語を見つける然程重要でない問題は、たぶん答えがないままで残り続ける。 はるかに重要であるのは、これらの絵をよく考えることによって、私たちが自分自身を見出すという結論である___とある。何だか分かったような分からぬような文言だが、要するに幻想的な世界を描いていて、魅力的な世界に誘っているということか。幻想絵画の定義を持ち出すと必ずこうした曖昧な是々非々や、カテゴライズの魔から逃れようと粉飾しだす。挙げ句、「佳い絵は佳い」とか同語反復を始めるのが落ちだ。だがスイスのクラウス画廊は各界の知識人なども出入りし、至極まともな方だ。日本の業者の多くは皆無知で不勉強な輩が多い。故に付和雷同的なブランド志向。それで価値など生み出せる訳がない。おまけに馬鹿な画家もカテゴライズを気にしてそれで自分が変わってしまうと畏れるらしい。

 「人間は見る能わず」位のダブルバインドを仕掛けてみよ。ズデニェク・ヤンダは佳い(笑)。

??a°
photo by gradiva.inc - -

◆セルゲイ・アパリン

??

セルゲイ・アパリン

 ロシアのダリ、セルゲイ・アパリン、行けてます!! 旧共産圏ロシアのアカデミシアンはレーピンの流れを汲み、実力者揃い。資本主義化して時を経ればとんでもない奴が出てくると思ってましたが、矢張り。旧東ドイツ出身者も同様に苦労して出て来てます。一点二点見た所で理解出来ないと思うので、以下URL参照。

http://www.aparin.com/

??
photo by gradiva.inc - -

◆ヴィクトール・サフォンキン

?

ヴィクトール・サフォンキン

 1967年、モルドビアの首都サランスク(ロシア)で生まれる。ほとんど独学。曰く「西洋古典シュルレアリスムと象徴主義」を標榜。セルゲイ・アパリンを「ロシアのダリ」と形容したが、ヴィクトール・サフォンキンは「現代のサルバトール・ローザ」というか、なんだかとんでもない感じ。何でもありという言葉は好きではないが、シュルレアリスムを理性的に狂うこととするなら、その象徴は一部読み取れなくもないが、完全に逝ってるかも知れない。
 諄い、しつこい、バタ臭い、そして異様な製作量の多さ。テクニックがあるようでいて、デッサンがど下手だったり、歪さが図抜けている。どれもこれも紙一重っぽいが、大人しい絵が何点かあり、それが実は彼の本質であるかも知れない。

photo by gradiva.inc - -

◆ポール・ラフォリー

????

 精神病者の作品にはシンメトリカルな構図が顕著に現れる。この<ポール・ラフォリィ>はどうも逝っちゃってる人らしい。幻想建築家というか、自閉症の成れの果てというか、宇宙人にインプラント(頭蓋に発信器を移植)されたと称し、その夥しい不可解設計図がアートとして発表したものか、真剣なのか分からないのである。グランド・ゼロに宇宙に帰還するための巨大ロケットなカテドラルの建設を真面目に唱えている。

????

 その誇大妄想に付合うのは措いても、筆者はこの図鑑みたいな無機質な路線に深く共鳴するのである。

????
photo by gradiva.inc - -

◆ジュディ・フォックス

??a°

ジュディ・フォックス

 この紹介のポリシーはというと、<行き当たりばったり>。その日の気分で、あれにするかこれにするか、ああ面倒くさい、カーソルがたまたま当たったフォルダを開いて、これでいいや、な感じです。
 世はお人形ブームとか。お人形というからには、ここにガンプラや人体標本やフィギュアは含まれないようですが、リカちゃん人形は? GIジョーは? 博多人形は? コケシは? とか枚挙に暇なくその周辺領域が気になってしまう筆者なのです。今回紹介するジュディ・フォックスは女流の<彫刻家>らしいのです。嘗てグレコローマン彫刻はけばけばしい彩色が施されていて、今それを再現すると艶かしくてとても見ていられないようです。田舎の神社の鳥居などが、赤々とペンキ塗りたて朱竹めいて気持ち悪いのと一緒ですね。
 さて、NYのアーティストのジュディ・フォックス作品を見ると、ああ、これは彫刻に違いない。そう察知する理由が<裸体自慢>にあるのだと、無根拠に思うのであります。余談ですが、最近趣味的に、おっ!と思ったのはカイリー・ミノーグ着せ替え人形でした。造顔が本人に似ているのは当たり前なのだけど、その顔の系列がサンダーバードであることにあらためて気づくのでありました。そうかぁ、カイリー・ミノーグはミス・ペネロープに似ているのかぁ...。

??a°
photo by gradiva.inc - -

◆ロージー・デマント

ロージー・デマント

??

 ニュージーランドの若き女流画家ロージー・デマントは、恐ろしく美人です。何で絵なんか描いてるの? 女優かモデルが相応しいのに勿体ない、などと言うと、問題発言。しかも本人にも似た少女たちを、幻想絵画とはいえ何故不可解に引き伸ばして描くのか...。どんなに美しくても、もうそれだけで訳知った絵描きの男共は怖くて近づけません。下手に関わると滅ぼされてしまうに違いないからです。

??

 余計なことを書きました。最近、オーストラリアやニュージーランドのアートシーンを眺めていて、彼の地が国や地域を挙げて芸術振興に極めて熱心であることに気づきました。で、ロージー・デマントですが、ほとんど無名にも関わらず、ニュージーランドの画廊オークションサイトが仕掛けたら、彼女のある作品に世界中からアクセスが集中し、回線を増設することになった程の人気とか。これから紹介するデンマークのシュルレアリストのゲオルグ・ブロエやダリの描いた蚊蜻蛉足の象のようなデフォルメです。

??
photo by gradiva.inc - -

◆ジュリー・ヘファーナン

????

 ジュリー・ヘファーナン

 NYで活躍する女流画家ジュリー・ヘファーナンの作品を見る時、超自然だとか、超常現象をただちに想起する者は私ばかりではあるまい。彼女の絵は、エレメント(地水火風)が全て同一画面に現出し、何とも言いようのない空間の変容が生起する中で、画家の分身とも言うべきバロック風の少女やツインズが裸体のままこちらに向って微笑むという、何とも不安な絵画なのである。序での事ながら、年齢は置いても美しい女性です。

????

 局部を隠したいのか、或いは逆に強調したいのか、何故か皆腰回りに過剰に物が纏わりついた人物像が多い。これから紹介するニュージーランドのロージー・デマント嬢は恐らく身長コンプレックスがあり、このジュリー・ヘファーナンには、ヌードに対する過度の羞恥心があるのではないか? すなわち孰れもモデルが作家自身であることを証している。単純すぎる推理か? 否、動機の単純さこそが思いの全てであることが、えてして女性には多い。それを複雑に捉えて勝手に陥落する男性も多いのである。


????

photo by gradiva.inc - -

◆ジャクリーヌ・マクベイン

?????

ジャクリーヌ・マクベイン

 「愛しき神は細部に宿り給う」、というアヴィ・ワールブルクのものとされる格言を細密画に当て嵌めると、何かが分かったような気になる。しかし、ジャクリーヌ・マクベインの花や昆虫や爬虫類の「ミクロコスモス」的生物画を見ると、愛よりも何か不気味な関係性を読み取ってしまい、とても神になど思いを致せないのである。はっきり言って怖い。静物画がこれほどパッショネートするのは、過剰故か? しかも作者が女性であることに、二重に驚くのである。洋の東西を問わず「蟲愛ずる姫君」(「堤中納言物語」)というのは必ず居て、怪しむにはあたらないのだが、何だかジャクリーヌ・マクベインに限っては、センスオブワンダーよりもより直裁な「虫けらの戦い」を感じてしまう。即ちそれは、苛烈な個々の存在様式の競い合いのようなものである。恐らく彼女の庭はちっとも癒されない庭、といっては失礼だが、猛烈な自然なのではなかろうか。過剰の質が男性のそれとは著しく異なる気がするのである。ふと、ゴルゴンを想起する。

?????
photo by gradiva.inc - -

◆ジーナ・リザーランド

??

ジーナ・リザーランド

 アメリカはウイスコンシン州の女流シュルレアリストである。その超自然的物語絵画の領域において、ドロテア・タニング、レオノーラ・カリントン、レメディオス・バロ、エディス・リミントンなどと比較してもまったく遜色がない個性である。

http://www.glitherland.com/

??
photo by gradiva.inc - -

◆ジョン・ワイルド

??

 昨今思うに、アメリカのシュルレアリスムのメッカはどうやらウィスコンシンであるらしいのです。これから紹介するジーナ・リザーランドなどもウィスコンシン周辺であり、その中でも今回紹介するジョン・ワイルドは、アメリカ中西部のシュルレアリスム運動の中心的存在であったようです。彼は1919年にウィスコンシンに生まれ、生涯この地域に留まり、ウィスコンシン大学で教鞭を取ることで多く才能に刺激を与え続け、その影響は今も継続している模様。
 日本で纏まった紹介がなされているとは思えないのですが、ミハエル・ダンカンの近著“Surrealism USA”2005 Hatje Cantz Publishers, Germany.に詳報あるかも知れません(筆者は未見)。

??
photo by gradiva.inc - -

◆モニカ・ファガン

??

モニカ・ファガン

 今回紹介するのは、モニカ・ファガン。フランスはボワシス・ラ・ベルトラン在住の幻想画家。生まれはイギリスのヨークシャーですが、18歳でフランスはレンヌ芸大でデッサンと絵画を専攻、セーヌ・シュール・マルヌやバルビゾンなどで活動し、一貫して都会は住みにくいとパリではなく地方を基地にしているようです。
 作品傾向はオペラの舞台、乃至マスケラ(仮面劇)をテーマとした象徴的な物語。好感の持てる筆致です。
photo by gradiva.inc - -

◆アン・マッコイ

??a°

アン・マッコイ

 1947年アメリカ、コロラドのボウルダー生まれの女流画家。現在はニューヨークに在住。キャリアの点では多数の美術館収蔵、枚挙に暇ない受賞歴、アメリカのみならず世界各地での美術教職歴など、輝かしいばかり。ただ、彼の地でどういった位置づけにあるか、アメリカの美術界の今を知らぬ筆者には、憶測の域を免れない。
 作品は壁画大作が多く、人類学や考古学的なテーマが伏在しているように見受けられる。具象傾向とは別に、インスタレーションの仕事なども見られ、製作に当たっては高度に知的な操作が行われているようである。

??a°
photo by gradiva.inc - -

◆マルク・アラングル

???

マルク・アラングル

 1948年パリ生まれ。『時の番人』なる宣言をもってポンピドーセンターで華々しくデビュー。以降TVや映画の分野で舞台美術に活躍。詩人のアラン・ボスケに「カスパー・ダビッド・フリードリッヒ」の再来と激賞される。近頃新設なったパリ郊外の、フェリエール城付属『幻想美術館』のディレクターをも勤め、これから紹介するユーグ・ジレやモニカ・ファガンなどフランスの地方在住の幻想画家を糾合し、首領として一派を成そうとしている。彼等の今後の動向から目を離せない。ギィ・ド・ロッシルド&マリー・エレーヌ財団の後押しを受けて、明確に幻想画家の新人紹介、育成を目指しているからである

???2
photo by gradiva.inc - -

◆マンフレッド・エブスター

??a°??

マンフレッド・エブスター

 1941年、チロル地方、ガラス工芸職人の家庭に生まれる。ウィーン応用美術大学グラフィック科に学び、フランス、スウェーデン、および米国滞在後ウィーンに戻る。『若き才能文化賞』一等賞受賞。その後出版メディアで働きながらプロ芸術家としてのキャリアを続けている。現在ウィーンと低地オーストリアに住み働く。
 画歴に置き直したが、結婚や子供を設けたことなどをトピックとして大きく掲げている点、極めて個人HPテイストである。ヴァーチャルギャラリー散策の醍醐味は、有名無名に全く棹さされずに作品を吟味出来る点だ。人柄と作品の乖離に、時に面喰らうが、このマンフレッド・エブスター氏も作品中の高度な企みと、篤実な家庭人の横顔に齟齬を覚える。
 彼の作品は、グラフィックセンスを鍛えた故の軽ろみに属するが、ロジェ・カイヨワの『石が描く』のような、本来自然そのものが担い手であるミネラリズム(鉱物幻想)を、手ずから全て描いてしまおうという逆説にある。大きく言えばトロンプルイユということになるが、石の肌理に発する類型を予告する意志とは一体何になるのだろう。世界を石化し、具象的に抽象システムの再解釈を促す? それともデザインへの反措定? かかる誘惑を筆者も免れぬが、淡白なマンフレッド・エブスター氏の、余白とその周辺への奇妙な愛に、何か底知れぬ関係性の不穏を読み取ってしまうのだ。即ち、幻想絵画には<何故?>が付き纏うが、これほど<何故?>が木霊する画家も珍しい。

http://www.ebster.com/

?a°??2
photo by gradiva.inc - -

◆カルステン・スベンソン

?????

カルステン・スベンソン

 幻想絵画の起源はヒエロニムス・ボッシュに帰されることが多い。しかし聖書的な主題を除けば、ヒエロニムス・ボッシュばかりが何を持って幻想的とされるのか、その定義付けは詳らかにされぬまま絵柄が如何にも幻想的であるという同語反復に至るケースが多いようだ。即ち、悦楽の園や地獄図が最も印象的な幻想絵画___放埒な想像力によって拡張された主題が、あらぬ方を目指しているかに見える奇怪な絵図となっている、という事に尽きるということらしい。
 さて、1926年デンマーク生まれのカルステン・スベンソンもボッシュに連なる典型的な幻想スタイルと言えるが、現代の文脈に置き換えられたその諧謔精神は、ボッシュよりも更に卑近な我々現代人の戯画となっている。ボッシュの作品を見て笑う人は少ないだろうが、カルステン・スベンソンの絵を見て滑稽に感じる人は少なくないだろう。ボッシュが真面目でスベンソンがおふざけという心算はない。もしかしたら、ボッシュを見て笑うべきツボを我々が失って久しいのではないか? という些々たる疑問を筆者が持っているというに過ぎない。
photo by gradiva.inc - -

◆ダロン・ムーラディアン

???

ダロン・ムーラディアン

 1961年にエレバン(アルメニア)で生まれる。エレバンの芸術学校に入学する前にテラコッタに関して学ぶ。彫刻高等師範学校での研究により、1974年から1980年の芸術大学の賞を得て、パリに留学。アルメニア(1972-1991)、およびパリ(1992-1996)で多くの発表。彼のすべての作品がアルメニア文化によって奮い立たせられ、東洋と西洋の文明を結合して、過去(中世)の思い出を含んでいる。ムーラディアンの幻想の世界は、私たち自身のルーツを求めるよりすばらしい静穏な未来に向け、私たちが徹底的な自己分析をするように導く。変わり続ける世界情勢において、聖書と神話学は大きな役割を果たしている。

 取り扱い専門画廊が、パリはボージュ広場に面したギャラリームーバンスになって以降、突如として本人のHPが消滅した。先に紹介したビクトール・サフォンキン自身のサイトなども、何時消えるとも知れぬと心配である。契約関係などマネージメントが始まると、色々縛られるケースが稀でない。その一方、頑に自主管理を行おうとする作家の場合、どんどん人間嫌いになっていって、ついには都会を離れ人跡未踏の地に住まい、「人間に見せる絵などない」とアトリエを開かなくなるような偏屈な御仁が、得てして幻想画家には多いのである。

???2
photo by gradiva.inc - -

◆セス・マイケル・フォアマン

????

セス・マイケル・フォアマン

 アメリカ史、殊に流民たちに取材したテーマを追求するセス・マイケル・フォアマン。これを<幻想絵画>と呼ぶと作者に否とクレームをつけられそうだが、ここにある個々のエグザイルたちのストーリーを読み解くには、それなりの資料が必要だろう。
 しかし、その寓話的手法は佳きフランドル絵画の余韻を伴って、某かの事件、即ち黄金時代や聖書物語のような教示画の印象を与える。ナイーブアートの印象が強いが、筆者はここにファン・デル・ウェイデンのテイストを汲み取ってしまうのだ。

photo by gradiva.inc - -

◆ルイジ・セラフィー二

???a°

 今回紹介するのは美術専門出版社フランコ・マリア・リッチから出ている『セラフィヌスコ−デックス』(1983)の作者ルイジ・セラフィー二。幻想画家の範疇からは聊か外れるが、400頁に及ぶ空想博物学の古写本を模した奇想の書をもって知られる。日本でも以前雑誌か何かで紹介されていたような気もするが、筆者の記憶は朧。
 全編偽書めかしたマニュスクリプトの体裁をしているが、見ての通り、挿絵はロラン・トポールを思わせるラブレー風のパロディで、解剖学、数学、幾何学、珍奇な機械学やその分析、迷路、バベルの衣裳、食物、園芸、エトセトラ、エトセトラ。要するに何がなんだか分からない図解や解説など、徹底的に偏執狂的産物なのである。
 偶然、本人のサイトを見つけたのでご覧下さい。最近はオブジェ作家になっているようですが、サイトの方も相変わらず何だか訳が分からない。CGコラージュでも試作しているのでしょうか? アンソリット(突飛)としか言えません。

http://www.luigiserafini.com/
photo by gradiva.inc - -

◆Kahn & Selesnick

ks

ks2

photo by gradiva.inc - -

◆Hans Kanters

◆Hans Kanters

Hans Kanters

Hans Kanters2
photo by gradiva.inc - -

◆Darcilio Lima

リマ1

lima2
photo by gradiva.inc - -

◆Dietrich Schuchardt

Dietrich Schuchardt

Dietrich Schuchardt2
photo by gradiva.inc - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ