L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆アンドレヤ・マシアニス

アンドレヤ・マシアニス

 例によって東欧やロシアの若い画家は凄まじい。何がと言って緻密な絵であるにも拘らずタフというかなんというか。まさにパラノイアの鑑。以前紹介したロシアのビクトール・サフォンキンも三十前後で見きれぬ程の製作量でしたが、幻想系Webリンクでサイトデビューするや、あれよあれよという間に斯界のスターダムにのし上がった感。今やパリの幻想絵画専門画廊が専属契約。

male1
 
 アンドレヤ・マシアニスは1974年ポーランドはピラに生まれる。ニコラス・コペルニクス大学でディプロマ取得。タデウシュ・クリシュヴィッツ財団のデッサンのスカラーシップを受ける。ポーランドドローイングビエンナーレで二等賞。ワルシャワ芸術アカデミー劇場2001にてトルン市長賞。と実力を証明している。

 さてアンドレヤ・マシアニスも御歳32歳でドローイングが多いとはいえ、実に過剰。見ていると頭がくらくらします。否、個々の作品が見応えがあり過ぎて、Webでは只管長文を読まされている感触。という訳で、今回は直接彼のサイトへ行って皆さんにも疲れてもらいましょう。以下URL参照。

male2

http://www.galery2003.republika.pl/

http://masianis.qw.pl/

male3
photo by gradiva.inc - -

◆ズデニェク・ヤンダ(2)

3

ズデニェク・ヤンダ

 私も画家の端くれ。目下、己が製作に忙しく、下調べを充分にしてから記事に出来ないのが残念だ。従ってすっかりここが疎かに。

 今期、緊急に記事を拵えるのは、四年程前から注目し高く評価していたズデニェク・ヤンダがHPを開設したからだ。

http://janda-art.com/

1

 スイスのクラウス画廊扱いで、情報袋小路、チェコの画家である以外、詳しい経歴が皆目掴めなかったのだ。画商は何でも独占したがるので、あれではちっとも名前が広まらない。個人HPなので初めて見る纏まった仕事も嬉しい。画家本人ともコンタクトが取れる。世界には凄い幻想画家が沢山居る証左。恐らくヤンダのHPは日本国内では初のお披露目となろう。

2
photo by gradiva.inc - -

◆セルゲイ・チェルネンコ

??

セルゲイ・チェルネンコ

 1961年にソビエトに生まれた世代に、何か特別な因果関係でもあるのだろうか? この所紹介するロシアの幻想画家皆、何故か1961年生まれなのである。以前紹介したエッチャーのオレグ・デニセンコもそうであり、セルゲイ・チェルネンコもその一人だ(同年生まれはこれで四人目)。ロシアの幻想画家をカテゴライズするのは極めて困難で,毎回悩む。はっきり言って、セルゲイ・チェルネンコもここで取り上げたものかどうか、前々から迷っていた。
 かなりアクが強く、その世界もフォークロアのような、魔術的なような、それでいて脳天気に見え、上手いのか下手なのか、さっぱり分からない。兎に角描きたいイメージを、無手勝流に押し込めて、けたたましく、また牧歌的。ナンセンスと言いたいが、そもそもセンスなんか問題にしてない感じ。見手の好みで評価は大きく分かれるだろう。だが、気をつけてくれたまえ! 好きだ嫌いだが言える程に個性が強いということを。

 ??2

 ウクライナ生まれ。クリミア自治共和国、ウクライナ大学芸術学部で学ぶ。モスクワにてイラストレーターとして働く。ソビエト連邦崩壊後、テルアビブ、イギリス、ストックホルム、サンフランシスコ、モントリオールなどで個展や数多の国際展に参加。

??3

追記:もしやと思い調べてみたら、セルゲイ・アパリンも1961年ボロネジ生まれであった。これで、ここで扱ったロシアの幻想画家五人までが1961年生まれと相成る。ここまでくると単なる偶然ではなく、「幻想の星のもとに生まれて」とキャプションを入れたい誘惑にかられる。
photo by gradiva.inc - -

◆ユーリィ・ユーロフ

yuri1

 同じ柳の下は泥鰌だらけ。それがロシアの幻想画家達の印象である。類は朋を呼ぶというか、芋蔓式というか、矢張りロシアは幻想画家のお宝の山である。理由を考えれば、西側がモダニスムだポスト・モダンだと狂奔している間、弾圧を受けたり、収容所列島送りにされたり、信仰を禁じられたり、共産官製美術以外禁忌であった不遇に対し、只管内向せざるを得なかった画家達の、自由な想像力の砦がまさに幻想絵画ではなかったか、ということだ。即ち、昨日今日の引き蘢りどころではないのである。

 最早四半世紀程前だが、ソビエト連邦美術の大きな展覧会が日本で催されたことがあった。それを見た若い筆者は、新味のないなんと古くさい画家達の群れであることか、これをアカデミスムと呼ぶのだな、と嘯いたものだった。その一方で、どれもこれも恐るべきテクニシャンだと感心してもいた。皆ソビエト連邦各アカデミーの先生達の絵であった。

 一時、西側と異なる美術の流れに身を置いた旧共産圏の作家一人一人が、実は失われた絵画のタイムカプセルと化し、そればかりか独自の進化を遂げ、今、幻想絵画として花開いているのではないか、とすら思える。絵画主義の観点から見ても、バルテュスは最後の画家ではなかったことになる。

yuri3

 さて、前置きが長くなった。ユーリィ・ユーロフは、先に紹介したコンスタンティン・プロゾロフスキーの郷里のお仲間である。1961年ボロネジ(ロシア)生まれ。12歳からモスクワで芸術家としてのトレーニングを始めアカデミーを終了。彫刻及び写真の仕事もしているという。

yuri2
photo by gradiva.inc - -

◆ウラディスラフ・プロヴォトロフ

???

 ウラディスラフ・プロヴォトロフ格好いい!!
恐らく一番いい時期のエルンスト・フックスの仕事に匹敵する。
フックスの場合はユダヤ教とのシンクレティズムであったが、こちらはロシア正教まっしぐらな現代イコン。我が邦で言えば、仏画や曼荼羅を描いている絵描きを最高に格好いいと褒めそやすようなものだが、実際、黙示録的世界を執拗に描いて格好いいんだから仕方ない。

???2

 経歴は1947年、ドイツのポツダム生まれ。ロシア工芸美術高等学校卒(モスクワ)。

p5
p6
p7
photo by gradiva.inc - -

◆ハインツ・ツァンダー

ハインツ・ツァンダー

?2

 1939年旧東ドイツに生まれる。フリッツ・クレメールにつきベルリン大学博士号取得。現在、ライプチヒにて製作を続ける。
 旧東ドイツの元アカデミー教授ハインツ・ツァンダー。先年末から今年にかけてドイツ各地で大きな展覧会を催した模様。現在失業者500万人、ナチス台頭の頃とほぼ同じ失業率の統合後ドイツ、新世紀初頭というのは天変地異も含めて何時も動乱するらしい。
 それはさておき、最近のツァンダー氏、画集の出版など好事が続き、絵柄が妙に華麗になってきている所が気になります。まぁ、苦労した画家が正当な評価を得るのはいいものだ。

?3

怪物を生む女達...。

?3
photo by gradiva.inc - -

◆ジェラール・ヴィルムノ

??w

ジェラール・ヴィルムノ

 1943年パリ郊外に生まれる。15歳から世界に対する反抗的なドローイングを行うも、パリ装飾美術学校などでデザインや建築を修め、何年間にも渡って誤った職業を追求したという。世界を再創造する野望に燃え、それをでっち上げるために、中世、その神秘説への過度の愛を、徐々に幼いときから蓄えたラブクラフトタイプの空想的な文学を、ひとつまみの漫画を追加しなければならなかった。それは死に絶えているテンペラ画と呼ばれる絵のスタイルに、多くのユーモア、ほんの少しの人類愛、および残念ながら地球に於けるの死の遍在を加えることとなった。

??w3

 何だか、訳の分からない解説だが、資料を要約するとこうなる。絵を見ると少し納得。

??w2
photo by gradiva.inc - -

◆ジョフラ・ボッシャール

?

 ジョフラ・ボッシャール

?2

 1919-1998。孤高のファンタジスト(物故作家)。その作風はシュールの影響から始まったが、エソテリック(秘教的)な幻視世界に大きく傾き、美術のメインストリームから遥かに遠ざかっていた。オランダの「メタリアリストグループ」に持ち上げられ、その全貌が明らかとなり、近年増々評価を高くしている。

?3
photo by gradiva.inc - -

◆ルイジ・ラスペランザ

???1 

ルイジ・ラスペランザ

 初代ウィーン幻想派のほぼ凡ての画家の手解きを受けた天才だが、その気さくそうな面貌とは裏腹に、自身のアトリエを画廊兼スタジオ兼講座として開放しながら何となくヒッキーな感じである。

 さて、ウィーン幻想派周辺の知る人ぞ知るといったルイジ・ラスペランザだが、<絵描きの本文は絵画そのものである>といった信条故か、独立不覊の精神の為せる業か、そんじょそこらの画商もなかなか手が出せないようだ。身過ぎ世過ぎの為に大学に出戻り然るべき席を得るとか、これ個人営業に努めて立身出世するとかと無縁となっていくのは、当の画家が己の筆先だけを見ていたいからに他ならない。或いは師のエルンスト・フックスの営業方針を踏襲しているのやも知れぬ。即ち、自己画廊経営、自己美術館運営、私学校設立など。これは或る意味古典的な工房のありようでもある。嘗てのギルドシステムにあっては少しも多角経営ではない。画材メーカーもそうだが、分業の成れの果てが今日の有り様に過ぎない。そのエルンスト・フックスにしてからが、直接的には先達のサルヴァドル・ダリの営業スタイルを模倣したものと思える。
 しかし、パンの生活を除けば、フェルメールの「画家のアトリエ」ではないが、本来画家は、常に世間に背を向ける。即ちヒッキーそのもの。画家の正面に向いたいなら、モデルとなれば宜しいが、そうするとそこには画家との対峙があるばかりで考えは読めない。そればかりか、徹底的な客体とされてしまう。即ち画家を見たければ<絵>を見よ。所が画家自身もその視線の彼方、幻の影が何であるかを皆目知りはしないのだ。

??

 因みに上の画像は新作『日の女王』完成品と過程作。過程作に就いて、私は過去にこう書いたことがある。「このシンプルなヌード作品には何とも言えぬ魅力がある。彼は極めて特殊な思い入れでこの作品を描いていたに違いなく、仮にそうでなくとも見る者にある見返りを求める眼差し、即ちこの作品中の人物に恋することを要請する共犯的な眼差しを振り向けている。少なくとも画家はこの絵に恋している。この絵は画家の限りない讃仰の産物だ。恐らく彼は二度とこうした絵を描けぬか、無数の拡大再生産を続けるかの孰れかであろう。」

 ラスペランザの奇想の薬味をもって完成と見えるが、以前の何気ないヌードの方が佳かった。己を付け加えることで感動が失せてしまうことがままある。個性の発揮なるものは碌なことをしない。佳い絵であることの条件に、幻想絵画であることは何も寄与しないのだ。そして個性崇拝の愚かしさも、作品の神髄から遠い虚偽の仮り衣。

???

photo by gradiva.inc - -

◆ズデニェク・ヤンダ(1)

??a°

 1953年チェコスロバキアのルーニー生まれ。ヤンダの画像は額縁も込みにしなければならない。作家自作でオリジナリティに溢れているからだ。

 画廊の紹介文には___幻想レアリズム、これは私たちがズデニェク・ヤンダの芸術について説明するのにたぶん使用することができる用語である。 彼の絵が知覚可能な真の観察者を見つけ、彼等の想像でそれらを賑すことができたなら、作者の魔法の三角形の中に閉じ込められてしまうだろう。そして、今後は、彼の芸術のための正しい用語を見つける然程重要でない問題は、たぶん答えがないままで残り続ける。 はるかに重要であるのは、これらの絵をよく考えることによって、私たちが自分自身を見出すという結論である___とある。何だか分かったような分からぬような文言だが、要するに幻想的な世界を描いていて、魅力的な世界に誘っているということか。幻想絵画の定義を持ち出すと必ずこうした曖昧な是々非々や、カテゴライズの魔から逃れようと粉飾しだす。挙げ句、「佳い絵は佳い」とか同語反復を始めるのが落ちだ。だがスイスのクラウス画廊は各界の知識人なども出入りし、至極まともな方だ。日本の業者の多くは皆無知で不勉強な輩が多い。故に付和雷同的なブランド志向。それで価値など生み出せる訳がない。おまけに馬鹿な画家もカテゴライズを気にしてそれで自分が変わってしまうと畏れるらしい。

 「人間は見る能わず」位のダブルバインドを仕掛けてみよ。ズデニェク・ヤンダは佳い(笑)。

??a°
photo by gradiva.inc - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links
<< 2 / 3 >>

このページの先頭へ