L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

J'ai rencontre Hugues Gillet/ユーグ・ジレとの出会い

 ユーグ・ジレ(Hugues Gillet)とのランデヴーは二年越しだ。彼の作品紹介はこのブログ以前から再々取り上げているので、一部日本の幻想芸術ファンにも知れ渡っている事と思う。私が取り上げてから、他のブログでも名前が散見されるようになった。
 本来、昨年パリで出会えていれば、FANTASTIC ART SHOW-KYOTO-2008にルイジ・ラスペランザ(Luigi La Speranza)と共に招待していた筈だった。然るに、パリで彼のアトリエに電話をすれど、留守番電話にメッセージを残せど、梨の礫。聞けばその頃展覧会で国外に居たのだとか。メールで遣り取りはしていたが、入念なランデブーを図らなかった当方にも責めがある。

hugues1

 今回こそはと渡欧前から彼とのランデブーの為に、パリでの滞在を旅の後半に据え、近郊国への旅を控えて馴染み深いパリ生活をメインにした。毎回アパルトマンホテルを使うことにしているが、前回は保証金の遣り取りでトラブルに見舞われたので、最早、現地の取次ぎを使わずヨーロッパの旅はシタディーヌに限ると、バスティーユのシタディーヌホテルを利用した。ベルギーのブリッセルでも利用したので、その簡便さと快適さに満足を覚えた。嘗て住んだ界隈だし、目の前に市場が立つので、下手なレストランで食べるより、新鮮な素材をアパルトマンホテルで調理したほうが、遥かに勝る。昨年のパリ滞在は、浦島太郎効果もあって思わぬ不遇を託ったが、今回はまるで別天地。私事はいい。ユーグとの出会いをドキュメントしていこう。

hugues2

 アパルトマンのオーナーが権利を売ったので、アトリエの追い立てをくっている、引越準備で部屋が荒れているとの事でユーグとのランデヴーは、私の滞在ホテルに彼が来る約束と相なった。デジュネ(昼食)を共にということで、丁度ホテル脇にあった『キャフェ・デ・ザルティスト』(芸術家のカフェ)なる店で食事。ポートレイト写真通り、ユーグは年齢不詳のボーギャルソン(美青年)だった。会った途端、互いに幻想芸術話に一気に突入。メニューの注文もそこそこに、いやはや、ユーグ、喋る喋る。ルイジ・ラスペランザのアトリエを訪ねた時も昼から夕方まで喋り詰めであったが、ユーグは育ちがいいのかノーブル(上品)な話し方でしかも話が尽きない。私はフランス語の喋りが完全に錆び付いているので、発話は専ら妻の通訳に頼らざるを得ぬが、彼が口にする幻想画家や幻想文学者の名前は略私にとって親しい名前ばかり。即座に応じて私が話すことの仏訳で妻は大わらわな様子。
 共にアペリティフをきこしめしたので、普段以上にお喋りになったというより、母国語と別種の幻想言語が交わせる、そんな興奮が出会いの始めからセットされていたかのようだ。
 『キャフェ・デ・ザルティスト』は、職人街に取り残された庶民的なビストロ故、1時を過ぎるや後から後から近隣の勤人が押し寄せ、店内は満杯である。しかも定食が矢鱈量が多い。「貧乏絵描きが飢えないように、沢山お食べという訳さ」と店の名前に因んで私が冗談を飛ばす程。

hugues3

 昼食はもりもり食べて、沢山喋って、忙しかったので、食後のカフェは近場の比較的閑静なプラス・デ・ヴォージュに移ってということになった。「僕等は昔、ここの直ぐ傍のシナゴーグ(ユダヤ教会)の向かいに住んでたんだ」、そういうとユーグは「去年、プラス・デ・ヴォージュのギャラリーで個展をやった。ちっとも売れなかったけど、個展が終わってから売れて助かった。マージンを取られなくてすんだから」とちゃっかり発言。その画廊といくらも離れてない、カフェで中に入ろうとすると、寒いのに外がいいという。外にもストーブが焚いてあるので、テラスを好むパリジャンはへっちゃらで外に席を占める。私も大歓迎だ。先程から煙草が吸いたくてウズウズしていたのだ。すると彼も我慢をしていたものと見える。絵描きで煙草を吸わぬ者は少ない。なんだ、君もそうかと更に打ち解けたのだった。

shoji.hugues

 着席するや、互いの作品ファイルを見せ合い、暫し夢中になって眺める。彼のファイルはネット上には公開してないものも沢山あって、どれも欲しくて堪らなくなる程魅力的だ。彼は彼でフランス国内の幻想芸術系作家向きの展覧会情報や、ポスターまで持参で、私にそれに出品しろと勧めてくる。こいつただ者ではないな、と思わせるのは、そうした行動が機会の独り占めではなく、オーガナイザーのそれだからだ。自作品への揺るぎない自信と、当然それ故に恵まれる機会に対し鷹揚である点、業界にありがちな形振り構わぬケチなエゴイストではない。聞けばパリに世界中から幻想芸術家を集めて「幻想美術館」を作るべく公的機関に働きかけ、奔走しているのだという。これは大物の予感。幻想芸術の闘士だ。私と話が合って当たり前に過ぎる。

hugues4
 
 そして彼は「次にパリに来た時は、一緒にクロード・ベルランド(Claude Verlinde)の所にいこうよ。この直ぐ傍にアトリエがある。彼はもう81歳で扱う画廊もパリで一軒きり。最近とても寂しがってるんだ!」、そう言ってパリの幻想画壇の著名な人士全てと交流していることを嫌味なく語ってくれた。「幻想文学者のマルセル・ベアリュの店に行ってきた。もう大分前に亡くなったけど、未亡人にIFAAの展覧会に水彩画を展示する許可と印刷物に使用する許可を得て来た。知ってるかい?マンディアルグと親しかった彼を」とベアリュの画集を見せながら告げると、知らなかったと正直に言い、しきりにメモを取って「店に行ってみる」と即答した。何と誠実なのだろう。因に彼は40手前、若く見えるので驚いたが、離婚してしまったが可愛い娘もいるのだという。
 「来年の4月に日本に来てくれるね」、「勿論!!」ということで、名残惜しいがこれから会合があるとの由で彼とバスティーユのメトロで分かれた。冬の日差しとて、4時過ぎには早、陽が暮れ始めていた。

 ホテルに直帰し、私は即、IFAAメンバーに向け以下のメッセージを発信したのだった。

 ユーグ・ジレと熱く語り合い、私のヨーロッパでの今期のミッションの全てが終了しました。ユーグ・ジレは4月のFANTASTIC ART SHOW-TOKYO-2009に来日します。そして彼は、クロード・ベルランド、ジェラール・ディマシオ(Gerard Di-Maccio)、ルーカス・カンデル(Lucas Kandl)、その他錚々たる幻想画家達と交流を持つ、フランス幻想芸術界のプリンスである事が判明。ロシア幻想芸術の若き出世頭、ヴィクトール・サフォンキン(Viktor Safonkin)とも交流を始めた由。実力者同士はくっつくのが早い!

 そして彼はIFAAを大変気に入ってくれたました。早晩IFAAパリ展も実現するでしょう。さあ、皆さんIFAAの明るい未来に乾杯です!!

(IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka)
photo by gradiva.inc - -
<< Art of Imagination's(AOI) Annual Exhibition report 2 | main | フランス幻想グループ >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/902735

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ