L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

時の表現展

「時の表現展」2008年11月12日(水)〜11月22日(土)

【出品作家】 勝 国彰・鍋島正一・馬場京子・山地博子

ギャラリー ベルンアート
〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4-2-4(美術ビ2F)
TEL/FAX 06-6361-5507 E-mail:bernart@kf6.so-net.ne.jp 
URL:http://web.mac.com/gallery_bernart

toki1

 昨日は大阪・西天満にある画廊「ギャラリー・ベルンアート」で行なわれている「時の表現展」を見に行ってきた。
 勝国彰、鍋島正一、馬場京子、山地博子ら4人の画家による「時」をテーマとした幻想的な作品のグループ展であるが、勝さんの作品は油絵ながらまるで日本画のような「純和風」な雰囲気を作り上げていた。山地さんの作品も同じく和的ながらどこかエキゾチックな外人風の女性がモチーフにされていて、和風でありながら洋風、さらに妖艶な雰囲気も感じさせる美しさを持っていた。
 鍋島さんの作品は要素的には定番といった感じの西洋風な幻想世界が展開されているが、ストレートな世界ながら面白かった。馬場さんの作品はちょっと毒とエロティシズムを併せ持った童話的世界で、かわいくもあり妖しくもある感じが好き。

toki2

 今回の展覧会で特に印象に残ったのが勝さんの作品である。どこか象徴的に描かれる「蛇」の存在や日本的な美意識を感じさせる。シンプルながら考えられた空間構成など、凄く1枚の絵として魅させる。こういう「空間」の要素がまだ未熟な私の作品についてのこれからを考える上で凄く勉強になった気もする。

 この画廊では来年若手の作家を集めての展覧会に私も参加させてもらえる事になっているのだが、画廊のオーナーさんにこれまでファイルやハガキで私の作品は見せた事はあるものの、まだ1度も実物を見てもらった事は無かったので、この日は個展に出した作品を1枚持っていって見てもらった。前に画廊に置かせてもらった個展のハガキを見て興味を持って下さった方がいたらしく、この作品を画廊で預かってもらえる事になり嬉しかった。
 来年のここでのグループ展でもさらなる飛躍が出来るように頑張りたいと思う。
                     (近藤宗臣/画家)
photo by gradiva.inc - -
<< 山下清澄 銅版画展/ Kiyozumi Yamashita Copperplate picture exhibition | main | IFAA met AOI >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/898799

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ