L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆80.ホルヘ・カマチョ

ホルヘ・カマチョ

 幻想芸術には抽象表現主義はないのか? ここは具象傾向の作家ばかりではないか? と問われれば、誠にその通り。敢えて言えばここでは無機的な記号表現も、音楽の韻律に準えられる色面構成に偏する作家も差別的に扱っている。何故なら、幻想芸術にはファウスト的な、円還する時間空間との対抗といったテーゼが必要不可欠だからだ。
 "Verweile doch! Du bist so schon."(時間よ止まれ、お前は余りにも美しいから)と唱えつつ、目路を操作し、不可解な物語空間に誘い、謎に謎を置く。大概の幻想芸術家の正体はスフィンクスだと筆者は定義したい。故に同じ眼の愉楽を扱いながら、還元主義は絵具業者に委ねよ、コンセプトは言わぬが華、が幻想芸術家の基本的態度となる。

カマチョ1

 贅言を尽くせば切りがない。進んで敵を作っている訳でも、評論家でもないので、我田引水、贔屓の引き倒しと思って頂ければ、世界は平和である。例によって、書く事がないというだけの話。ダドもホルヘ・カマチョもパリでは一時代を為した画家として、ポンピドーセンターに作品が収蔵されているが、情報の海ではどんなに大きな氷塊も、波に打ち砕かれ、真水の成分を失って潮に溶ける定めとはいえ、WEB上では日本語での紹介がほとんどないのが嘆かわしい。私のような泡沫者が、心配して掬すのは筋違いとも思うが。

カマチョ2

ホルヘ・カマチョは1934年キューバのハバナに生まれている。以下本人の弁。

カマチョ5

「1951年、本能と不思議に、私は照準を定めた。芸術の勉学をすまいと決意し、美術学校を否定したのだ。 40年末頃、私の友人で詩人のカルロス・M・ ルイスは、現代の絵画、特にシュールレアリズムに精通していた。彼は私に、クレー、ミロ、タンギー、そしてデキリコを紹介してくれた。私は1953年1月に行ったメキシコに何年か住み、そこで偉大なホセ・ルイス・クエバスと会った。私が最初に大きな影響を受けたのは、1955年のウィフレッド・ラムのハバナ大学での展示だった。若かった私は、タマヨ、ミロ、ベーコン、タンギー等の仕事にも影響を受けた。基本的に重要なのは、これら肯定的な影響が、個性に及ぼす新しい言語の生成である。1954年、ハバナに戻り私は最初の個展をキューバのギャラリーで行った。画家のフェリペ・オルランド、ホセ・イグナシオ・ベルムデス、ルネ・ポルトカレリョや評論家のホセ・ゴメス・シクレの友情と激励が私を援護してくれた。ある意味で、彼らは私の最初の教師であった 。1960年、私はパリでの初個展をコルディエ画廊で行った。1961年、アンドレ・ブルトンに会い,私は超現実主義運動に参加した。シュールレアリズムは、疑いなく、二十世紀で最も重要な詩的創造であり、魅惑的世界に開かれている。現在の作品は、魔術とヘルメティック(秘教的)なサークルや、これまでにあった人生のすべての原始社会のシャーマン(呪術医)の影響化にある。未来においては新しい地平を永続的に開放する。」

カマチョ4

今回は趣向を変えて、以下URL映像資料参照。製作過程が面白く編集されています。

http://www.youtube.com/watch?v=xrcgiCqO6Y4
photo by gradiva.inc - -
<< ◆79.ブルーノ・ダルチェヴィア | main | ◆81.ピエール・キャロン/そして懐古趣味 >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/762167

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ