L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆セルゲイ・ツカノフ

 セルゲイ・ツカノフの作品を見ていると、ふと英BBCが1970年代に放送していた“MONTY PYTHON”(邦題:チャンネル泥棒、空飛ぶモンティパイソン)を思い出す。特にテリー・ギリアムのコラージュアニメのグラフィックの質感が想起されるという、飽くまでも筆者のセルゲイ・ツカノフへの予備知識の狭さが、似ても似つかぬものを観念連合させているだけかも知れない。

ツカノフ1


 経歴は極めてささやかに以下の如く。1955年、ロシアのサハリン島Poronaisk生まれ。ハバロフスクのアーティストグラフィック部門に就学、1981年卒業。カリーニングラード{ケーニヒスベルク}に住み、製作を行う。

ツカノフ2

 が、しかし侮るなかれ、展覧会歴は齢に比例し各々然々旺盛であり、信頼すべきキャリア、枚挙に暇ない受賞歴。そして奇想の数々。作品はどれをとっても見飽きない。素朴な個人HPの体裁に、その篤実な人柄が偲ばれるが、当Blogの読者ならば幻想画家の多くが、作品のみに牙を有していることをとうにお察しだろう。
 余談だが、美人で可愛いい娘さんとパリに遊んだ記念写真が何とも微笑ましい。というか羨ましい。

ツカノフ4

 HPは以下参照。大いに広めて頂きたい。

http://tyukanov.narod.ru/page.htm

http://www.sergeytyukanov.com/
photo by gradiva.inc - -
<< ◆シンジ・ヒメノ | main | ◆ノブヤ・アイカワ >>
こんにちは
実はシュールが全然わからなかった人なのですが
Trialph さんとお友達になって少し面白さが
わかるようになってきた今日この頃です(感謝してますv
| maari | 2007/05/07 9:05 AM |

 ピカソはシュールレアリスムです。とやると、えっ?という人が多くて、しかも現代美術の頓珍漢の原因はダダやシュールのせい。アンドレ・ブルトンがシュルレアリスムを永久革命と定義した時から、それは堂々巡りのウロボロスと化して、反革命と同義となりました。それは宛ら永遠の王党派と宣したようなもので、幻想画家の信条とほぼ一致します。
 幻想画家とは、偏奇な王に仕える宮廷画家のようなもの。その王とは今日では「乞食で王様」の自分自身。ちょっと哀しい王様です(笑)。
| Shoji Tanaka | 2007/05/08 6:40 AM |










http://blog.shojitanaka.com/trackback/535188

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ