L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

幻想の芸術展2007

ifaa1

 只今開催中。上掲パンフレットに素晴らしい推薦文を頂いて居りますので、公開させて頂きます。


『意識開放の芸術』

亀井俊介 

 20世紀文学・文化の最も目覚ましい成果の一つは、人間の
意識の開放であった。無意識と呼ばれていた人間の意識下の世
界に深く入り込み、表面的な(多くは型にはまった)意識に抑
圧され、ひっそくし、ぐにゃぐにゃしていた精神や感情の営み
をとらえ、それをおもての世界に引きずり出し、解き放ったの
である。その刺激によって、表面の意識の世界も、はまってい
た型を破られ、大幅に自由を獲得したといえそうだ。心理学で
はフロイトやユングがその道を切り拓き、小説ではジョイスや
ウルフ、プルーストやフォークナーらが「意識の流れ」による
金字塔的作品を立ち上げ、詩ではシュルレアリズムが一世を風
靡した。美術もそれらの動きを受け止めながら、美の世界を拡
大してきた。ただし―私は美術に素人で勝手な憶測を述べるだ
けだけれども―美術は最も身体的な視覚をもとにするだけに、
日常的な感覚に縛られやすく、その日常性との激しい戦いを繰
り返さなければならなかった。
 その過程で要求されるのは、果敢なimagination、奔放なfa
ntasyである。前衛的な文学者は、文章を解体し、再構築した。
美術家も映像を解体し、再構築するわけだが、映像の再構築は、
ともすれば五官にしみついた既成の映像にたよりがちになる。
斬新な映像のつもりが、ハッと気がつくと陳腐さをかかえ込ん
でいたりする。とはいえ、また、既成の映像との取り組み方に
よっては、fantasyとrealityとの新鮮な結合を生み出しもする
わけで、可能性は無限にある。ということは、探究の方向も無
限にあるわけだ。
 私は個人的には、文学も美術もひっくるめて、20世紀文化
がもたらしたエロスの解放に心ひかれている。無意識の領域か
ら引っぱり出してきたエロスの展開が、何と見る者の身体も精
神も自由にすることか。とくにいわゆるfantastic artは、目
に見える映像によって、つまらない世の中から異世界への飛翔
まで可能なような気分に誘う。だからこそ、ますます思い切っ
て大胆なFantastic artの展開を、私は期待し続けている。

(文学史・文化史専攻)東大名誉教授

ifaa2


『FANTASTIC ART SHOW 2007___幻想の芸術展』

 
 2007年4月9日(月)〜月21日(日)

【出品者】

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 市川伸彦 イヂチアキコ 伊豫田晃一
大竹茂夫 大手京子 及川晶子 佳嶋  北和晃 桑原聖美 古賀郁
坂上アキ子 レオ澤鬼 椎名桃湖 みどり根子  鈴木勇人 輔老はづき
外原俊 たつき川樹 高田美苗 武田充生 田中章滋 長島充 萩原ヤスオ 
馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ ミヤケ千夏 山地博子 村松明 森妙子 
若林さやか

ゲスト/クリスティン・エルコート ルイジ・ラ・スペランザ

【会場】 ギャラリー道玄坂
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−15−3プリメーラ道玄坂1F
TEL03-5728-2101 /FAX03-5728-2102
photo by gradiva.inc - -
<< 『FANTASTIC ART SHOW 2007 幻想の芸術展』 | main | ◆シンジ・ヒメノ >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/516197
あらすじ
 本編は中篇単行本一冊(280頁)程度になります。平成19年1月17日から、連日
| 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記 | 2007/04/12 10:52 AM |
第1回ジャパン・アート・フェスティバル=作家と作品リスト
第1回ジャパン・アート・フェスティバル= 作家と作品リスト(ABC順) 絵 画
| 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記 | 2007/04/12 10:52 AM |

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ