L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆ジャン・ブノア

 ロシア尽しになってしまった。他にドイツ尽し、フランス尽しなる予定もあるが、筆者が飽きっぽい性格なので、系統立てるよりもアトランダムにしていきたい。ここでの紹介は、定評がある訳でもなく、単に私の趣味嗜好で選ぶという恣意的な方法によっているため、凡そ権威と無縁な画家、埋もれた画家、局外者、精神の王道を歩む者、華麗なる経歴の持ち主を無差別に扱っている。
 しかしここらで一部で夙に知られた作家を扱おう。「マルキ・ド・サドの遺言執行式」で、シュルレアリスム関連文献に必ず名の上がるジャン・ブノアである。

ジャン・ブノア1

 上掲の彫刻は、古い話だが本としては破格のオークションレコードを記録した『磁場』(アンドレ・ブルトン/フィリップ・スーポー共著)の特装本である。アンドレ・ブルトンのコレクション売り立ての時も、世界中から熱心なシュルレアリスムシンパが集まって、門前市をなす有様だった由だが、このブノアの見るからに危険そうなリーブルオブジェも、コレクター垂涎の的であったようだ。一体どうやって読むのかと怪しむ向きもあろうが、心配ご無用。持ち上げると腰を壊しそうな上蓋を取ると、中に深紅にルリユールされた『磁場』が鎮座ましましている。

ジャン・ブノア2

 ダークアートとして、H・R ・ギーガーに遥かに先駆する仕事ぶりだが、昨今のチープな暗黒趣味とは一線を画している。

ジャン・ブノア3

 経歴その他は、米ウィスコンシンのシュルレアリスム詩人でCG作家J・カール・ボガートの以下サイトに詳しい。

http://www.zazie.at/SpecialEditions/JeanBenoit/00_WebPages/Entrance.htm

 
photo by gradiva.inc - -
<< ◆ミカイル・N・セレブリヤコフ | main | ◆アレクサンダー・バロス >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/465171

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ