L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆アルベール・ドラチコビッチ・トーマ

どら1

 ここに掲げるアルベール・ドラチコビッチ・トーマの作品を幻想絵画というと、クレーム必死であろう。私が集めた画像の多くが近作の寂しい雪景色ばかりで、それ以外は画廊のネームが刻印されていて使えないのである。
 であるにしてもアルベール・ドラチコビッチ・トーマが風景画を得意とするのは確かで、彼の絵に奇怪な幻想が忍び寄るのは決まって風景と静物の組み合わせであり、彼の中に抜き難く記憶化された景色があるからだろう。即ちそれは、還ったところで失われているに違いない郷里であり、琺瑯質を思わせる彼の油彩・テンペラ画のマチエールと相俟って、永遠に失われ続けるものへの絶大なる郷愁を塩漬、否、氷漬けにしているかに迫るものがあるからだ。



 アルベール・ドラチコビッチ・トーマは1928年にセルビア・モンテネグロのベオグラードで生まれている。1939年からパリに住み、装飾美術学校を経て舞台装飾や古典絵画の修復などで口を糊しながら、1951年以降数多の展示を行っている。



 追記:これという確証はないのだが、以前こちらで紹介した◆27.ジェラール・ヴィルムノはアルベール・ドラチコビッチ・トーマの弟子ではないかと直感している。そう思える程に雪景が似ているのだ。精査してみたい。
photo by gradiva.inc - -
<< ◆キヌコ・Y・クラフト | main | ◆ミカイル・チェルパノフ >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/438182

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ