L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆ダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ

◆ダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ

ura1ウラジミール・オフチャロフ

ura.2ウラジミール・オフチャロフ

 夫婦善哉、こういうしかないダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ。夫婦で画家は決して珍しくはないが、仲良くHPで同居しているのみか、その作品世界すらも共有している感が否めない。とは申せ、個性の差は画然としているので、旦那がうっかり妻に絵を教えて立場逆転、車輪の下という訳ではなさそうだ。ただ、仲がいいところを見せつけているには違いない。
 ウラジミールは、1963年ブルガリアのソフィア生まれ。ソフィアの国立美術アカデミーで、東方正教会のイコン画の技術その他を学んだ。ソフィアの大手画廊と組んだり、展覧会プロデュースなど手広く行ってきた模様。ダニエラは生年を示さぬながらほぼ同じ経歴であるので、この辺は夫唱婦随。因みに両者ともメキシコに居た経歴を持つので、殊にダニエラの画風からレオノーラ・カリントンとの接触があったかも知れない。これは飽くまでも筆者の憶測であり、画歴には何らそのようなことは唱われていない。

dani.3ダニエラ・オフチャロフ

dani.2ダニエラ・オフチャロフ

dani.1ダニエラ・オフチャロフ
photo by gradiva.inc - -
<< ◆ヤロスラウ・ミカラシェビッチ | main | ◆クリスチャーネ・セガウスキ >>
私はダニエラの方が好みです☆
好きな作風だなぁ。
| oiko | 2006/10/12 11:21 PM |

 そうですね、ウラジミールは達者だけども自意識が過剰な分入り込めない。ダニエラは難しい主題に見えて、己の心象風景に忠実に描いている感じがして目を遊ばせることが出来る。
 概してシュルレアリスムフェミナンは、男性作家に比して自由な世界観を描きます。oikoさんもそうなのかな? 最近何故か「不思議の国のアリス」が、様々なメディアで復古していますが、それはルイス・キャロル的な視座ではなく、物語からのアリスの自立のような再解釈のような気がしてなりません。それは少年少女とかいうテーゼではない。もっと根源的な存在論...巧く説明できません。
| Shoji Tanaka | 2006/10/13 1:38 AM |










http://blog.shojitanaka.com/trackback/378827

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ