L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆ヤロスラウ・ミカラシェビッチ

◆ヤロスラウ・ミカラシェビッチ

mika1

 本人は大真面目なのだが、その意図があまりにも願望充足的でつい笑ってしまう絵がある。洋の東西、性的なファンタズムが己の全存在であるような作品、そうでなくても絵を観るにつけ、頭の中はそればかりといった結論にしかならない御仁がいる。私の知る或る画家もそうで、絵だけならまだしも、往住坐臥、エロス、エロス、エロスと臆面もない。

 ヤロスラウ・ミカラシェビッチの日常がどうかは知る由もないが、少なくともヌードが大好きなことだけは頷ける。しかも、マネの『草上の昼食』の如きスキャンダルを企んでいる訳もなく、只管街角の椿事を待望している、そう見えてしまう。しかし、これは私の菅見に過ぎぬであろう。彼の絵を精緻に眺めれば、そこにはペーテル・ブリューゲルを地でいって、現代に蘇らせている自負を嗅ぎ取るからだ。口性ない現代美術惚けや偶像崇拝者は言うだろう、猿真似と。しかし、そんな連中も彼の絵の中でしっかり役回りが与えられている。少なくとも、ペーテル・ブリューゲルを現代に召喚したら何が起こるかを言えば、それは底抜けのパロディとなるこれは証左。
 大笑いしながら観る。これは民衆画。そしてヤロスラウ・ミカラシェビッチは絵の中で、街角のパパラッチと化している。

mika2

 バイオグラフィは1948年ポーランドの地方都市で生まれたこと位しか分からない。筆者の解さぬ言語故。個人HPのURLを示す。

http://www.miklasiewicz.prv.pl/

mika3

photo by gradiva.inc - -
<< ◆アンドレヤ・マシアニス | main | ◆ダニエラ&ウラジミール・オフチャロフ >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/376073

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ