L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆マーゴ・セルスキ

?1

マーゴ・セルスキ

 惚れました! 見れば見る程セル、眺めれば眺める程にスキ、スキスキ。恋しくて恋しくて...否、欲しくて欲しくて仕方ない。はっきり言って、彼女の作品百発百中です。天才か? 困りました。文案は頭の中を巡れども、冷静になれません。会いに行く!!(そんなこと今は無理)

?3

 推薦文にはこんな文言を。ちょっと凄い、女流画家マーゴ・セルスキ。 その画風は、黄金期の女性シュルレアリスト達の中に、平然と座を占め、しかも現代の若々しい才能であるということ。当人も恐ろしく美しいということ。

 兎に角何とかせねば...。感想文は後にします。

?2
photo by gradiva.inc - -
<< ◆ゲーリー・モンロー | main | ◆ズデニェク・ヤンダ(2) >>
こんばんは。
この方の作品、素晴らしいですね!
私も恋してしまいそう・・・
実際に拝見してみたいです。
| 梨々 | 2006/05/21 9:01 PM |

>梨々さん

 コメントありがとうございます。ここでは貼れるサイズが限定されてしまうのですが、細部は古色を出す為に用いられた蜜蝋画技法など、見応えがあります。コミュニティなど作りましたんで、ご案内しますね。
| Shoji Tanaka | 2006/05/21 11:25 PM |

この硬質な質感!
書斎に欲しい一品です。
| Ageha | 2006/05/29 5:28 PM |

>Agehaさん

 コメントありがとうございます。私事に聊か忙しい時期で、追記が出来ません。マーゴ・セルスキに対して、せめて私が出来るのはオマージュを捧げること位。文案がありますので、近々更新いたします。マーゴが描く顔はペトルス・クリストゥスの「アマンドの眼の少女」に違いなく、これは「スカートの中の劇場」(上野千鶴子)と相俟って、重要なメッセージ性を帯びているやに思えるのです。
| Shoji Tanaka | 2006/06/01 2:05 AM |

ロシア方面の日記より密入国してまいりました。

一番上の
百目ドレスの女の人の絵って
画面に絵具の割れた線が入ってますけど
時代が経って本当に割れたのではなくて古色をだすためにそうなってるのですよね?
それでそれは
手で割れの線を描いてるのか?
それとも絵具の表面をなんか処理して割れさせちゃってるのか?
どうなんだろう?? 不思議で
(尾形光琳の燕子花だか菖蒲だかの背景の金箔の方形の枠は
実は手書きだいややっぱり異常に薄い金箔だの論争を思い出してしまう始末... 関係ないけど)

蜜蝋画技法ってどんなのでしょうか?

素人質問で
さっぱわややで すいません
| Aurelia | 2006/06/22 8:50 AM |

Aurelia様

 お返事が遅れ申し訳ありません。ご質問に関しては、露西亜の流刑地でお答えしたと思います。私事ながら、絵の製作にのめり込むと言葉が著しく衰え、文章などが書けなくなっていきます。ここも放置状態。私は痴呆状態。
| Shoji Tanaka | 2006/06/26 4:08 PM |










http://blog.shojitanaka.com/trackback/274145

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ