L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆ゲーリー・モンロー

 己が創作活動や私事に追われてほぼ一ヶ月ここを休筆してしまった。ロシアの幻想画家もまだ幾たりもいるのだが、ちょっと詳しく調べようとすると言語の壁があり、宝探しは盲滅法、砂ばかり嚼まされる。それに少し飽いた。ヨーロッパその他の作家も行列をなして待機している按配なので、気紛れ紹介を続行しよう。
 調べ事をしていると、思わぬ副産物が現れて、本旨を退けてもこれは! と紹介したくなるのも人情だ。

 何だ!? こいつは!! という訳で、今回のキャプションは「蛇と戦うことに憑かれた男」。



モンロー1

ゲーリー・モンロー

 この主題は明らかにラオコーンを意識したものだが、聖書物語と習合し、果ては訳の分からぬ場末の蛇の襲撃や騒擾へと発展する。ここに悪の侵入を認めるのは容易いが、一体全体何だってこんなに蛇まみれにしなければならぬのか、真に訝しい。この過剰とその制御の飽くなき妄念は、最早、蛇との闘いや神意なのではなく、蛇と戯れること自体にこそ取り憑かれていると言うべきだろう。
 子供時代に縄で緊縛される折檻を受けていたとか、ふと道端で出会わす蛇(恐らくガラガラ蛇)に異様な怖れや、蛇使いに禁忌をともなうエロスの感情を抱いていたとかの、ゲーリー・モンロー物語を捏造したくなる程である。

モンロー2

 ゲーリー・モンローは、米国のノクスビル(テネシー)で育てられて、ケンタッキー大学で芸術教育を受けた。そして、数年間芸術キャリアを追求して、働きながら、ダラスに住んでいた。500Xグループの活動的なメンバーとなり、ダラスで頻繁に展示会に出品。 最近、ノクスビルに戻って、アパラチアの文化的な活動を支援している。

モンロー4

モンロー3
photo by gradiva.inc - -
<< ◆セルゲイ・チェルネンコ | main | ◆マーゴ・セルスキ >>









http://blog.shojitanaka.com/trackback/270618

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links

このページの先頭へ