L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

AOI 61 internationale Künstler aus 22 Ländern

vienna
SOCIETY FOR ART OF IMAGINATION
61 internationale Künstler aus 22 Ländern
cover
Eröffnung in Anwesenheit vieler Künstlern
Samstag, 14.April 2012
um 11:00 Uhr

Internationale Konferenz:
Die Zukunft der phantastischen & visionären Kunst
um 14:00 Uhr

phantastenm
 会場は上記バナーをクリック。会期は明日より。

Artists:
Isaac Abrams,Benny Anderson, Jane Andrews, Bienvenido Banez,
Jon Beinart, Camilla Brodersen, Claus Brusen, Gary Burczak,
Vincent Castiglia, Annabella Claudia, Jorge Nazabal, 
Michel De Saint Ouen, Val Dyshlov, Kate Eggleston-Wirtz, 
Eike Erzmoneit, Sue Freeman, Michael Fuchs, France Garrido,
Jurgen Geier, H.R. Geiger, Can Gokil, Alex Grey, Elisa Halvegard, 
Daniel Hannequand, Diana Hesketh, Martina Hoffmann, Peter Hutter,
Slavko Krunic, Nick Krushner, David Lawton, Laurie Lipton,
Pious Lumumba, Jack Lipowczan, Brigid Marlin, Jan Malechek,
K.D. Matheson, Cathy Mccartney, Janelle Mckain, Lilia Mazurkevitch,
Michael Parkes, Graszka Paulska, Vlaimir Perov-Gladky, Marnie Pitts, 
Anna Plavinskaya, Leo Plaw, James Porto, Jean Pronovost, Otto Rapp,
Jack Ray, Bruce Rimmel, Stephen Snell, De Es Schwertberger,
Olga Spiegel, Adela Stefanov, Amy Swartele, Shoji Tanaka, Miguel Tio,
Marcus Usherwood, Robert Venosa, David Whitfield, Rene Zwaga

Society for Art of Imagination Exhibition
Duration: April 14 – April 28, 2012

Phantasten Museum Vienna
Palais Palffy
Josefsplatz 6
1010 Vienna
Austria

『22カ国からのAOI 61人の国際アーティスト展』

オープニング:

2012年 4月14日(土)AM11時より

国際会議:

「幻想と幻想的なアートの未来」

 PM14時より

 『ウィーン幻想美術館/Phantasten museum Wien』でのSOCIETY
 FOR ART OF IMAGINATION/略称AOIに混じっての展示である。日本人
は私のみの参加になっているが、それには仔細がある。二年前、ロンドン
はギャラリー・ポールモールでのAOI定例展の際、アイスランドの火山噴
火の影響でベルリンで足止めを喰らい、最終日に滑り込みで間に合ったも
のの作品をAOI代表のブリジッド・マーリンに預けたままで当日の内に帰
国せねばならなかった経緯による。再度ロンドを訪ねた際に回収する約束
であるが、パリに足は向いてもロンドンに寄る旅程が作れずにいるのだ。
AOIには都合3点の絵を預けているが、2点はミュンヘンの山の中、今度は
ウィーンにまで持っていかれてしまって、実は困っている。孰れも美術館
なので、人目に触れているだけ有り難くもあるが。

 以下の写真はロンドンのギャラリー・ポールモールで私の絵の傍で控え
るブリジッド・マーリンの図。ブリジッドはエルンスト・フックスの高弟
であり、『ウィーン幻想美術館』の成立をサポする役割を担っただけに、
今期の展示はAOIの威信をかけて錚々たるメンバーを招集といった態。私
はAOIのメンバーではないのだが。
b.m
 と申すのも、『ウィーン幻想美術館』からIFAA単独での展覧会の促しが
あるからで、これを実現するためにはウィーンに迄足を運ばねばならない。
今回、招待状にもある通りAOIによるウィーンでの国際会議に参加するよう
盛んに誘われているが、そんな所に行けば飛んで火にいる夏の虫、姉妹関係
どころか完全にAOIの衛星団体にされかねないので、剣呑極まりない。エル
ンスト・フックスとは別件で今年秋に展覧会で御一緒出来ることになってい
るので、別段土下座外交の必要はないのである。

 増してウィーン幻想派となると、国内であの人、この人、過去のウィーン
留学組で五人組師匠に認知すらされていない傍流連が幅を利かせていて、日
本の幻想芸術が国際的に埋没してしまった原因が彼等とその取扱い画廊の功
罪であると正直言いたいのだ。それに私は先生生徒だの、実力を伴わぬ妙な
ヒエラルキーが大嫌いな人間なのである。もとより名声如何で作品の見栄え
が変るものでもなし、作品の良し悪しは見る者が決めること。されどいい作
品が沢山集まることに如くはなし。そして日本は世界に稀に見る高水準な幻
想絵画の担い手が一国のみでAOIを凌ぐ程存在するのである。故にそれが海
外の何処であっても、IFAA単独での展示は意義深いものである。早晩『ウィ
ーン幻想美術館』でのIFAA展は実現するであろう。
photo by gradiva.inc - -

幻想芸術 日仏幻想レアリズム 展

 L'ART GENSO Exposition collective Franco-Japonaise Réalisme fantastique:

幻想芸術 日仏幻想レアリズム


art genso x


Sibylle Ruppert:シビル・リュペール

Hans Rudolf Giger:ハンス・ルドルフ・ギーガー

Claude Verlinde:クロード・ベルランド

Marc Halingre:マルク・アラングル

Jean-Jacque Lamenthe:ジャンジャック・ラモント

Bruno Bratier:ブリュノ・バラティエ

Yoshifumi Hayashi:林良文

Shoji Tanaka:田中章滋

Hugues Gillet:ユーグ・ジレ


y


Centre culturel des Finances

Présente:フランス財務省文化センター主催


Du 28 février au 6 mars 

228日〜3月6日

Vernissage: le Jeudi 1 mars de 18 H à 21 H

レセプションパーティー:3月1日(木)PM6時〜9時

Horaires d'ouverture:開館日:

Lundi, jeudi et 

vendredide 17H45 à 20H:月、木、金PM5時20分〜8時

Mardi,Mercredi de 17H à 20H:火、水PM5時〜8時

Fermé samedi et dimanche:土、日、休館


Centre culturel des Finances:フランス財務省文化センター

143 rue de Bercy 75012 Paris

 Tél: 01 53 18 20 85


art gensoz


Exposition organiser:展覧会組織

Hugues Gillet:ユーグ・ジレ

Collaboration:協力

Bijan Aalam:ビジャン・アーラム

Shoji Tanaka:田中章滋

photo by gradiva.inc - -

IFAAミニアチュール展

JUGEMテーマ:アート・デザイン 」

ギャラリー ベルンアート
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-2-4(美術ビル2F)
TEL / FAX 06 - 6361 - 5507 

http://web.mac.com/gallery_bernart   
bernart@kf6.so-net.ne.jp

2012年2月16日(木) 〜 2月25日(土)
12:00〜19:00 日曜休廊

18日(土)17:00よりオープニングパーティ

Shogo AIKAWA
Shinji ASANO
Tetsuo ABE
Shu ISEKI
KoichiIYODA
Itsue EZAKI
Yukari EHARA
Shigeo OTAKE
Nobuki OMORI
Daisuke KATO
Sayuka KIMURA
Satomi KUWAHARA
Yasuko KUSHIDA
Kaoru KOGA
Sawsin KONDO
Roku SASAKI
Andrew JONES
Tensei SUGAWARA
Yofu SUZUKI
MARIE-STEPHANE
Yoku TAKAMATSU
Itsuki TATSUKIKAWA
Shoji TANAKA
Teruzo TANAKA
Kyoko TAYA
Tomohiro NAKAGAWA
Yoichi NEBASHI
Toru NOGAWA
Kouya HAKUSUI
Kyoko BABA
MAKO
Tomoko MIYANAGI
Yasuko MOMOSE
Yukari MOMOTA
Asami YASUMOTO
Hiroko YAMAJI
Yoshiaki YAMANAKA
Mayuko YAMAMURA
Leo SAWAKI
photo by gradiva.inc - -

Exposition L'ART GENSO International

genso1
genso2

「L'art GENSOとは」 

 嘗て日本はマルコ・ポーロによって”Cipangu”と呼ばれ黄金の国とされていた。 
確かに世界で流通する黄金の多くは日本から出たものだ。日本には八百万の神という古代ギリシャの神々にも似た沢山の神がいる。神が沢山いるということは、そうでないものも夥しく存在し、それらを魑魅魍魎や鬼、妖怪と呼び、恐れると共に親しんできた。故に日本には幽霊話や怪異譚、幻想物語が枚挙に暇なく、幻想芸術家が甚だ多いのである。 
 西欧では、合理主義の行き詰まりから無意識の探求やオカルトへの関心といった内面に向う一群の人々がいた。それらを表現する手段を「幻想芸術(ファンタスティックアート)」や「幻視芸術(ヴィジョナリーアート)」と言う。しかし根にあるものは同じものである。 
 日本から黄金は無くなったが「幻想」は無尽蔵にある。そこで L‘art "GENSO"という日本語で、それらを総称することとした。願わくば「金」の言葉として世界に広まらんことを。  

田中章滋/Shoji Tanaka 識 

L'art "GENSO" 

Le Japon a été appelé "Cipangu" par Marco Polo , il était considéré comme un " pays d'or" . 
Il est certain qu'une partie de l'or japonais circule dans le monde. 
Au Japon on croit que tout ce qu'il y a dans l'univers est régi par les dieux comme dans la mythologie grecque. Le Japon a une longue tradition de l'imaginaire aussi bien dans la littérature , le théâtre et les arts plastiques. 

En Europe , la pensée rationaliste étant dans l'impasse, certains artistes se dirigent vers l'imaginaire et les mondes intérieurs comme à la recherche d'un inconscient collectif. 
Cette forme d'expression est appelée "'art fantastique" ou "'art visionnaire". 

Mais tous deux ont les même racine. 
L'or n'est plus au Japon , mais la fantaisie et l'imaginaire y demeurent inépuisables . 
Nous avons décidé de les appeler génétiquement en un mot japonais "GENSO". 

Que ce mot s'étende au monde entier comme "l'or". 
--------------------------------------------
Exposition L‘ART GENSO International 
-Fantastic & Visionary art- 

国際幻想芸術展 
-幻想と幻視芸術- 

Claude VERLINDE/クロード・ベルランド 
HR GIGER/HR・ギーガー 
Sybille RUPPERT/シビル・リュペール 
Gérard DI-MACCIO/ジェラール・ディマシオ 
Marc HALINGRE/マルク・アラングル 
JJ LAMENTHE/JJ・ラモント 
Wojtek SIUDMAK/ヴォジテク・シュドマク 
Bruno BARATIER/ブリュノ・バラティエ 
Monica FAGAN/モニカ・ファガン 
Eli TIUNINE/エリ・テュニンヌ 
Dominique DESORGES/ドミニク・デソルジュ 
JM LAROCHE/JM・ラロッシュ 
Hugues GILLET/ユーグ・ジレ 
Leo SAWAKI/レオ澤鬼 
Shu ISEKI/井関周 
Shoji TANAKA/田中章滋 
Nobuki OMORI/大森伸樹 
Shinji ASANO/浅野信二 
Kaoru KOGA/古賀郁
Seihachi NAKASHIMA/中嶋清八 
Toru NOGAWA/トオル・ノガワ 
Koichi IYODA/伊豫田晃一 

Du 29 Nov. au 3 Déc.2011 
mardi-vendredi 10h-20h 
samedi 10h-16h 

2011年11月29日〜12月3日 
火曜〜金曜10時ー20時 
土曜10時ー16時 

Vernissage : 
lundi 28 novembre 2011 
de 17h30 à 20h 
レセプションパーティー:2011年11月28日(月曜 )
17時30分〜20時 

Espace culturel Bertin Poirée 
8-12 rue Bertin Poirée 75001 Paris FRANCE 
Tél : 01 44 76 06 06 / Fax : 01 44 76 06 13 

Collaboration:Bijan Aalam,Dominique Desorges/
協力:ビジャン・アーラム 、ドミニク・デソルジュ
Manifefestation organisée:Hugues Gillet et Shoji Tanaka/
オーガナイザー:ユーグ・ジレ、ショウジ・タナカ 
Commissaire:Shoji Tanaka+Gradiva.inc /
提供:(代表者)田中章滋+グラディヴァ・インク

genso3
photo by gradiva.inc - -

IFAA/OBLIQUE

JUGEMテーマ:アート・デザイン

dm1

ー出品者ー

【前期】

稲垣恭子/Kyoko Inagaki
井関 周/Shu Iseki
大竹茂夫/Shigeo Otake
大手京子/Kyoko Ote
加藤大介/Daisuke Kato
木村紗由香/Sayuka Kimura
桑原聖美/Satomi Kuwahara
近藤宗臣/Sawsin Kondo
坂上アキ子/Akiko Sakagami
佐々木六介/Roku Sasaki
セガワ智コ/Tomoko Segawa
たつき川樹/Itsuki Tatsukikawa
高松ヨク/Yoku Takamatsu
田中照三/Teruzo Tanaka
中川知洋/Tomohiro Nakagawa
萩原ヤスオ/Yasuo Hagiwara
馬場京子/Kyoko Baba
前澤ヨシコ/Yoshiko Maezawa
三柳智子/Tomoko Miyanagi
渕岡康子/Yasuko Fuchioka
レオ澤鬼/Leo Sawaki
森 妙子/Taeko Mori
桃田有加里/Yukari Momota
安本亜佐美/Asami Yasumoto
山地博子/Hiroko Yamaji
若林さやか/Sayaka Wakabayashi

【後期】

相原みゆき/Miyuki Aihara
浅野勝美/Katsumi Asano
浅野信二/Shinji Asano
伊豫田晃一/Koichi Iyoda
江崎五恵/Itsue Ezaki
及川晶子/Akiko Oikawa
大森伸樹/Nobuki Omori
佳嶋/KaShiMa
北 和晃/Kazuaki Kita
木村友美/Tomomi Kimura
呉宜純/Izu Cre
古賀 郁/Kaoru Koga
佐藤恭子/Kyoko Sato
アンドリュー・ジョーンズ/Andrew Jones
平 千賀子/Chikako Taira
高田美苗/Minae Takada
田中章滋/Shoji Tanaka
中嶋清八/Seihachi Nakashima
長島 充/Mitsuru Nagashima
Toru Nogawa
白翠皇夜/Kouya Hakusui
林 千絵/Chie Hayashi
宮川 光/Hikaru Miyakawa
百瀬靖子/Yasuko Momose
山村まゆ子/Mayuko Yamamura

dm2


photo by gradiva.inc - -

Berlin Visionary 2009

leo,anja,micha
berlin.v
Anja Brinkmann, Leo Plaw and Micha Colory Krebs

Anja Brinkmann, Leo Plaw and Micha Colory Krebs will be exhibiting a selection of recent paintings in their first collective group show. Having often met in Berlin to discuss their art, they have put words into action. The gallerist Karin Weissenbacher has been very accommodating.
The location of the exhibition, Schlossinsel Rantzau, is a river island on which a medieval fortress was built. The island with its historic buildings now forms the heart of a beautiful recreation area which makes an idyllic setting for the exhibition.

Galerie Atelier III
im Gerichtsschreiberhaus
Schlossinsel Rantzau
Barmstedt
Germany


21st March to 3rd May 2009

http://www.galerie-atelier-3-barmstedt.de

Leo Plaw and Micha Colory Krebs are both featured in beinArt Publishing's book "Metamorphosis - 50 Surreal Fantastic and Visionary Artists".

http://beinart.org/modules/Word-Press/2009/03/07/berlin-visionaries/

 IFAAの盟友であるレオ・プロウ、アニャ・ブリンクマンがミーシャ・コロリー・クレブとの三人展を案内してきたので転載。

 暫くこちらの更新を怠ってしまったが、筆者を含め今年のIFAAは春の年次展覧会、大阪でのミニアチュール展、10月パリ遠征展その他予定が犇めいている。それらの準備で楽屋裏がてんてこ舞いと思し召して、今暫く乏しい寄稿をお許し下さいませ。

            IFAA代表 田中章滋/Shoji Tanaka
photo by gradiva.inc - -

◆Leo Plaw,Anja Brinkmann,Luigi La Speranza

boch

ベイナート・オルグ

http://beinart.org/

「今後私達は世界のあらゆる都市で会うことになるだろう」、そう言ってレオ・プロウのアトリエを辞してから半年が過ぎようとしている。今期京都でのIFAA展に、ルイジ・ラスペランザとレオが初めて訪日し、IFAAメンバーと会期の一週間を共に過ごす予定となっている。レオのガールフレンドのアニャ・ブリンクマンも共に来日する。今期アニャは出品には至らなかったが、彼女もベルリン在住の幻想画家である。



レオ・プロウ Leo Plaw

leo

http://leo-plaw.guildmedia.net/

アニャ・ブリンクマン Anja Brinkmann  

http://www.anja-brinkmann.net/

ルイジ・ラスペランザ Luigi La Speranza

luigi

http://www.lasperanza.com/

 春の京都は櫻の真っ盛り。初め気軽に古都の物見遊山を楽しんで貰おうと思って誘ったものの、観光シーズン酣の京都は、宿の手配から何から、難渋を極めた。外人向けの施設に半年も前から予約が入っていて、当初、何かの国際会議でもあるのだろうかと訝しんでいた実態が、花見だったとは恐れ入った。
 幻想画家に特化した国際交流、この動向は嘗てシュルレアリスムが世界規模のムーブメントであったことを、彷彿とさせるものだ。今世紀を迎えてより、不肖筆者がインターネット上で垣間見た世界の数多のシュルレアリスム後継サークルや幻想芸術サークルの離合集散の果ての大同団結、そこに何故日本が加わっていないのか、疑問に思う内、何時の間にやら自ら手を挙げていた。南アフリカの研究者クリスチャン・デ・ブークの働きかけを受けたAOIの成立、そして、ヴィジョナリー・レヴュー誌によるオ−ストラリアでの「幻視者」を銘打った大きな展覧会、軈てオ−ストラリアのベイナート・オルグの台頭を見るに至って、遅蒔きながらIFAAがそこに合流しようとしている。ベイナート・オルグの設計者にしてヨーロッパ特派員でもあるレオ・プロウがキーマンである。
 「オ−ストラリア人は広大な国土で、人生の大半を旅している。望むところだ」、そう応えてくれたレオとは、今年の11月にもパリかロンドンでの再会を約している。IFAAの海外展を手助けしてくれるというのだ。エキサイティングこの上ないとも言う。画家の身でオーガナイザー気質に長けている点、鏡を見る思いだが、「レオは力強い男だ」とルイジも絶讃している。

 レオが気を利かして、ベイナート・オルグにIFAAと筆者の存在を大きくフューチャーしてくれた。以来、ロシア人から参加希望のメールが来たり、国内作家からも問い合わせが引きも切らない。以下がその紹介文の訳である。

 「アウトサイドでは、日本人は偏奇なものや、奇怪なものに魅了されるという評判が長くあった。

 日本の詩人滝口修造が、シュルレアリスムを日本に最初に導入し、1965年、彼はサルバドール・ダリを訪ねている。そして、彼の名はアンドレ・ブルトン編集の「シュルレアリスム簡約辞典」にも見ることが出来る。多くの日本の幻想芸術家は、彼によって多大な影響を受けている。

 2002年に、日本のアーティスト田中章滋は、AOIとその後のBeinart.org.を発見した。日本では幻想芸術のギャラリーが乏しく、彼らはギャラリー以外の出会いを求めて、 International Fantastic Art Association(IFAA)をまとめたということである。少数派ではあるが、良いコレクターと多くのファンも存在するとのこと。以下が彼の伝えるところである。

 日本の幻想芸術家達は、孤立して活動しており、ネットワークがなかった。それゆえ、協会をつくる必要があった。年長のアーティストはネットワークに関心がなく、協会のメンバーは中堅と若いアーティストで構成されている。日本には潜在的に幻想、シュルレアル、ヴィジョナリージャンルで活動している世に容れられぬ多くのアーティストがいる。IFAAは彼等を発見したいと考えている。

 協会の優先課題は、毎年の展覧会開催である。2008年4月の京都展で第3回展を迎え、過去に二つのショー(2006、2007)を行っている。国際的な関係を築く意図で、協会は毎年1人か2人の外国アーティストを迎える予定である。AOIとbeinArt.orgのようなウェブサイトは、我々に世界中に存在する才能の富を見せてくれた。
 IFAAも、ウェブサイトhttp://ifaa.cc/ifaa/index.html.を持ち、それは進化している。年末までに日本語と英語を完備することを望んでいる!
 我々はまだ組織として発展過程にある。幻想芸術の世界的組織の成長を目指しながら。シュルレアリスムがそうであったように、これは歴史的行為である。」
photo by gradiva.inc - -

◇76. ルイジ・ラ・スペランザ/アトリエ訪問

ルイジ・ラ・スペランザ/アトリエ訪問

ルイジ1

「私は天才少年だったんだよ」、彼がシュタイナー教育を受けた事に就いて質問すると、夥しい数のスクラップ記事を見せながらそう言った。しかも幼年期の絵画群がシュタイナー教育の枠組みをはみ出し、あまりにも奔放な魑魅魍魎の世界に親和していたので教師を困らせたそうだ。文化祭のお化け屋敷のポスターが真に迫りすぎていたので、教師に公開を禁じられ、さらには精神に異常をきたしているのではないかとすら疑われたそうだ。エルンスト・フックスも天才少年だったが、このエピソードはよりレオナルド・ダヴィンチの古事に近いかも知れない。
 その後ルドルフ・ハウズナーに見出された彼は、僅か16歳でウィーンアカデミーに入学を許されたのだという。

ルイジ2

 ルイジのアトリエ訪問は現地時間、10月16日午後1時より午後5時まで、4時間に及んだ。彼は実によく喋る。私も見かけによらずお喋りなのだが、一つの質問への回答が永遠に止む処がない。

ルイジ4

 今年3月の訪問を経て2度目ということもあり、「第三の男」で有名なプラーター公園改装デザインの仕事の最中にも係らず、私のために半日開けて待っていてくれたのだ。この3月には既に彼に委託されていたプラーター公園改装計画は、遅れに遅れ、当初外壁が彼の作品イメージで埋め尽くされる予定であったが、他の建物との釣り合いから、エクステリアではなく、内壁の装飾のみに制約されてしまったようだ。残念なことにモニュメント彫刻も彼のオリジナルデザインでは予算が掛かりすぎるということで、他の作家に横取りされてしまったという。「ルイジらしさ半減だね」と言うと、仕方ないという身振りで、少しもへこたれてない様子が、頼もしい。芸術に親炙する態度を見せながら、それが余りに奔放に過ぎると、クライアントが保守主義の本性を表すのは古来珍しいことではない。

 少年時代の話に及ぶと、その頃の作品を持ち出して来ては、如何なる動機でそれを描いたか、事細かに説明し始める。飼っていたモルモットをモデルにして描いたのが最初の怪獣だという。新聞記事にはそのモルモットと一緒に写ったものがあり、そう言えば当時ヒッチコックの『鳥』のような、鼠の逆襲を扱った「ウィラード」という映画があったのを思い出した。幼年期には誰もがセンス・オブ・ワンダーを持っているが、長じるに従いそれを失って顧みなくなる。幻想画家の多くがそのアドレッサンスの世界に生き続ける点で、ルイジはその典型例であろう。

ルイジ3

 凡そ語らった内容の全てを書き尽くすことは、ここでは侭ならない。世代にもよるが、少なくともウィーンに留学し、ルドルフ・ハウズナー、その後エーリッヒ・ブラウアーに継がれたアカデミーで学んだ者の多くが、両者に助手として就いたルイジによってミッシュテクニック(混合技法)を手解きされた筈であり、デ・エスやペーター・グリックなどとも親しい間柄のルイジこそは、正統ウィーン幻想派と呼ぶべきであろう。会話の随所に画家としての並々ならぬ自信が垣間見え、ウィーン幻想派が絡む展覧会のレセプションなどでは、常に傍らに彼の定席があるといった写真を披露してくれた。
 因にウィーン幻想派と一部日本の留学組を仲介していた画家でドイツ人の元外交官夫人の名前を出してみたが、全く記憶にない様子だった。女性でフックスの高弟ならばブリジット・マーリンかマルティナ・ホフマンが有名だが、それよりも日本にこれほど多くの幻想画家が居たとは信じがたい、と驚いていた。
 否々、IFAAはその極一部で、有名無名を問わず潜在的には実力者が有に100人は居る。そう言うと、更に目を丸くして見せた。最後にレオ・プラウとの会見の詳細を伝えると、彼はとても強い人間であり、幻想芸術の優れた伝播者だ、必ずや素晴らしい機会が発生するであろう。彼と共に神秘の国日本に行くのが楽しみでならない。そして、ウィーンで展覧会がしたければ、自分の所でやってはどうか? とまで提案してくれた。彼はレオポルドミュージアムの直ぐ裏手という好立地のアトリエ兼店舗を、二倍に拡張したばかりであった。嘗て家具職人が多く店舗を連ねたその界隈は新しい画廊なども出来、会見の間も何人もの一見客が出入りしていた。

 彼のHPには、この3月のIFAA展がグーグルアースでリンクしてあり、有り難いことこの上なかった。

http://www.lasperanza.com/biography/biography.htm

 注文制作を何年も待っている顧客を余所に、彼は来年京都の第三回IFAA展の為に、新作小品タブロー四点を制作し、自ら持参して来ることを約束してくれた。
photo by gradiva.inc - -

幻想の芸術展2007

ifaa1

 只今開催中。上掲パンフレットに素晴らしい推薦文を頂いて居りますので、公開させて頂きます。


『意識開放の芸術』

亀井俊介 

 20世紀文学・文化の最も目覚ましい成果の一つは、人間の
意識の開放であった。無意識と呼ばれていた人間の意識下の世
界に深く入り込み、表面的な(多くは型にはまった)意識に抑
圧され、ひっそくし、ぐにゃぐにゃしていた精神や感情の営み
をとらえ、それをおもての世界に引きずり出し、解き放ったの
である。その刺激によって、表面の意識の世界も、はまってい
た型を破られ、大幅に自由を獲得したといえそうだ。心理学で
はフロイトやユングがその道を切り拓き、小説ではジョイスや
ウルフ、プルーストやフォークナーらが「意識の流れ」による
金字塔的作品を立ち上げ、詩ではシュルレアリズムが一世を風
靡した。美術もそれらの動きを受け止めながら、美の世界を拡
大してきた。ただし―私は美術に素人で勝手な憶測を述べるだ
けだけれども―美術は最も身体的な視覚をもとにするだけに、
日常的な感覚に縛られやすく、その日常性との激しい戦いを繰
り返さなければならなかった。
 その過程で要求されるのは、果敢なimagination、奔放なfa
ntasyである。前衛的な文学者は、文章を解体し、再構築した。
美術家も映像を解体し、再構築するわけだが、映像の再構築は、
ともすれば五官にしみついた既成の映像にたよりがちになる。
斬新な映像のつもりが、ハッと気がつくと陳腐さをかかえ込ん
でいたりする。とはいえ、また、既成の映像との取り組み方に
よっては、fantasyとrealityとの新鮮な結合を生み出しもする
わけで、可能性は無限にある。ということは、探究の方向も無
限にあるわけだ。
 私は個人的には、文学も美術もひっくるめて、20世紀文化
がもたらしたエロスの解放に心ひかれている。無意識の領域か
ら引っぱり出してきたエロスの展開が、何と見る者の身体も精
神も自由にすることか。とくにいわゆるfantastic artは、目
に見える映像によって、つまらない世の中から異世界への飛翔
まで可能なような気分に誘う。だからこそ、ますます思い切っ
て大胆なFantastic artの展開を、私は期待し続けている。

(文学史・文化史専攻)東大名誉教授

ifaa2


『FANTASTIC ART SHOW 2007___幻想の芸術展』

 
 2007年4月9日(月)〜月21日(日)

【出品者】

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 市川伸彦 イヂチアキコ 伊豫田晃一
大竹茂夫 大手京子 及川晶子 佳嶋  北和晃 桑原聖美 古賀郁
坂上アキ子 レオ澤鬼 椎名桃湖 みどり根子  鈴木勇人 輔老はづき
外原俊 たつき川樹 高田美苗 武田充生 田中章滋 長島充 萩原ヤスオ 
馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ ミヤケ千夏 山地博子 村松明 森妙子 
若林さやか

ゲスト/クリスティン・エルコート ルイジ・ラ・スペランザ

【会場】 ギャラリー道玄坂
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−15−3プリメーラ道玄坂1F
TEL03-5728-2101 /FAX03-5728-2102
photo by gradiva.inc - -

『FANTASTIC ART SHOW 2007 幻想の芸術展』

ifaa.cm

『FANTASTIC ART SHOW 2007___幻想の芸術展』

 昨年立ち上げた本邦初の幻想芸術団体International Fantastic Art Association(国際幻想芸術協会-略称IFAA/アイファ) の第2回展です。今回はオーストラリアからクリスティン・エルコート氏、オーストリーからルイジ・ラ・スペランザ氏の二名をゲストとしてお迎えし、本格的な国際展に向け始動いたします。
 2007年4月9日(月)〜4月21日(土)。世界各国の幻想芸術団体と連携を期すべく、洋画、日本画、写真、立体(オブジェ・彫刻)等ジャンルを越えて結集した36名のグループ展。

ifaa.cm2

【出品者】

相原みゆき 浅野勝美 浅野信二 市川伸彦 イヂチアキコ
伊豫田晃一 大竹茂夫 大手京子 及川晶子 佳嶋 北和晃
桑原聖美 古賀郁 坂上アキ子 レオ澤鬼 椎名桃湖 鈴木勇人
輔老はづき 外原俊 たつき川樹 高田美苗 武田充生 田中章滋
長島充 萩原ヤスオ 馬場京子 渕岡康子 前澤ヨシコ みどり根子
ミヤケ千夏 山地博子 村松明 森妙子 若林さやか

ゲスト/クリスティン・エルコート ルイジ・ラ・スペランザ

【会場】 ギャラリー道玄坂
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−15−3プリメーラ道玄坂1F
TEL03-5728-2101 /FAX03-5728-2102


photo by gradiva.inc - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1

このページの先頭へ