L'art fantastique/      幻想芸術

IFAA(国際幻想芸術協会)本編HPは以下アドレス。

https://www.facebook.com/ifaa2016/?ref=aymt_homepage_panel

公式BLOG

内外幻想芸術紹介とレヴュー。
***************************************************************************

【Blog機能説明】all→全件閲覧 latest→過去記事 auto→自動繰頁 info→リンクなど 続きを読む→コメント欄などが出現

◆マンフレッド・W・ユルゲンス

マンフレッド・W・ユルゲンス

?2

 1956年独逸はメクレンブルクに生まれたマンフレッド・W・ユルゲンスは、若くして船員見習いを経て画家に転じている。元船乗りという前歴は画家として決して異色ではない。何故なら、航海中海が荒れなければ、絵を描くか、本を読むか、ほとんどやることがないからである。画家としての主な勉学はベルリンで為したようだが、それは環境デザイン、写真のクラスであったようだ。
 ビスマルクに居住しつつ、船員の前歴故か放浪癖か、イギリス、アイルランド、イタリア、スリランカ、および台湾で滞在とあり、今はヴェネチアをメインに活動している。

?4

 氏のHPを見るに、劈頭「ニューリアリズム」と唱っている。独逸というと新即物主義が挙げられるが、マンフレッド・W・ユルゲンスの画業にもそうした傾向が読み取れる。故に幻想美術で括っていいかどうか、単なる写生とは異なる過剰な空間意識が働いていて、それが人物画だろうが、風景画だろうが、静物画だろうが、悉く奇異な印象が付きまとう。

?3

 何を今更「ニューリアリズム」などとアナクロなことを、と早合点する前に、写真を学んだという経歴から推して、これはリアルでもリアルの復活でもなく、非現実そのものさ、要するに絵なんだ、と念押しされているような気がするのである。

http://www.m-w-juergens.de/index-e.html

?1

photo by gradiva.inc - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1

このページの先頭へ